ワーキングホリデー(ワーホリ協会) > ワーキングホリデーで行ける国 > リトアニアリアのワーキングホリデービザ情報
 



リトアニアのワーキングホリデービザの取得方法についてご案内します。


日本人のためのワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザプログラムでは、日本の若者が主に長期休暇のためにリトアニアを訪れ、旅行資金を補うために休暇の付随的な側面として雇用に従事することができます。
 

ビザの種類

 
以下の基準を満たしている場合、最大12か月の期間有効なDビザを無料で申請することができます。
 

資格と基準

 
・日本国籍を取得し、申請時に日本に居住していること。
・入国日から最大1年間、主にリトアニアでの休暇を予定しています。
・18歳から30歳までの年齢で、両方とも申請時に含まれます。
・これらの扶養家族はリトアニアが発行したワーキングホリデーまたはその他のビザを所持していない限り、扶養家族を同伴しないでください。
・日本の有効なパスポートを所持し、旅行チケットまたはそのようなチケットを購入するのに十分な資金を有すること。
・リトアニアでの滞在期間中の滞在可能な資金を有していること。
・ビザの期間の終わりにリトアニアを離れること。
・リトアニアのワーキングホリデービザを発行したことがないこと。
・健康であること。
・健全な背景があり、犯罪歴がないこと。
・リトアニアの滞在中に、リトアニアの領土の法律および規制を遵守することを目的としていること。
 

申請方法

 
申請書は、リトアニア共和国大使館に出発の3か月以内、出発の2週間前までに提出しなければなりません。事前の予約が必須であり、consul.jp@urm.ltへメールを送信必要があります。必要に応じて、応募者にインタビューをし、資格を判断します。
 

必要書類:

 

1.有効な日本のパスポート。(過去10年以内に発行された少なくとも2つの空白ページを含み、その有効期間は、要求されたビザの有効期間を少なくとも3か月以上超えている必要があります。)
2.電子ビザ申請書を使用して記入されたビザ申請書(すべてに記入されたビザ申請書の印刷物は、大使館へのアポイント日までに申請者によって大使館に提出する必要があります。)
3.35 x 45 mmのカラフルな白い背景の最近のパスポート写真1枚。
4.有効な医療保険(リトアニアの全滞在期間をカバーし、シェンゲン圏のすべての参加国でも有効です。補償額は30,000ユーロを下回ってはいけません。医療専門家の同伴を含む輸送などの健康上の理由により、日本への帰国に関連して発生する可能性があります)。
5.申請者に十分な資金があること、および/またはリトアニア共和国での生活に必要な定期収入を受け取ることを証明する文書(月額430ユーロ)。往復旅行チケットまたはそのようなチケットを購入するのに十分な資金(月/430ユーロ)。
6.犯罪歴証明書。
7.申請者による健康状態が良好であり、滞在中にリトアニアの領土の法律および規制を遵守する意図があるという署名済みの声明。
 
パラグラフ4-8にリスト化されているサポート文書は、英語またはリトアニア語でなければなりません。パスポートのデータページのコピーを送信してください。サポート文書は返却されません。返品を希望する特定のドキュメントがある場合は、そのコピーも提出してください。

 
大使館は、ビザ申請で指定されたデータをサポートする追加の書類を要求する権利があります。
 
ビザ申請書を提出するすべての申請者の指紋がキャプチャされ、記録されます。

アプリケーション処理時間

 
ビザ申請の処理時間は、申請者が申請書およびその他すべての必要書類を大使館に提出した日から5日から15日かかります。
 

その他の情報

 
・リトアニアは、ワーキングホリデービザを取得した日本の国民に、入国日から最長1年間リトアニアに滞在する許可を与えます。許可された期間を超えて滞在を延長したり、滞在中に入国ステータスを変更したりしないでください。
 
・日本の国民は、リトアニアの領土で施行されている法律および規制を遵守し、ワーキングホリデービザプログラムの目的に反する雇用に従事しないことが求められます。
 
・ワーキングホリデービザ保有者は、リトアニアの地域で施行されている関連法規に従い、短期言語および類似のコースに登録して、リトアニアの文化と一般的な生活様式を学ぶことができます。
 

▲ページのTOPへ

※リトアニア大使館が公開している英語文章を翻訳した内容となっています。現本は下記をご参照くださいませ。

Working holiday visa for Japanese nationals

 
Working Holiday Visa program allows young people of Japan to visit Lithuania primarily for a holiday for an extended period and also engage in employment as an incidental aspect of their holiday to supplement their travel funds.
 

Type of visa

 
If you satisfy the following criteria, you are entitled to apply for a free of charge multiple-entry national (D) visa valid for a period up to twelve (12) months.
 

Eligibility and criteria

 
・Be a national of Japan and reside in Japan at the time of the application.
・Intend primarily to holiday in Lithuania for a period up to one (1) year from the date of entry.
・Be aged between 18 and thirty 30 years, both inclusive at the time of application.
・Not be accompanied by the dependents unless those dependents are also in possession of the working holiday or other visa issued by Lithuania.
・Possess a valid passport of Japan and return travel ticket or sufficient funds to purchase such a ticket.
・Possess reasonable funds for his or her maintenance during the period of initial stay in Lithuania.
・Intend to leave Lithuania at the end of his or her stay.
・Not have previously been issued a Lithuanian working holiday visa
・Be in good health.
・Have a sound background and no criminal record.
・Intend to comply with the laws and regulations in the territory of Lithuania during his or her stay.
 

Lodging an application

 
An application must be lodged to the Embassy of the Republic of Lithuania in Japan no more than three (3) months and not later than two (2) weeks before the departure. A prior appointment is a must and should be made by email consul.jp@urm.lt. When necessary, applicants will be interviewed to determine their eligibility.
 
Required documents:
1. A valid Japanese passport (containing at least two (2) blank pages, issued within the previous ten (10) years, its period of validity must exceed the validity period of the requested visa by at least three (3) months).
2. A visa application, filled in using Electronic Visa Application Form (a print-out of a fully completed and signed visa application will have to be submitted by an applicant to the Embassy during the scheduled appointment. Hand-filled applications are not accepted).
3. One (1) recent passport photo 35×45 mm colourful, with white background.
4. Valid medical insurance (covering the entire period of stay in Lithuania, also valid in all participant states of the Schengen Area. The amount of coverage must not be less than 30,000 Euros. It must guarantee payment of all emergency medical costs as well as expenditures which may arise in relation with a return to Japan due to health reasons, such as transportation, including the accompaniment of healthcare specialists).
5. A document certifying that an applicant has sufficient funds and (or) receives a regular income required to live in the Republic of Lithuania (430 Euros per month).
6. A return travel ticket or sufficient funds to purchase such a ticket (430 Euros).
7. A criminal record certificate.
8. A signed statement by an applicant that he or she is in good health and intends to comply with the laws and regulations in the territory of Lithuania during his or her stay. 


Supporting documents, listed in paragraphs 4-8, must be in English or Lithuanian. Please submit a copy of your passports' data page. Supporting documents will not be returned. If there is a specific document that you wish to have returned to you, please submit a copy of it as well.
 
The Embassy is entitled to ask for additional documents supporting the data specified in a visa application.
 
Fingerprints of all applicants submitting applications for a visa will be captured and recorded.
 

Application processing time

 
Visa application processing time takes from five (5) to fifteen (15) calendar days from the date an applicant lodges his or her application and all other required documents to the Embassy.
 

Other information

 
・Lithuania will grant nationals of Japan, who receive Working Holiday visa, a permission to stay in Lithuania for up to one (1) year from the date of entry. They should not extend their stay beyond the period authorised, or alter their immigration status during their stay.
 
・Nationals of Japan are required to comply with the laws and regulations in force in the territory of Lithuania and not to engage in employment that is contrary to the purpose of Working Holiday Visa program.
 
・Participants may, subject to the relevant laws and regulations in force in the territory of Lithuania, enrol in short-term language and similar courses to learn the culture and general way of life in Lithuania. 

▲ページのTOPへ

※掲載されているビザ情報は、2019/08/25に確認した情報です

 
 

その他のワーキングホリデー協定国のビザ情報