ディズニー映画「アラジン」のセリフから学ぶ英会話フレーズ

渡航前に英語の勉強しなきゃ!そうは思っても、「仕事や学校でなかなか机に向かう時間が捻出しづらい」というあなた。そうやって何もしないまま毎日が過ぎてしまっていませんか?

なにも英語の勉強は、机に向かって文法書を開くような、そんなやり方にこだわらなくたっていいんです!

今回は、大人気のディズニー映画「アラジン」にフォーカス。映画冒頭のシーンで出てくるセリフで、英語のフレーズを覚えていきましょう~!

Aladdin

 

================

<目次>

・教科書例文に無い「ありがとう」と「どういたしまして」

・「気を付けて!」注意を促す

・意外と咄嗟に出てこない「そんなのずるい!不公平!」

================

 

ご存知でない方のために、映画「アラジン」のあらすじを簡単に

この映画が描くのは、アグラバーという架空の砂漠王国に暮らす貧しい青年アラジンと、王女ジャスミンの恋物語。ある日アラジンは、窮屈な宮殿での生活を抜け出したジャスミンと、街の市場で偶然出会います。彼女に恋をしたアラジンは貧しい身分を隠しながら彼女に近づき、ジャスミンも次第にアラジンに惹かれるように。

しかし、ジャスミンの父である国王が信頼をおく国務大臣ジャファーが、ジャスミンとの結婚を画策し、二人の邪魔を図ります。果たしてアラジンとジャスミンは、無事に結ばれることが出来るのか…

photo-1550770472-745a80f68d07

 

・教科書例文に無い「ありがとう」と「どういたしまして」

まずは、アラジンとジャスミンが出会ったシーンのフレーズから!ジャスミンがトラブルに見舞われたところをアラジンが助けたことで、二人が急接近したシーンです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“l want to thank you for stopping that man.”

あの男を止めてくれてありがとう。(あの男を止めてくれたことにお礼を言いたいわ。)

Uh, forget it.

いやいや、気にしないで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

“thank you for+ing”で、「~してくれたことに感謝する」という意味になります。

ただ単に”Thank you.”で会話を終えるよりも、「~してくれて本当に助かった!嬉しかった!」など、より丁寧に感謝の意を伝えられるフレーズですね。

《例文》Thank you for inviting me to this party!

このパーティーに呼んでくれてありがとう!

 

そして“Forget it.”これは「もういいよ」「気にしないで」「心配するな」という表現。直訳すると、「忘れて(忘れなさい)」となりますが、「You’re welcome.(どういたしまして)」の代わりとして用いることが出来ます。

このフレーズはかなりカジュアルな言い回しになりますので、友達同士や後輩に対してなどに使いましょう。

《類似フレーズ》No problem. / No worries. / It’s alright / Don’t worry about it.

 

photo-1567108433233-7972d9506bf7

 

・「気を付けて!」注意を促す

続いては、アラジンがジャスミンと共に悪者から逃げるシーン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Come on. This way. Watch your head there.

来て、こっちだよ。頭をぶつけないように気を付けて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

“Watch your 〇〇(体の部位)”で、「〇〇に気を付けて」という意味になります。

《例文》(手を挟みそうになった子供に対して)Watch you hands! 

手、気を付けて!

 

あるいは、体の部位を明確にせず、ただ単に「気を付けて!」「危ない!」というときには”Watch out!”と言います。

《例文》Watch out! There’s a hole!

危ない!穴があるよ!

 

・意外と咄嗟に出てこない「そんなのずるい!不公平!」

続いては、ジャスミンが自分の父親に無理やり結婚させられそうになっていることを聞いた、アラジンと相棒の小猿アブーが言ったセリフ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

My father’s forcing me to get married.

私のお父さんが、無理やり結婚させようとしてくるの。

Abu says… that’s not fair.

そんなの卑怯だって、アブーが言ってる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

“That’s not fair.”は、「そんなの不公平だよ」「ずるいよ」「あんまりだ」という意味のフレーズ。公正・公平を意味する単語fairが使われ、それをnotで否定していますね。

ここでの「ずるい」は、相手がしていることは良くない、というニュアンスが含まれます。

「あのお店の限定ケーキ食べたの?!いいな~!ずるい!」というような、「羨ましい」というニュアンスが強い場合には、“I’m jealous!”という言い方をします。

 

毎日続く、苦にならない勉強法を!

”英語の勉強”というと、どうしても参考書や問題集、単語アプリなどを思い浮かべがちですが、映画やドラマ、YouTubeの動画だって立派な材料になるんです。

重要なのは、1日5分でも、毎日触れられる勉強法かどうか。

ご自身のお好きな媒体で、英語力UPを目指しましょう!

 


<おすすめ記事>

英語初心者が留学やワーホリ前に『やってはいけない』英語の勉強法~英単語編~

英語の学習、継続できてますか?挫折しそうなあなたに伝えたい3つのこと

無人島留学?『あつまれ どうぶつの森』 で英語学習をしよう!☆彡①


 

協会公式LINEに登録して、最新情報をすぐ手に入れよう!

友だち追加


カテゴリ : 英語学習 コメント : 0件
タグ : 映画で英語学習, 英語の勉強, 英語の勉強法, 英語力向上, 英語学習

BLOG Writer


学校名:ワーホリ情報局

■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。