【4/7Update】YMS(イギリスワーホリ)の定員が1000名⇒1500名に!【WH情報局】

イギリス

 

YMS(イギリスワーホリ)の日本の定員がなんと1000名から1500名に引き上げられました!!!

 


YMSに参加している国と地域、および2021年の年間割り当てについて

 

1. The countries and territories with Deemed Sponsorship Status, and the total allocation of places available for use by nationals or citizens of those countries and rightful holders of a passport issued by those territories in 2021, are as follows:

• Australia – 30,000 places

• New Zealand – 13,000 places

• Canada – 6,000 places

• Japan – 1,500 places

• Monaco – 1,000 places

• Taiwan – 1,000 places

• Hong Kong – 1,000 places

• Republic of Korea – 1,000 places.

 

(引用元:https://www.gov.uk/guidance/immigration-rules/immigration-rules-appendix-youth-mobility-scheme-eligible-nationals?fbclid=IwAR1Bmne5FKH-JdyFTOAOLsbwex0rVQjAG5FWPqFtwHSuJTWjsWu7alzKZck

 

ですので、2021年第2回目のYMS(イギリスワーホリ)の定員はおそらく200名から700名に引き上げられる見込みとなります。

 

また、併せてビザ申請の際の3か月ルールがなくなり6ヵ月ルールに戻りました。

これにより、ビザ申請は「イギリス到着日の6ヵ月前からビザ申請可能」ということになります。


現在イギリスは日本から入国できる国の1つとなります。

 

また、ワクチン接種もイギリス国民の半数以上が受け終わり感染拡大が徐々におさまりつつあります。

 

 

新型コロナウイルスに関する情報は、下記ページでも詳しくお伝えしています。併せてご確認ください。

外務省:海外安全ホームページ

「たびレジ」を使って海外の安全情報をリアルタイムに把握しよう!

日本ワーキング・ホリデー協会:新型コロナウイルス感染症の関連情報まとめ


 

※新型コロナウイルスをめぐる各国の対応策は極めて流動的ですので、これから渡航をされる方は必ず外務省・大使館のホームページを確認し、最新の情報を十分に確認してください。


カテゴリ : 緊急速報 コメント : 0件
タグ : YMS, イギリス, 速報

BLOG Writer


学校名:ワーホリ情報局

■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。