ワーキングホリデー(ワーホリ協会) > ワーキングホリデーで行ける国 > イギリスのワーキングホリデービザ情報

イギリス国情報へ イギリスのワーキングホリデービザの取得方法についてご案内します。


イギリス ワーキングホリデー YMS 2020 (日本国籍者) の情報が公開されました(2020.01.10更新)

例年通り日本国籍者が対象となる定員は1,000名で、この定員が「1月」と「7月」に行われる2回の抽選へ分けられます。

800名が1回目に行われる2020年1月の抽選にて選ばれます。申請が許可されると、英国に最長2年間の滞在、また就労及び就学が可能です。Youth Mobility Schemeビザは、希望渡英予定日の6か月前より申請ができます。

イギリス ワーキングホリデー YMS 2020特設サイトも合わせてご確認ください


イギリス ワーキングホリデービザ申請の手引き

2020年度 YMSについて(2020.01.10現在)


Youth Mobility Scheme 2020 (日本国籍者) (イギリス大使館公式ページ)
https://www.gov.uk/government/news/youth-mobility-scheme-2020-for-japanese-nationals.ja

2020年度Youth Mobility Schemeは2020年1月に開始されます。
日本国籍者が対象となる定員は1,000名です。
この定員が、1月と7月に行われる2回の抽選へ分けられます。


イギリス ワーキングホリデービザに関する情報の詳細は 英国大使館 からご確認ください。

外務省HPで基本情報を確認しよう



ビザ取得までのステップ (2020.01.10現在)

参加可能年齢 18~30歳(申請時30歳であれば31歳での入国が可能)


2020年度Youth Mobility Schemeの申請を希望される方は、Eメールを日本時間2020年1月27日(月)12時(正午)から2020年1月29日(水)12時(正午)の間にJapanYMS2020.BallotRequest@fco.gov.uk宛てへ1通のみお送りください。メールの題名にはパスポートと同じ表記の申請者氏名、生年月日およびパスポート番号を必ず明記してください。

  • 例:SUZUKI Miyu - 31/01/1995 - Passport123456789

また、送付されるEメール本文には、ご自身の下記情報を必ず明記してください。


  • Name (名前)
  • Date of birth(生年月日)
  • Passport Number(パスポート番号)
  • Home and mobile phone number (電話番号・携帯電話番号)

上記Eメールアカウントでの受付期間は48時間のみとなり(日本時間2020年1月27日(月)12時(正午)から2020年1月29日(水)12時(正午)まで)、この時間内に受信された全てのEメールに対して、確認の自動返信が送られます。

上記Eメールアカウントでの受付期間終了後に、800名の申請者が無作為に選ばれます。選ばれた申請者には2月5日(水)に、申請可能通知、予約方法の詳細およびYouth Mobility Schemeビザ申請に必要な書類に関する2通目のEメールが送られます。当選した場合のみ、この申請可能通知のEメールを受け取ることができます。

当選された方は、2020年3月30日までにオンライン申請、クレジットカードによるオンラインでの申請料金の支払いを完了する必要があります。この期日までに申請料金の支払いが完了されない場合、自動的に当選リストより削除され、当選が取り消されます。申請料金の支払い後から90日以内に、申請書類の提出が可能です。

海外在住の日本国籍者も上記の方法でお申し込みください。当選した申請者は在住国での申請が可能です。2020年度 Youth Mobility Schemeビザを英国内から申請することはできませんので予めご注意ください。

なお、当選されなかった場合には、2月7日(金)に落選メールが送られます。それ以降の連絡はありませんので予めご了承ください。残りの枠数に対する第2回目の募集は、2020年7月に行われる予定です。第2回目の詳細は、今後こちらのウェブサイトにて発表されますのでご確認ください。

(https://www.gov.uk/government/news/youth-mobility-scheme-2020-for-japanese-nationals.ja 参照)

 

ビザの詳細につきましてはイギリスセミナーにてお知らせしてまいりますので奮ってご参加下さいませ。
※2020.01.10時点の情報です。予告無く変更になる場合もございますので申請時には必ず上記参照公式ページをご確認下さい。
※日本ワーキング・ホリデー協会では抽選に関しての電話お問い合わせは受け付けておりませんのでご了承くださいませ。

ビザの申請、ひとりでできますか?

 

イギリスワーキングホリデービザ応募に関しての注意点

・イギリスのワーキングホリデーは、正式にはTier 5(Youth Mobility Scheme/YMS)ビザと呼ばれる、短期の就労を目的としたビザのことを指します。日本とイギリスはワーキングホリデー協定を結んでいるので、YMSもワーキングホリデーと同等の制度ではありますが、他国と異なり、休暇ではなく就労が目的の制度となっています。

・出来るだけ早くから、イギリスワーキングホリデーの準備を心掛ける事は大変良い事ですが、憶測や非公式な情報に振り回されては全く意味がありません。

・ イギリスワーキングホリデービザの応募情報は毎年10~12月に発表されます。それまではいろいろな噂が飛びますが噂には振り回されないようにして下さい。 もしイギリスワーキングホリデーに関してそのような噂をお聞きになって不安になられたら、当協会にメールでお問い合わせ下さい。当協会スタッフが調査します。

・イギリスワーキングホリデービザの応募要項が発表されてからでも十分な準備期間はあります。あせらずに準備を進めましょう。

要注意!イギリスワーキングホリデービザ

イギリスワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)は毎年取りにくくなっています。 2011年までは先着順となっており、開始日の1月1日になった途端にイギリスのワーキングホリデービザシステムが停止してしまうほど、多人数の方が一斉にイギリス移民局へ応募されました。システム復旧に数日かかったこともあり、2012年からイギリスビザセンターに48時間以内にメールを送った人の中から抽選で1000名にイギリスワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)申請の権利が与えられました。

1000名の日本人イギリスワーキングホリデー(ワーホリビザ)枠に対して1~2万人の応募者があるとも言われており、宝くじのようだと言われています。もしかしたらそれ以上の応募者がいるかも知れません。

そんなイギリスのビザ取得が困難な状況を利用して「業者に手数料を払うとイギリスワーキングホリデービザが取れやすくなる」と謳う業者が出ています。

イギリスワーキングホリデービザの発表の前に日本ワーキングホリデー協会にある女性から電話を頂きました。

「私、イギリスのワーホリビザを取得しました。イギリスのの学校とホームステイの手続きをお願いしたいのですが...」

当協会スタッフはイギリスワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)当選発表前にこのような電話を受けて驚き、すぐにイギリス大使館、イギリスビザセンター、 イギリス現地サポートオフィスなどに確認を行ったのですが全くそのような事実はなく、分かったことはその方は「ある業者に”イギリスワーホリビザ取得に強い”と言われ、手数料数万円を払いました。」とのことでした。 

残念ながらその女性はイギリスワーキングホリデービザが当選しませんでした。

「必ずイギリスのワーキングホリデービザが取得できる方法を教えます。」
「イギリスのビザの抽選に有利です。」
などと言って、手数料を取ったり、何らかしらの契約を迫る個人や団体があるようですが、 イギリスのワーキングホリデービザは正しい手順で手続きを行えば、全ての方が公平に抽選を受ける権利がありますので、 イギリスのビザ申請を予定している方は、正確な情報収集を行うように努めてください。


イギリスワーキングホリデービザ取得において業者を利用する方は下記の点に特に注意してください。

 
  • イギリスのワーキングホリデービザ取得に強い業者というのは一切ありません。
  • 手数料を払ったからといって、ビザ取得において特別扱いされることはありません。
  • イギリスワーキングホリデービザ取得発表の前にビザ取得が確定することはありません。
 

日本ワーキングホリデー協会では

イギリスワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)取得のためのセミナーを行っていきます。

2020年 イギリスワーキングホリデービザ(ワーホリビザ) 応募要項が発表されましたら、毎日イギリスワーキングホリデービザに関する無料セミナーを開催する予定です。 イギリスワーキングホリデービザ応募や申請においての今までの失敗例や注意点をふまえセミナーでお伝えします。 イギリスセミナーは毎年多くの方の参加があり、満員でご予約がとりにくくなる傾向にございますので、 お早めのご予約をお勧めしております。 一人でも多くの方にイギリスワーキングホリデーの可能性を広げていただけるように願っています。

 

* 日本ワーキングホリデー協会でも毎年多くのイギリスワーキングホリデービザ取得のお手伝いをしております。

お手伝い件数は日本で一番多いかもしれませんし 応募者数が多いので取得される方もその分多くなりますが、当協会がお手伝いするから、もしくは当協会のビザ取扱い件数が多いからという理由で取得する確率 も高くなると言う事もありません。 

協会はあくまでもお手伝いですのでいかなるビザの取得を保障するものではありません。

▲ページのTOPへ

※掲載されているビザ情報は、2020/01/24に確認した情報です。

ビザの申請、ひとりでできますか?