ワーキングホリデーで渡航することができるヨーロッパの国は、イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、ポーランド、ポルトガルの8カ国です。英語以外にもその国独自の様々な言語が使用されており、トライリンガルを目指すには最適な環境です。歴史のある建築物や美術品だけでなく、自然溢れる観光地も多く点在しているので、一味違った生活を楽しむことが出来ます。国同士が密集しているので、滞在中に国をまたいだ旅行をすることも可能です。

  • TOKYO


    2日間開催!語学学校Embassy Englishセミナーのご紹介!!

    こんにちは、日本ワーキング・ホリデー協会の浅利です。 今日は2月19日(月)12:00~ 2月20日(火)15 […]

    2018/02/13

  • OSAKA


    【ドイツ】10316日。ベルリンの壁。

    みなさん、こんにちは!大阪オフィスのMoeです。 いつもはフランスについてブログを書いているのですが今日はドイ […]

    2018/02/07

  • OSAKA


    【イギリスのワーホリ(YMS)にあいにく落選してしまった方必見】イギリス渡航はワーホリ(YMS)だけではないんです!

    みなさま、こんにちは♡ 大阪のNaomiです。 先日、イギリスのワーホリ(YMS)の抽選が行われましたね。 & […]

    2018/01/28

  • OSAKA


    【フランス】ステータスの高い職業

    みなさん、こんにちは!大阪オフィスのモエです。 本格的な冬となり。。。外に出るのが億劫な季節ですがいかがお過ご […]

    2018/01/24

  • OSAKA


    2/10(土)Kyoto to the world

    ✨世界へ羽ばたく人財へ✨ 日本ワーキングホリデー協会では 2月10日(土)キャンパスプラザ京都にて 『留学・ワ […]

    2018/01/19

  • TOKYO


    【新年あけましてイベント一覧!】興味あるイベントにどんどん参加して、最高のスタートダッシュを切ろう♪

      皆様、明けましておめでとうございます。 日本ワーキングホリデー協会 東京オフィスカウンセラーのM […]

    2018/01/16

  • Emerald


    二校あるってハナシ

    みなさん、こんにちは。 Emerald Cultural Instituteの明美です。 日本も相変わらずの猛暑のようですが、みなさん夏バテやクーラー病など大丈夫ですか? アイルランドも珍しい暖かさ。今年は初めて裸足でサンダル、半袖姿でお出かけしています! 天気予報は最高気温20度といったところでしょうか? 夏の避暑に、アイルランドはお勧めですよ!   前回、エメラルドの看板娘Ann(アン)を紹介しましたが、 彼女はPalmerston Park(パーマストン)校にいます。   エメラルドでは、通年開講している校舎が2つあります。 一つはPalmerston Park(パーマストン)校 もう一つは、Milltown Park(ミルタウン)校   よく聞かれるのは、校舎を選べるのですか?というご質問。 基本的には、国籍や人数が偏らないように前もってみなさんの英語力もお聞きして、 こちらでバランスよく振り分けています。   どちらの校舎も周りに緑が沢山あって、イギリス建築の建物、周りも閑静な住宅街にあり 落ち着いて勉強するにはもってこいの校舎です。   パーマストン校👇 [embed]https://www.flickr.com/photos/emeraldculturalinstitute/31622498716/in/album-72157674012030513/[/embed]   ミルタウン校👇 [embed]https://www.flickr.com/photos/emeraldculturalinstitute/31286936460/in/album-72157674012030533/[/embed]   (もちろん、どうしても「こっちの校舎がいい!!」というのがありましたら リクエストして頂いて結構ですので、相談してくださいね!)   それでは次回は、それぞれの校舎についてご案内いたします♪  

    2017/07/27

  • Emerald


    エメラルドの看板娘

    こんにちは!エメラルドの明美です。 エメラルドには看板娘がいるのをご存知ですか? 私!と言いたいところですが、、、   受付嬢のAnn(アン)に敵う人はいません!   いつもはPalmerston Park校の正面玄関すぐの受付にいます。 いつも満面の笑顔で「Good morning!」「Hello!」と声をかけてくれ、一日の元気をくれます! Palmerston Park校に入学になった学生は、 当校初日もAnnに自分の名前を伝えてどこに行ったらいいか聞きましょう。優しく教えてくれますよ!   英語が初心者の学生には、 「Speak to me, everyday! Anything is okay! I speak slowly! (毎日私に話しかけて!何でも良いから!私もゆっくり話すから)」と勇気づけてくれます。   そんなAnnはもともとエメラルドのホームステイ先のホストマザーでした。 お喋り好きで、イベントでは一番の盛り上げ役。学生の面倒見はとてもよく、 みんなに愛される可愛いおばちゃまです☆     大好きなのはラグビー!大きな試合前になるとAnnのユニフォーム姿も見れますよ!  

    2017/07/07

  • Emerald


    Emerald Cultural Institute 学校紹介

    Emerald Cultural Instituteは、1986年イタリア人の校長マウロが、イタリア人学生をアイルランドへ短期留学に連れてきたのが始まりです。それ以降、最高の教育とサポートを学生一人一人に提供していくことを使命とし、質の高い英語教育と個々のニーズに応えるべく一般英語から企業管理職向けのビジネス英語レッスンまで様々なコースを用意し、現在では60か国以上の多種多様な人種、年齢の学生が個人、団体を問わず世界中から集まる語学学校となりました。プロフェッショナルで、きめ細やかなケアと良質の教育は、高く評価されています。     Emerald Cultural Instituteの一般英語コースでは、英語習得に必要な4つの「聞く」「話す」「読む」「書く」が網羅できるよう工夫された授業内容になっていますが、流暢さと正確さはもちろんのこと、コミュニケーションスキルとしての「話す」「書く」力をつけられるよう特に重点を置いています。授業の前半クラスで習った文法と語彙を使って後半のクラスでは、積極的に実践して身につけられるようにしています。生徒主体の授業で生徒同士が学びあえるような環境づくりに教師もはからっています。     Palmerston Park校、Milltown Park校とも閑静な住宅街の一角にあり、バスや路面電車の交通アクセスも便利です。綺麗な芝生や花壇が広がるPalmerston Parkの目の前です。徒歩15分先には、Rathminesという街があり、スーパー、郵便局はもちろん、映画館もあるショッピングセンターや図書館、公営のスポーツセンター等があり、放課後に学生がよく遊びにいきます。学校隣にはジムがあり、よく学生が通っています。 Milltown Park校も、大きな公園敷地内に聳え立ち、徒歩10分先には、お洒落なカフェやレストランが立ち並ぶ街Ranelaghがあります。そこでランチをする学生も多いです。他にもスーパー、郵便局、銀行、Luas(路面電車)の駅もあります。  

    2017/03/23

  • Atlas


    Atlas Language School 学校紹介

      Atlas Language School Atlas Language School (アトラスランゲージスクール)は立地の良いダブリン中心部にある語学学校です。経験豊富なスタッフ&講師陣の下、充実のコース内容で「質の高い英語教育」を体験していただけます。授業内容も参加型の授業(講師を交えたグループワークなど)が多く、実際に使える英語力が身に付きます   万全のサポート体制Atlas Language School アトラスランゲージスクール(以下、アトラス)は一般英語コースからジュニアサマープログラム、講師育成、長期高校留学サポートなど、あらゆるプログラムを用意しています。それらの質の高い英語教育プログラムには、国内外問わず各方面から定評があります。 また「小さな英語教室」からスタートしたアトラスは、設立当時から変わらず「生徒ひとりひとりを大切にする」サービスの提供をモットーとしています。常に生徒が満足して学校生活を送れるよう、万全のサポート体制を整えています。       ヨーロッパ有数の国際都市、ダブリンで学ぶ!Atlas Language School ダブリンはヨーロッパでも有数の国際都市です。近年、GoogleやTwitterといった大手IT企業のヨーロッパヘッドオフィスが続々とダブリンに拠点を移し、それに伴いさらに多国籍な都市へと変化しつつあります。EU圏から有能な若者が英語学習の場所としてダブリンを選ぶので、切磋琢磨し合う環境の中、プロフェッショナルな語学力を身に付けることができるでしょう。   アトラスも例外ではなく、主にヨーロッパ地域からたくさんの学生が英語を身につけるためにコースを受講しています。その他地域でもブラジル・韓国・トルコといった国々の学生も数多く学んでいますが、ダブリンの他の語学学校と比較しても程よい国籍比率を保っています。日本人比率も少なめで、多い時期でも日本人比率は10%以内を保っています。  

    2016/04/04

  • Bloomsbury


    イギリス観光ガイド - 中部 ウェールズ周辺

    ロンドンはイギリスの中心地であり、歴史的博物館やオフィスビルなども多く立ち並ぶ大都市です。そのロンドンから西に少し離れイギリスの中部に移動すると、多くの歴史ある建物や落ち着いた雰囲気の街 コッツウォルズや、アカデミックな人気都市 ケンブリッジなどがあります。中部地方は、素朴な田園風景が広がり、旅人の心を温めてくれます。     ■ オススメ観光スポット   ・シェイクスピアの生家 (ストラトスフォード・アポン・エイボン)   かの有名なシェイクスピアが青年期を過ごした家です。現在も、居間や台所や寝室などは当時の家具で装飾され、シェイクスピア時代の中流階級の雰囲気を醸し出しています。家の中はミュージアムになっているので、シェイクスピアの歴史や生い立ちを知ることもできます。   ・オックスフォード大学 (オックスフォード)   12世紀に遡る歴史を持つ、大学を中心として発展した街です。30を超えるカレッジが点在していて、学生向けにサービス施設も多くあります。時期が合えば有名大学のキャンパスを見学することも出来るので、オープンキャンパスの時期を確認しておきましょう。   ・ブレナム宮殿 (オックスフォード)   オックスフォード北西にある、イギリスで最も大きいバロック建築の宮殿です。元首相チャーチルの生家でもあり、現在は世界遺産にも登録されています。宮殿そのものも見ごたえがあるのですが、その周りに広がる英国式庭園も素晴らしく、見ごたえがあります。

    2015/03/12

  • Bloomsbury


    イギリス観光ガイド - ロンドン テムズ川沿いの観光スポット

    ロンドンには、文化・自然・芸術・建築物など非常にたくさんの観光地が点在しています。 しかしあまりにも数が多すぎて、どこから行ったらいいのか分からない!なんてことになってしまうかもしれません。 そこで、今回はロンドンの観光地の中でも特にオススメのものだけを厳選してまとめました! 今回紹介するのは、テムズ川沿いの観光です。テムズ川沿いには数多くの美しい建築物が点在しています。 具体的には  ・ロンドン塔 - かつてイギリスの王族が住んでいた本格的なお城です。 中心部にはホワイト城と呼ばれるお城も建っています。  ・タワーブリッジ - 言わずと知れた、世界で最も有名な橋です!  ・テートモダン - テートモダンは、元々は火力発電所で 再開発によって現代美術館として再利用されています。  ・ミレニアムブリッジ - ミレニアムブリッジは、2000年の記念イベントとして建築されたもので 歩いてテムズ川を渡ることが出来ます!  ・セントポール大聖堂 - チャールズ王太子とダイアナ元妃の結婚式が行われた会場としても有名ですね。 などが挙げられます。 これらの観光地の歩き方は、 ①最初にロンドン塔を見て ②そこからタワーブリッジを渡り ③ロンドン市庁舎などの建物を見て ④テートモダンに行き ⑤ミレニアムブリッジを渡って ⑥セントポール大聖堂を見学 といった道筋となっていて、特にこの歩き方はロンドン観光の中でも王道中の王道と呼ばれています! もしロンドンに行かれたら、これらの観光スポットには必ず行っておきたいですね!

    2013/05/17

ワーキング・ホリデー協会公式ブログとは?

日本ワーキング・ホリデー協会スタッフや、海外語学学校スタッフがワーキングホリデー(ワーホリ)や留学についての最新情報をブログでお伝えしています。これから海外に出てワーキングホリデー(ワーホリ)や留学を経験される方、また、帰国された方に絶対にタメになる情報があるはずです。ブログは毎日更新中!
ワーキングホリデー(ワーホリ)の最新情報をこのブログでゲットしてください!