カナダは、移民で成立された国のため、留学生の受け入れも積極的で、非常にフレンドリーな国柄です。 またカナダはアメリカに近いことから、アメリカの英語に近い発音を持っています。 地域によって公用語がフランス語と英語となり、英語だけでなくフランス語教育にも高い水準を誇っています。 治安の良い国、住みやすい国としても上位に複数の都市がランクインする程で、留学・ワーキングホリデーで生活する国としても整った環境であると言えるでしょう。

  • OI Vancouver・Toronto


    渡航前にInstagramでカナダ現地の様子をチェックしてみよう!【Oxford International バンクーバー】

    皆さまこんにちは!Oxford International VancouverのHarukaです(^^)/ カ […]

    2021/08/20

  • OI Vancouver・Toronto


    美味しくてレトロなハンバーガー屋さん【Oxford International バンクーバー】

    皆さまこんにちは!Oxford International VancouverのHarukaです^^ ただ今バ […]

    2021/07/29

  • OI Vancouver・Toronto


    ナイトマーケット2021開催決定!【Oxford International バンクーバー】

    皆さま、こんにちは!Oxford International VancouverのHarukaです^^ バンク […]

    2021/07/21

  • OI Vancouver・Toronto


    トロント校ついに対面授業再開しました!【Oxford International トロント】

    皆様、いかがお過ごしでしょうか? Oxford International TorontoのYukiです。 そ […]

    2021/07/09

  • OI Vancouver・Toronto


    バンクーバーでのワクチン接種体験!【Oxford International バンクーバー】

    皆さま、こんにちは!Oxford International VancouverのHarukaです^^ 最近の […]

    2021/06/09

  • OI Vancouver・Toronto


    カナダBC州の規制緩和、リスタートプランが発表されました!【Oxford International バンクーバー】

    皆さま、こんにちは!Oxford International VancouverのHarukaです^^ アメリ […]

    2021/05/26


  • キャンプ予約シーズンが来ます!!【Oxford International トロント】

    皆様、いかがお過ごしでしょうか?Oxford International TorontoのYukiです。 今年の冬は暖かく、3月になると気温も上昇!と言ってもまだ110℃以下ですが、大分暖かくなってきました。 カナダ人あるあるですが、5℃ぐらいになると夏が待ちきれないのか、半袖Tシャツを着ている人も見かけられるようになります。 短い夏を過ごすのにカナダ人は夏の計画を立てます。 その中の一つがアウトドアキャンプです。 オンタリオ州では有名なアルゴンキンパークをはじめ、様々な州立公園が点在しています。 特にバックカントリーキャンプにおいては、カヌーをレンタルし自然の真ん中へ移動して、数日間テントをはり自然を楽しむ人もいるようです。 こちらは去年私もアルゴンキンパークへバックカントリーへ行ってきた写真です。 いっぽ自然の中に入るとそこは静かで鳥の鳴き声と風の音のみ聞こえる世界が広がります。 この時は実は合計26kmの距離をカヌーで移動しました。大体片道6時間ほどです笑。 この移動距離は稀に見る長さでした。それぞれキャンプスポットをウェブサイトから選ぶことができます。 そのウェブサイトは4月から予約可能になります。 アウトドアの予約はこちらから バックカントリーはそれなりに装備などが必要になります。 全てのゴミを持ち帰る、木を傷つけないなど色々ルールがありますので、事前に確認してくださいね。 コロナのパンデミックの影響もあり、みなさん自然を満喫しようと予約が殺到するようです。 カナダ人も先を持って夏の計画を立てるので、遅すぎて予約ができなく、今年はアウトドアに行けなかったにならないようにちょっと計画立ててみてはいかがでしょうか?

    2021/03/18


  • 川が凍るとそこも歩けます!【Oxford Internationalトロント】

    皆様、いかがお過ごしでしょうか?Oxford International のYukiです。2月に入り、トロントは冬真っ只中です。 雪も十分に積もり、川は凍って地元の人は手作りのアイススケートリンクを作り楽しんでいます。 夏はここは川になります。ボートやカヌーで河口のオンタリオ湖まで楽しむ人もいます。 オンタリオ湖まで歩けるかなと歩いてみたのですが、残念ながら、氷は最後まで続いていませんでした。 さらに歩き続けると、ちょうど良い時間に夕陽を見ることができ、トロントのダウンタウンが黄金に輝いていました。 冬はマイナスの気温が続きますが、暖かい格好をしてぜひ歩いてみてくださいね。

    2021/02/23


  • ホットチョコレートフェスティバルが今年もバンクーバーにやってくる♪【Oxford International バンクーバー】

    皆様こんにちは!Oxford International バンクーバー校のHarukaです(^^)/☆ 2020年は、コロナの影響で各種イベントや花火大会なんかも中止になり、何だか寂しく感じることもありましたが、今年はもう少し状況が落ち着き、世界中でたくさんの笑顔と幸せが溢れる一年となることを心の底から願います。そして、今年もブログを通してバンクーバやトロントの旬な情報を皆さんにお伝えできればと思います^^ さてこの時期、バンクーバーではホットチョコレート(ココア)がいつにも増して大人気で、その人気ぶりは”ホットチョコレートフェスティバル”が開催されるほど。そして、2011年から例年開催されてきたこのフェスもなんと今年で11周年!11年前のホットチョコレート。。。歴代のフェス限定フレーバーも気になりますね。飲み比べしてみたい!^^ 【ホットチョコレートフェスティバル参加店舗の一覧】 (T) Takeout Only (LCS) Limited Cafe Service 🌱 At least one Vegan Option ⏰ At least one branch on one day open late (past 6 p.m). 49TH PARALLEL COFFEE + LUCKY’S DOUGHNUTS (LCS)🌱⏰ BAKER AND TABLE (LCS) BEAUCOUP BAKERY (T) BEL CAFE (LCS) BELLAGGIO HORNBY (LCS) BELLAGGIO CANADA PLACE (T)⏰ BENCH BAKEHOUSE (T) BETA 5 CHOCOLATES (T) BJORN BAR BAKERY (T) BUTTER BAKED GOODS (LCS) CADEAUX BAKERY (T) CAFFE ARTIGIANO(LCS) CHEZ CHRISTOPHE (T) DOUGHGIRLS (T) EAST VAN ROASTERS (T)🌱 EVERBEAN CAFÉ(LCS)🌱 FIFE BAKERY (T) FUFÚ CAFÉ (LCS)⏰ GEM CHOCOLATES (T) GIOVANE CAFE(LCS)⏰ GLENBURN SODA FOUNTAIN (T) HONOLULU COFFEE (LCS) KAFKA'S COFFEE (T) KOKO MONK CHOCOLATES(T)🌱⏰ KOKO MONK HOT CHOCOLATE LOUNGE (LCS)🌱⏰ LA GLACE (T)⏰ LADURÉE (LCS)🌱⏰ MINK CHOCOLATES (LCS) MON PARIS PÂTISSERIE (LCS) NELSON THE SEAGULL (T) PACIFIC INSTITUTE OF CULINARY ARTS (LCS) PASSIONE GELATO (T)🌱⏰ PEAKED PIES(LCS)⏰ SCIUÉ ITALIAN BAKERY CAFÉ (LCS)⏰ SOIRETTE PASTRY BOUTIQUE (T)🌱 THIERRY CHOCOLATES (LCS)⏰ THOMAS HAAS CHOCOLATES (LCS) UNO GELATO (LCS)⏰ ZIMT CHOCOLATES (T) *こちらからお店の名前をクリックすると、詳細ページにアクセスできます。 *開催期間は1月16日(土)~2月14日(日)です。 *COVID-19への対策として、フェスに参加する全てのお店でテイクアウトオンリーもしくはカフェの利用に制限がつきます。中にはビーガンメニューのあるカフェも^^ *インスタグラムでは、ギフトカードがあたる!オンラインフォトコンテストも開催されます! 私も今年一番の至福の一杯を求めて、ユニークなホットチョコレートを探そうと思います^^

    2021/01/13


  • 秋を満喫する食べ物は?【Oxford International トロント】

    皆様、いかがお過ごしでしょうか?Oxford International のYukiです。 日本はもうすでに秋ですね、秋といえば、読書の秋、食欲の秋、運動の秋など言われています。 ここトロントでも短い秋をたのしみますが、秋といえばの食べ物を紹介しますね。ここでは9月から11月までの季節の食材を紹介します。 9月が旬の食材 クランベリー、リンゴ、ブルーベリー、ブドウ、メロン、梨、プラム、プルーン、アーティチョーク、緑豆、ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ、ニンジン、カリフラワー、 トウモロコシ、キュウリ、ネギ、レタス、グリーンオニオン、玉ねぎ、パプリカ、ジャガイモ、カボチャ、蕪、ホウレンソウ、トマト、ズッキーニ、ナス、ネクタリン、スイカ、ケール など。 日本では夏が旬のキュウリ、ナス、スイカがカナダでは9月なんですね! 10月が旬の食材 クランベリー、リンゴ、ナシ、アーティチョーク、ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ、ニンジン、カリフラワー、セロリ、トウモロコシ、ネギ、レタス、グリーンオニオン、玉ねぎ、パプリカ、ジャガイモ、カボチャ、株、ホウレンソウ、ホウレンソウ、トマト、ズッキーニ、ナス、ケールなど 9月からの引き続き旬な食材が多いです。 11月が旬の食材 クランべリー、梨、ブロッコリー、芽キャベツ、ニンジン、カリフラワー、ネギ、玉ねぎ、ジャガイモ、カボチャ、リンゴ、など。 日本でもよく食べられる旬の食材はカナダでも食べることができます。 松茸 サツマイモ かぼちゃ 栗 など。 短い秋を十分に楽しんで長い冬に備えましょう!

    2020/11/14


  • Happy Halloween!!写真でふり返るハロウィン2019【Oxford International バンクーバー】

    皆様こんにちは!Oxford International バンクーバー校のHarukaです(^^)/☆ここ最近のカナダはあちこち紅葉ムードで、パンプキンスパイスラテや秋限定フレーバーのホットドリンクも美味しい季節です♪ そして10月31日は、子供も大人も(?)お待ちかねのハロウィンです!今年はコロナの感染を防ぐため、イベントもオンラインで楽しめるものが充実しているので、2020年は少人数で安全に”おうちハロウィン”をエンジョイする家庭も多いのではないでしょうか? ハロウィンは、実は生徒だけでなくスタッフや教師も、毎年楽しみにしている人が多い年中行事の一つです。例年ですと、仮装大会や皆で楽しめるハロウィンパーティーをバンクーバー・トロントキャンパスでそれぞれ開催しておりましたが、今年はどうやら仮装してオンライン授業に参加している教師や生徒もいるようです^^面白いアイディアですね! ちなみに、昨年のハロウィンパーティーの様子はこちら。ちょっとだけ写真でお見せします。 【バンクーバー校】 【トロント校】 皆さんは今年のハロウィン、どのように楽しみますか?^^ 学校の様子はインスタグラムからも確認出来るので、興味のある方はこちらを要チェックです!

    2020/10/30


  • トロントのゴミの捨て方【Oxford International トロント】

    皆さま、いかがお過ごしでしょうか?Oxford InternationalのYukiです。 日本では都市によって燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチックなど細かく仕分けるシステムがありますね。 カナダでも州や都市によっても異なるルールがあります。 今回はトロントに住む上でのゴミはどの様に捨てたら良いかご紹介します。 トロントでは大きく分けて3つのビンがあります。 おそらくメインで廃棄するのは3種類ありますね。生ごみを入れる緑のビン、リサイクル用の青いビン、その他のごみを入れる黒いビンです。 他は粗大ごみや電池などを廃棄するときはそのルールがあるので、下記のリンクからアクセスしてください。 https://www.toronto.ca/services-payments/recycling-organics-garbage/ 青いビンに入れるリサイクルのごみは気を付けなければなりません。 プラスチックはプラスチックでも黒いプラスチックはリサイクル不可のゴミになりますので、黒いビンに廃棄する必要があります。 そして、リサイクル可能なごみは黒いビニール袋にも入れられません。とにかく黒いビニールはリサイクル不可のごみになってしまうからです。 生ゴミを入れるビンは直接生ごみはいれられません。スーパーに生ゴミ専用のごみ袋があるので、その中に入れて捨てます。 この3つのビンは基本的に一軒家やアパートに住むときは同じです。 しかし、コンドミニアムに住む場合はその場所によってゴミの捨て方が異なるので、住むときに必ず確認しましょう。 捨てる場所が違ったり、捨てる日が違ったりしまうと不法投棄とみなされて罰金を払わなければいけない時があります。 また、捨てる前に必ず、これは修理すれば使えたり、リサイクルショップにあげることができます。 環境保護のためにもゴミについて考えてみてはいかがでしょうか?

    2020/10/04

ワーキング・ホリデー協会公式ブログとは?

日本ワーキング・ホリデー協会スタッフや、海外語学学校スタッフがワーキングホリデー(ワーホリ)や留学についての最新情報をブログでお伝えしています。これから海外に出てワーキングホリデー(ワーホリ)や留学を経験される方、また、帰国された方に絶対にタメになる情報があるはずです。ブログは毎日更新中!
ワーキングホリデー(ワーホリ)の最新情報をこのブログでゲットしてください!