ワーキング・ホリデー(ワーホリ)協会 > 語学学校(海外・国内) > バンクーバー・インターナショナル・カレッジ(VIC) | 日本ワーキング・ホリデー協会

バンクーバー・インターナショナル・カレッジ からの声

卒業生 Shunsuke Yamazaki さん

 

カナダのバンクーバーへ語学研修とワーキングホリデー体験のため1年間滞在しました。妹が以前カナダのバンクーバーに留学していて、治安も良く、英語も街もキレイな上、自然も豊かで過ごしやすいと聞き、自身もカナダへ以前6ヶ月留学をしていたこともあり、そのときの印象も良かったので今回も同じカナダを選びました。実際、思っていた通り安全で人も優しく、留学生にとってとても良い環境だと感じました。

 渡航前は、英語力に自信がないため、友達作りやお店での注文などといった生活面でとても不安でした。そのため、まずは現地の語学学校に通い自身の英語力に自信を付けようと思い、語学学校に3ヶ月通うことを決めました。3ヶ月学校で英語を勉強すると、渡航前と比べて、自身が色々な面で成長したことに気づきました。もちろん英語面もそうですが、世界中から集まった生徒と交流を重ねるにつれ、異文化に触れたり話を聞いたりして、私の人生観が変わりました。例えば、渡航前は人見知りな性格のため初対面の人と上手に話せませんでしたが、留学を通して社交的になりました。

学校では午前で英語の基礎力を上げ、午後はスピーキングと発音矯正のクラスを取り、よりネイティブの話し方に近づけるよう毎日練習と実践と繰り返しました。また、授業以外ではクラスメイトと遊びに行ったり食事をしたりと、英語を使う機会を増やすよう努めました。 生活面では、渡航直後からいろんな国から来た人と一軒家をシェアしていました。共通言語が英語のみのため、住み始めた直後は不安でした。初めは上手に思ったことを伝えられず、もどかしい気持ちばかりでしたが、徐々に英語でも言いたいことが言えるようになり、快適に生活できるようになりました。

時間があるときは、よくティムホートン(カナダ国内で展開しているコーヒーショップ)に行って友達と話したり宿題をしたりしていました。また、夏はダウンタウン周辺で毎週色んなイベントがあり、日本ではなかなかできない体験だと思い率先して毎週イベントに参加しました。中でも一番印象に残っているのはプライドパレード(ゲイパレード)です。色んな文化や価値観を受け入れるカナダだからこそのイベントだと思います。

バンクーバー近郊には自然が沢山あり、ウィスラーやロッキー山脈など有名な観光地へ旅行に行き、冬はスノーボードを楽しみました。またカナダはアメリカと隣接しており、週末にシアトルへ行き買い物や観光をしたり、夢だったニューヨークへの旅行も安く実現することができました。
今回のカナダ留学を通して、今後も英語をもっと勉強して、英語を活かせる仕事がしたいと感じるようになりました。機会があれば他の国へも留学したいと思っています。

 
この、Shunsukeさんが通った、バンクーバー・インターナショナル・カレッジの情報はこちらから

 

留学・ワーホリ経験者からの声