【レ・ブルー】ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で〜フランス編〜【2018年ロシアワールドカップ】

こんにちは。

日本ワーキング・ホリデー協会のNoriです。

今日の夜中にあるポルトガル対スペイン一体どちらが勝つのか楽しみです。

 

今回は初めて日本がワールドカップに出場した98年ワールドカップの開催地、

FIFAランク7位のフランスについて紹介します!

 

France

 

=======

※用語を簡単に説明します。

・フォワード、トップ・・・ゴールを決めるのが仕事の人。前にいる人

・ミッドフィルダー・・・ゴールするためにパスをつなぐ人。真ん中にいる人

・ディフェンダー、バック・・・相手からのゴールを守る人。後ろにいる人

・ゴールキーパー・・・ゴールを阻止する人。唯一手が使える人

・フォーメーションについて・・・◯-◯-◯は各ポジションの人の数を表しています。

 

例えば3-5-2だったらディフェンダーが3人、ミッドフィルダーが5人、フォワードが2人という順番です。ゴールキーパーは1人しかいないので数えません。

ちなみに4-2-3-1と表示したら、ディフェンダーが4人、守備的なミッドフィルダー2人、攻撃的なミッドフィルダーが3人、フォワードが1人です。

=======

 

 

■〇〇系フランス人が多い多国籍軍

もともと移民が多いフランス。選手個人の国籍はフランスでも、両親の国籍が他国の方が多くいらっしゃいます。日本人選手で例えるならば、元日本代表のハーフナーマイク(お父さんがJリーグでも活躍したオランダ人ゴールキーパー ディド・ハーフナー)2016年オリンピック代表の鈴木武蔵選手(お父さんがジャマイカ人)なんかがそうですね。

 

フランスで有名選手といえば、アルジェリア系フランス人のジネディーヌ・ジダン、ガーナ系フランス人マルセロ・デサイーなどではないでしょうか。

簡単に言えば、世界各国にルーツを持つ選手が国の代表になっているという、ある意味最強なのではないかなと思います。

それだけで強いわけではありませんが、98年にはワールドカップで優勝、翌々年のユーロ2000でも優勝をしています。

 

 

■今が一番いい状態、98年以来の優勝が期待できる国

正直フランスが優勝するんじゃないかなと思っています。

すべてのポジションにスター選手が揃っており、穴が見当たりません。

強いて言えばはじめてのワールドカップを経験する人が多いといったところでしょうか。

2016年に行われたユーロでもポルトガルに敗北はしてしまいましたが、決勝まで進んでおり、ワールドカップ予選では文句なしのグループ1位で通過しています。

(今大会では強豪国として有名なオランダや過去優勝経験のあるイタリアがグループ敗退してしまうほどワールドカップ予選は世界的に見ても1,2を争うほどとても厳しい戦いです。)

 

98年以来の優勝がかかっているフランス、よっほどのことがなければ、ワールドカップグループリーグを1位で通過するでしょう。

監督は98年フランスワールドカップ優勝時のキャプテン ディディエ・デシャン。(私の中では味方の選手を叱咤激励して鼓舞する闘将、ザ キャプテンという印象です。)

選手でも優勝、監督でも優勝も可能するんじゃないかなと思います。

 

 

■今後フランス代表を引っ張っていきそうな選手

・キリアン・エムバペ選手

フランスのパリ・サンジェルマンに所属しているフォワードの選手です。

 

フランス代表や所属していたアーセナルでレジェンドと讃えられるティエリ・アンリ

私の好きな選手の一人です。ムバッペは「ティエリ・アンリの再来」と言われている選手です。

 

彼の印象はずばりスピードスターです。

とにかく足が早いです。ドリブルが上手いです。シュートは並です。嘘です。シュートも上手いです。三拍子揃っています。

ディフェンダーにマークされていても簡単にマークを外してしまいます。

 

体幹もしっかりしているので、そう簡単に倒されません。

昔のネイマールのようにファウルをもらいに行くような動きはあまり見たことがありません。

注:ネイマールをバカにしているわけではありません。

 

 

そして驚くのはまだ20歳ということ。末恐ろしい。

ちなみにプロデビューは16歳の時、高校一年生がプロなんていつぞやの森本 貴幸選手みたいですね。

 

今のままの成績を続けていければ間違いなくレジェンドとして語り継がれる選手になると思います。

 

 

・プレスネル・キンペンベ選手

上記のムバッペ同様、フランスのパリ・サンジェルマンに所属しているディフェンダーです。

 

名前が特徴ありすぎです笑 ただ名前負けしていません。

 

この選手の印象は、身体能力を全面に押し出したディフェンスをするです。

上半身の写真なので分かりづらいかもしれませんが、身長188cmあります。足が早く、とにかく相手に密着してボールを取りに行くので相手にとっては自由にプレーできないからイライラすること間違いないでしょう。

 

ついこの間まで行われていたチャンピオンズリーグでバルセロナと対戦した際には、

あの神の子リオネル・メッシ選手やウルグアイの噛みつき魔ルイス・スアレス選手を封じ込めていました。

 

往年のマルセロ・デサイー選手やリリアン・テュラム選手を思いだしました。

 

実は現在のフランス代表は優秀なディフェンスの選手が多くそろっています。

もしかしたら出場できる機会は少ないかもしれませんが、今後に期待できる選手の一人であることは間違いありません。

 

 

いかがだったでしょうか。

少しでもフランス代表について知っていただければ幸いです。

それでは!

 

 

<関連記事>

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で ポルトガル

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で ドイツ

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で アルゼンチン

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で ポーランド

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で スペイン

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で イングランド

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で デンマーク

ワーホリ協定各国代表を独断と偏見で オーストラリア


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : キリアン・ムバッペ, フランス, プレスネル・キンペンベ, レ・ブルー, ロシア, ワールドカップ

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。