世界中の国々からやってきた移民で形成された多民族・多文化国家です。 第2次世界大戦後に公式な移民計画を開始し、現在までに600万以上の移民を受け入れています。 そのため、オーストラリアでは自分が外国人としての意識なく自然に振舞うことが出来るので、生活をしやすい国といえるでしょう。 ワーキングホリデーの渡航国としても一番歴史があり、親日家が多いことでも知られています。 天候がよく、青い海が広がっていることも、渡航国として一番人気のある理由です。

  • TOKYO


    2018年度版 ワーホリの人気国ランキング発表!

      2018年現在、日本とワーホリ協定を結んでいる国は全部で20カ国あります。オーストラリアやカナダ […]

    2018/05/24

  • FUKUOKA


    【熊本に在住の皆様!】5月27日に熊本市内でオーストラリアの語学学校出張セミナーを開催いたします!

    【熊本に在住の皆様!】   5月27日に熊本市内でオーストラリアの語学学校出張セミナーを開催いたしま […]

    2018/05/19

  • FUKUOKA


    サウスの留学日記 in Melbourne 19 〜王道も穴場も!メルボルンオススメのカフェ5選!〜

    Hey guys! 皆さんこんにちは!     現在ケンブリッジコースで充実した← 勉強漬 […]

    2018/05/16

  • OKINAWA


    シドニーでの買物事情(学生編)

    こんにちは! 沖縄オフィス タクヤです! 今日は沖縄は天気がいいです!あまりにいい天気だったので洗濯物を干して […]

    2018/05/13

  • FUKUOKA


    サウスの留学日記 in Melbourne Vol.18 ~海外の買い物で失敗しないために!どこで何を買うのか~

    Hey guys! 皆さんこんにちは!     今回は留学生活で意外と盲点な、 ̶ […]

    2018/05/13

  • OKINAWA


    町の中の風景・・・

    こんにちは、沖縄オフィス タクヤです! 梅雨に入ったというのに沖縄は今日もいい天気です!(*’▽& […]

    2018/05/11

  • Greenwich


    Seddon Makers Market in Melbourne – a day in the life of Saki

    先週の土曜日、1年に3回だけ開催されるマーケットに行ってきました! メルボルンといえばクイーンビクトリアマーケットが有名ですが、今回はたまたまインターネトで見つけたすごくかわいいマーケット、セドンメーカーズマーケット(Seddon Makers Market)を紹介します! セドンが位置するのはシティより電車で15分ほどのところです! セドン駅から近くの、Seddon Uniting Church Hallで行われます。 名前にメーカーズとある通り、ハンドメイドのものを売ってるお店が多くありました!      クイーンビクトリアマーケットと違って、セドンの町の小さな教会の敷地で開かれるので、規模はかなり小さいです。 しかし観光客はほとんどいないので、ローカル感の味わえるマーケットになっています。 売ってるものは様々です。 洋服類やアクセサリー、キャンドルやハンドメイドのマフィンなどが売っている屋台カフェなど、大きなマーケットに比べてお店の種類は少ないですが、手作り感が伝わってきてわくわくするマーケットです(^^)        マーケットといっても安いものから高いものまでありますが、こちらのマーケットは比較的安めだったと思います(*^^*) 下の写真のピアスは2つで25ドルと、2000円ちょっとでこの可愛いピアスが2つ買えちゃいます! マーケットでのお買い物はお土産にもおすすめです!     写真には大きめのピアスばかり載っていますが、ワンポイントピアスもたくさんあるのでぜひ行ってみてください! メインの観光地を回るのも楽しいですが、たまに小さいイベントやマーケットに行くともっとオーストラリア生活を楽しむことができると思いますよ!(^-^)

    2018/05/15

  • Greenwich


    International restaurants and dishes in Melbourne – a day in the life of Saki

    今回はメルボルンの料理について紹介したいと思います! メルボルンといえばカフェで有名ですが、いろいろな国籍の人がいるこの街ではいろいろな国の料理が楽しめちゃいます!!     まずはタイ料理!! 私はDoDee Paidang というお店に行ってきました!シティの中心地、コリンズストリート沿いにあります。 タイ人の友達曰く、タイでも有名なレストランらしく、とてもおいしかったです!        右の写真の手前にある赤ソースはのどが痛くなるくらい辛かったので、すごく辛いものが苦手な人はちょっとだけ味見するなどして、調整しながら食べたほうがいいです!(*_*;     次はベトナム料理です! ベトナムの料理と言ったら、なんといってもフォーですよね! ウインザー駅の近くにあるHanoi Hannahというお店にお邪魔してきました(^-^)     私はビーフフォーを頼みましたが、チキンもポークもありました! ランチの時間に行ったのでお店は忙しそうだったのですが、注文してからそんなに待たずに食べれたのでおすすめです! 価格も15ドルという、オーストラリアでの外食にしては割と安めの価格です!       続いて友達とたまたま見つけた、素敵なお店を紹介します! 皆さんはプティンというカナダの料理をご存知ですか?( ^^) 正確にはカナダのケベック州の料理なのですが、それがここメルボルンで食べれちゃいます! レストランの名前はThe Bank on Collins。これだけ聞くと銀行の名前みたいですがれっきとしたレストランです(*^^*)         これがプティンという料理です! フライドポテトにグレービーソースとチーズに、煮込んだ牛肉がかかってます。 カナダ人の友達に、これは本物のプティンではない!!!と断言されてしまいましたが、私個人としては満足できたのでおすすめしたいと思います。笑 店の名前の通り、コリンズストリート沿いにあります。       最後に紹介するのは、もちろんオーストラリアの料理です! オーストラリアに来るまで、「現地のメイン料理って何だろう、ハンバーガー?」という感じの私でしたが、実際にハンバーガーはどこのレストラン、カフェに入っても食べられるくらいあります笑 それとカラマリというイカフライも、ほとんどのレストランにあります。        ハンバーガーを頼むと日本でいうお米みたいな感じで、かなりの量のポテトがで出てくるので、女性にとってはポテトはお友達と二人でシェアするくらいがちょうどいいかもしれません(^-^) ちなみにこっちではフライドポテトのことをchipsとかfriesっていいます。 日本で人気のエッグベネディクトも大体のレストランに朝食や昼食メニューにあります。   今回はメルボルンのカフェではなく、様々な国の料理が食べられるレストランを紹介しました! メルボルンに来た際は、カフェだけでなくレストランもぜひめぐってみてください(*^^) 珍しい国の料理もあって楽しいですよ!    

    2018/05/08

  • Greenwich


    Grampians National Park – a day in the life of Yuka

    メルボルン市内から車で3時間ほど北西に走ったところに位置する、グランピアンズ国立公園(Grampians National Park)に行く日帰りバスツアーに参加しました(^^)   (赤〇:グランピアンズ国立公園 黒〇:メルボルンCBD)   個人的にメルボルンの有名な観光名所として、グレートオーシャンロードやフィリップ島を思い浮かべるのですが、ここグランピアンズも様々な国からの観光客の間で必見!観光スポットとして名前が知られているそうです!   ヴィクトリア州最大の国立公園で広さはなんと約17万ヘクタール。 (東京都の面積とほぼ同じ・・・とてつもなく広いことはご想像いただけるかと思います。笑)   見どころのひとつである「ザ・バルコニーズ(The Balconies)」は、ある有名な映画のワンシーンの舞台となったと言われています。     皆さんこの光景に見覚えはありますか??その映画とは・・・   ジブリ映画「もののけ姫」なんです! 山犬モロの棲み処のモデルになったと言われているこの岩、今にもあのテーマソングが流れてきそうですね(*^^*)   グランピアンズ国立公園の麓からブッシュウォーク!大自然の中を散策します!(^^)!     続いてこちらは、これを見ずには終われない「マッケンジー滝(Mackenzie Falls)」です!     駐車場から往復40分ほどで滝つぼまで歩いて行くことができるのですが、この迫力!圧巻です。   マッケンジー滝までの道のりは、階段は多いですが足元は悪くはないので、お子様も一緒に歩けるコースではないかと思います。   最後は人口わずか300人足らずの小さな町ホールズギャップや、ベンフィールド湖などを見渡せる「ボロカ展望台(Boroka lookout)」へ。       オーストラリアの壮大な自然を身体いっぱいで感じることができた、大満足の一日でした!(^^)! 丸一日のツアーになりますので、時間に余裕のある方は是非参加されてみてはいかがでしょうか!   ~編集後記~   ツアーのほかの参加者の方と仲良くなれるということもツアーの醍醐味ではないでしょうか!(^^)! ツアー客の皆さんと一緒にわいわいピクニックランチをしていたところ、ちょっとした事件が・・・   背後から一羽の鳥がものすごい勢いで飛んできて、大事なわたしのミートパイを奪っていきました( ;∀;) そしてそのミートパイをわざわざ目の前で仲間たちと仲良くシェア・・・   今回のツアーの中で個人的に忘れられない体験です(笑)   【住所】 映画もののけ姫の舞台と言われる「ザ・バルコニーズ(The Balconies)」 Glenelg River Rd, Zumsteins VIC 3401 「マッケンジー滝(Mackenzie Falls)」 Northern Grampians Rd, Zumsteins VIC 3401 「ボロカ展望台(Boroka lookout)」 Mt Difficult Rd, Halls Gap VIC 3381    

    2018/05/03

  • SELC


    【SELCシドニー】オーストラリアでバリスタデビューが良い

    SELCで最も人気なコースはバリスタ(接客英語)コースです。 SELCではシドニーで唯一、キャンパス内に高級コーヒーマシーンを備えたSELCカフェがあり、 バリスタ技術、接客英語を徹底的に叩き込まれるこのプログラムは4週間みっちり行われます。 他校と何が違うかと言うと、それは練習量です。 朝とモーニングティーの時間にはバリスタコースの学生がSELCカフェを運営して、在校生、教師、スタッフ等にコーヒーをサーブします。 当然カフェの前には長蛇の列です。 1人当たり1日何十杯もコーヒーを作りますから、4週間のうちに10種類近くのコーヒーが作れる ようになります。 クレーム処理のスキルも毎週勉強しますからとても役に立ちます。 SELCのバリスタコースは4週間でプロのバリスタを養成するコースなのです。 修了後は、「バリスタ」、「ラテアート」、「接客英語」の修了証が授与されます。 これを持って就職活動です。 オーストラリアはカフェ好きですから、もうどこにでもカフェがあります。 そしてバリスタは給料が良いので、オーストラリア人にも人気の仕事なんです。 SELCのバリスタコースはもう20年近く開講していますから、シドニーのカフェでも それを知ってくれているオーナーも多く、続けてSELCの修了生を雇ってくれるカフェもあります。 多くのSELCバリスタ修了生が世界中で活躍しているのです。 [caption id="attachment_4962" align="alignnone" width="300"] OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] ワーキングホリデーの方なら、12週英語を勉強の後にバリスタがお勧めですし、 学生ビザで長期間勉強する方は途中にバリスタを入れるととても良い気分転換になりますよ。   さて、SELCオーストラリアの代表が今月日本各地のワーキングホリデー協会様のオフィスで セミナーを行います。  シドニーに留学を考えている方、ぜひいらしてください。 日程は下記の通りになります。 5月19日(土) 名古屋 5月20日(日) 東京 5月24日(木) 沖縄 5月26日(土) 福岡 5月27日(日) 大阪 皆さんとお会いできることを楽しみにしています。      

    2018/05/02

  • Greenwich


    Beautiful beaches and National park in Melbourne – a day in the life of Saki

      今日はメルボルン近郊にあるビーチをいくつかと国立公園を1つ紹介させていただこうと思います! 紹介するのは、、、、 ・Brighton Beach(ブライトンビーチ)地図;赤 ・St Kilda Beach(セントキルダビーチ)地図;オレンジ ・Rye Beach(ライビーチ)地図;ピンク ・Mornington Beach(モーニントンビーチ)地図;緑 ・Point Nepean National Park(ポイントネピアン国立公園)地図;青  この5つです!   Brighton Beach とSt Kilda Beach の2つはシティ近郊、あとの3か所は以前紹介したモーニントン半島内にあります。     まずはBrighton Beach です! おそらくメルボルンでもっとも有名なビーチです。何が有名かというと、、、     こちらのビーチハウスです! それだけでなく、ビーチそのものも綺麗なのでそれも魅力的です!(*^^) Brighton Beachへはシティからフリンダースストリート駅(Flinders Street Station)から Sandringham (サンドリンハム)行きの電車で30分ほどで着きます!   次にSt Kilda Beach。こちらはSouthern Cross Station(サザンクロス駅)から96番トラムで20分ほどで着きます。             上の写真のように夕方に行けば綺麗な夕日が見れちゃいます!! そして夕日といえばおすすめなのが、Mornington Beach です!!! 下の写真は以前モーニントン半島に行ったときにMornington Beachから見れた夕日です!           天気も良かったので綺麗に撮れました!(^-^) シティからは少し遠いのですが、そのぶん人混みがなくのんびりできる場所です!   次に個人的に私の一番お気に入りのRye Beach の紹介です! モーニントン半島の先端のほうにあり、とても大きなビーチです。ですがこちらも観光客ばかりということがなく、広いビーチにもかかわらず人がそんなにいませんでした。 そんなRye Beachがこちら!             見てくださいこの水の透明度!! 今は冬で水が冷たいので海に入ってはいませんが、この透明度は思わず飛び込みたくなります!!笑 右の写真のように桟橋が伸びており、少し沖のほうまで行けるようになっていますので、Rye Beachを訪れた方はぜひ桟橋の先まで行ってみてください! 桟橋には飛び込まないでくださいという看板があるので、桟橋からジャンプするのは控えてくださいね(*_*;     そして最後はPoint Nepean National Parkです。 最初の地図で示したように、モーニントン半島の一番先端にあります。 パーク内の半分くらいは車で進めるのですが、途中からは駐車場に停めて、歩きか自転車で行くと半島の最先端まで行くことができます。     左の写真の林の中を歩いていくと、右のようなビーチが突然現れたりします!(^^) 駐車場から最先端までの距離は片道4キロで、往復8キロになるのでちょっと遠いと感じる方は、駐車場からのバスが出ているのでそちらを使いましょう!               こちらがバスの時刻表と先端付近の写真です! シティからPoint Nepean National Parkまでは車でも数時間かかるので、しっかりと計画を立てて行きましょう!   今回はメインの観光地を紹介しましたが、メルボルンにはまだまだたくさん見どころがあるので、また紹介したいと思います!( ^^)

    2018/04/26

  • Greenwich


    Winery&Chocolaterie in Yarra Valley – a day in the life of Yuka

    メルボルン市内から東に車で1時間(約60km)ほどの、ヤラバレーに遊びに行ってきました!今回のお出かけの目的は、「ワイナリー巡り」と「有名なチョコレート屋さんに行く」でした。 そう、ここヤラバレーはオーストラリア有数のワイン産地として知られていて、なんと80以上のワイナリーがあるのです(*^^*) まず私たちは、ヤラバレー最古のワイナリー「イェリング・ステーション」を訪れました。 1838年に創業の老舗で、数々の賞を受賞しているワイナリーだそうです!!!テイスティングルームのほか、アートギャラリー、ガラス張りでとても雰囲気の良いレストランやカフェ等も併設されています。 さっそく何種類かのワインをテイスティングさせていただきました。 店員さんからそれぞれのワインの特徴を説明をしていただけるのも、ワイナリーの楽しみですね!ここでは無料で試飲することが出来ました。 続いて、こじんまりとした家族経営のワイナリー「ヤラウッド」に移動しました。 ここではフレンドリーな店員さんがとても丁寧に説明してくださいました!(^^)! このワイナリーもレストランが併設されており、大盛り上がり!ここでも無料で数種類のワインの試飲をすることが出来ました。 ちなみにここの店員さん曰く、白ワイン→赤ワイン→デザートワインという順番で試飲をすると、それぞれのワインの魅力を存分に味わえるのだとか!そう言われてみれば、これまで訪れたどのワイナリーでも、この順番でした('ω')勉強になります。   ワインの試飲を楽しんだあとは、甘いものを求めて、「ヤラバレー・ショコラティエ・アンド・アイスクリーマリー」を訪れました。 ここでは自家製チョコレートとアイスクリームを楽しむことができます。ちょうどイースターの時期だったので、イースター仕様の店内がとっても可愛かったです!!! 中でも私たちのテンションが上がったのが、試食用チョコレートがあるということです! ダーク・ミルク・ホワイトチョコレートの試食が、お一人様(大きい)スプーンひとすくいまで出来てしまいます。 チョコレートの価格も比較的お手頃かと思います!カフェも併設されており、テラス席では綺麗な景色を堪能しながら、まったりと過ごすことができました。 ヤラバレーは公共交通機関を使うにはアクセスがあまり良くなく、車があるととても便利です。ただワイナリー巡りをするとドライバーが飲めなくなってしまうので、日帰りツアーに参加するのが一般的ですし、個人的にもオススメです(*^^*)   是非、大自然の中で美味しいワインとデザートを堪能しに出かけてみてはいかがでしょうか!   【住所】 ヤラバレー最古のワイナリー「イェリング・ステーション」 38 Melba Hwy, Yarra Glen, Victoria, 3775,  Australia こじんまりとした家族経営のワイナリー「ヤラウッド」 1275 Melba Hwy, Yarra Glen, Victoria, 3775,  Australia 「ヤラバレー・ショコラティエ・アンド・アイスクリーマリー」 35 Old Healesville Rd, Yarra Glen, Victoria, 3775,  Australia  

    2018/04/12

ワーキング・ホリデー協会公式ブログとは?

日本ワーキング・ホリデー協会スタッフや、海外語学学校スタッフがワーキングホリデー(ワーホリ)や留学についての最新情報をブログでお伝えしています。これから海外に出てワーキングホリデー(ワーホリ)や留学を経験される方、また、帰国された方に絶対にタメになる情報があるはずです。ブログは毎日更新中!
ワーキングホリデー(ワーホリ)の最新情報をこのブログでゲットしてください!