同じ英語でも全然ちがう!アメリカ・イギリス・オーストラリアの日常英単語の違い

日本の英語教育はアメリカ英語をベースに行われていますが、これからみなさんが留学・ワーホリに行った先では、「習った英語と違う!!!?」ということがよくあるはず。

今回は、日本人のなじみのあるアメリカ英語と、留学・ワーホリ渡航者も多いオーストラリア・イギリス英語で使われている単語の違いをみていきましょう!

※今回は”国によって発音が異なるもの”ではなく、そもそも”使う単語が違う”というケースに限定してまとめています♩

アメリカ・イギリス・オーストラリアの日常英単語の違い

=================

<目次>

・注文で混乱?!食べ物編

・日常的に見る単語!スーパーで買う野菜編

・不思議な違い…身に着けるもの編

=================

 

注文で混乱?!食べ物編

《フライドポテト》

photo-1504693390394-c24671c3e8bb

アメリカ:french fries

オーストラリア:(hot)chips

イギリス:chip/fries

イギリスやオーストラリアでよく食べられる”fish & chips”のchipsは、ポテトチップスではなくフライドポテトを指します!

 

《ポテトチップス》

photo-1604565011092-c0fa4416f80f

アメリカ:chips

オーストラリア:chips

イギリス:crisps

アメリカでフライドポテトを頼もうとして”chips”と言ってしまうと、ポテトチップスが出てきます。

 

《ソーセージ》

photo-1551135020-39e4ca508d9b

アメリカ:sausage

オーストラリア:sausage/snag

イギリス:sausage/banger

snagやbangerは主に口語で使用されます。

 

《サンドイッチ》

photo-1528736235302-52922df5c122

アメリカ:sandwich

オーストラリア:sandwich/sanga

イギリス:sandwich/butty/sarnie

オーストラリアでは、食パンで作るホットドッグのことを”snag sanga”と呼んだりします!初めて聞くと困惑しますね…

 

《クッキー》

photo-1557089706-68d02dbda277

アメリカ:cookie

オーストラリア:biscuit

イギリス:biscuit

有名キャラクターの”クッキーモンスター”はアメリカ生まれであることが明白ですね!

 

《キャンディー》

photo-1576712967455-c8d22580e9be

アメリカ:candy

オーストラリア:lollies

イギリス:sweets

飴やグミ、チューイングキャンディー、ラムネ菓子なども総称してこう呼ばれています。

 

日常的に見る単語!スーパーで買う野菜編

《スーパー》

photo-1580913428706-c311e67898b3

アメリカ:grocery store

オーストラリア:supermarket

イギリス:supermarket/the shops

Groceryは、食料品・生活雑貨・日用品などを総称する単語です。

 

《ピーマン・パプリカ》

photo-1560033765-5722d773719c

アメリカ:bell pepper

オーストラリア:capsicum

イギリス:pepper

日本では一般的に緑色のものをピーマン、赤や黄色のものをパプリカと言い分けますが、英語では”green bell pepper” “yellow capsicum”など先頭に色をくっつけて指し示します。

 

《なす》

photo-1533213570495-60f06dc31921

アメリカ:eggplant

オーストラリア:eggplant

イギリス:aubergine

アメリカ英語で育った筆者は、aubergineを今回初めて知りました…!!日本では聞きなじみがありませんね。

 

《ズッキーニ》

photo-1580294672675-91afc00ee7b3

アメリカ:zucchini

オーストラリア:zucchini

イギリス:courgette

こちらもイギリス英語版は聞いたことが無い方も多いのでは?

 

《パクチー》

photo-1535189487909-a262ad10c165

アメリカ:cilantro

オーストラリア:coriander

イギリス:coriander

corianderはフランス語から、cilantroはスペイン語が基になっているようです。

 

不思議な違い…身に着けるもの編

《ズボン》

photo-1510390099355-23e690d8129d

アメリカ:pants

オーストラリア:pants

イギリス:trousers

フォーマルなズボンのことは、いずれの国でもslacksと呼びます。

 

《パンツ(下着)》

photo-1601393710008-984348f7447b

アメリカ:underwear

オーストラリア:undies

イギリス:underpants

大きな違いはありませんが、ちょっとずつ異なりますね。

 

《ビーチサンダル》

photo-1601946771183-2e0659c5ae69

アメリカ:flip flops/sandals

オーストラリア:thongs

イギリス:flip flops

ちなみにアメリカ・イギリスでthongsと言うと、女性用のセクシーな下着のことを指します…同じ英語の国なのに、お互いに奇妙に感じるそう。

 

《スニーカー》

photo-1465453869711-7e174808ace9

アメリカ:sneakers

オーストラリア:runners

イギリス:trainers

日本語はアメリカ英語がそのまま使われていますね。

 

《長靴》

photo-1489031394173-5112ea733006

アメリカ:rain boots

オーストラリア:gumboots

イギリス:wellies/welly boots

gumbootsは”ゴム製のブーツ”の直訳。非常に直接的な呼び方ですね。

 

意外と知らない、各国の違い

アメリカ・イギリス・オーストラリアの日常英単語の違い (1)

同じ英語圏の国でも、違う単語や表現を使ったり、発音が違ったりなど、それぞれの特徴を知るのもとても楽しいですよね。

みなさんもワーホリ・留学先では、その国特有の”英語”をぜひたくさん吸収してきてくださいね!

 

=================

<おすすめ記事>

【体験談】『EPT® 英語発音テスト』を受けてみた!発音改善や練習の材料に♩

ワーホリで接客するなら知っておきたい!世界の【食の制限・嗜好】(Dietary restrictions)

洋楽で味わう英文法!~be動詞の疑問文~

 

=================

協会公式LINEに登録して、最新情報をすぐ手に入れよう!

友だち追加


カテゴリ : 英語学習 コメント : 0件
タグ : アメリカ, アメリカ英語, イギリス, オーストラリア, オーストラリア英語, ワーホリ, 国比較, 留学, 英語の勉強

BLOG Writer


学校名:ワーホリ情報局

■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。