ワーホリ・留学期間中のブランクって帰国後の就活に不利?!

日本ワーキングホリデー協会でキャリアサポートを担当しております、松村奈保子です。

 

東京オフィスで「休職ワーホリ体験談」「就活に活かすワークショップ」の開催をよくしております。

休職ワーホリ体験談では、社会人経験ある方が、仕事を辞めていくことに不安、悩んでいる方がお越しになります。

 

ワークショップは、語学以外にどんな経験をすると、就活に活かせるのか、体感できる内容ですっ

月に2回ずつ、各週で開催しているので、ぜひいらして下さいね。

 

『海外行きたいけど、ブランクが心配。企業はどううけとるのでしょう』

 

こういうご質問よく受けます。

 

女性ポイント

 

ポイント絞ってお答えしますねっ!

 

①一貫性ある海外経験を過ごす

帰ってきてからどんな仕事に就きたいですか?ご興味ありますか?
その仕事では、どんなスキルを求められますか?

 

まずは、帰ってからの自分を想像してみましょう!

例えばよく聞くこととしては、「日本に来ている外国人のサポートをしたい。」

 

外国人が多いホテルや宿泊施設で勤務するのか。観光ガイド、インフォメーションセンターで勤務するのか。

駅構内の案内、コンシェルジュをするのか。インバウンドの旅行関係で働くのか。

日本語学校で勤務するのか・・・

 

いろいろ出てきますね。

 

では、もしあなたが、その職場で人事にいるとしたら、どんな方を採用したいですか? どんな経験があると有利になると思いますか?

 

●海外で住んでいる街のレストラン・カフェ・公園・観光名所など写真を撮影し、スクラップブックを作成。

こんなことを求める方には、こういった過ごし方がおすすめなど半日プラン/1日プランを作る。

レストランやカフェの比較分析まとめる。

→観光ガイドや旅行会社で勤務する際に、つながる経験を海外でしたことでPRに繋がる

 

●外国からの留学生と、とことん仲良くなり、異文化とその国のカタコトの言葉を覚える。(まずはクラスメイトから)

→いろんな国籍の風習・考え方・文化・言葉を受け入れ、円滑なコミュニケーションとれることによって、社員が多国籍な職場や海外からのお客様がお越しになる職場で勤務する際に円滑な対応ができるPRに繋がる

 

このように、未来から逆算して考えると、まずは、1か月以内でどう過ごすか、何を目標に行動するかが明確に見えてきますね。

 

よく目標がわからないという声も聴きますが、

自分がどうなりたいのか、帰ってからの自分を想像することから

今すべきこと、これからどう経験を補っていけるか見えてきたりします

 

理想なことは、今、海外での経験、帰ってきてからをすべてひもでつなぎ、一貫性あるとなおよいでしょう。

「今**をしている中で、**が自分に足りないことに気づいてその経験を培いたいと思い、ワーキングホリデーに行くことを決意しました。
海外では、***を学びました。その経験を御社に****貢献していきます。」

点と点を線で繋げる。(ここに対しての逆説も年明けブログかきますね!)

 

 

②ブランクの理由、目的を明確にする

「一貫性ある海外経験を過ごす」

ここから繋がってきますね!

 

何をしていたのか、どうして海外にいくのか、そこを明確にして伝えることです。

ブランクは気になるので、企業が質問してくれます。それがチャンスです。ブランク期間にどんなことをしてのかPRしましょう。

 

パソコン 外国人 ビジネス

 

③仕事ない期間を短くする

短いほうが一般的に好ましいです。

 

だからこそ・・・

帰国してから就活をするのではなく、渡航前から準備することが大切です。

 

例えば、ワーキングホリデービザはお仕事できます。

国によりますが、学生ビザでもパートタイムジョブやインターンシップが含まれるものもあります。

その中で、極力一貫性ある仕事に携わることで、その経験が帰国後に活きてきます!

 

先ほどの事例であれば、接客関係の仕事、旅行関係の仕事をするなど関連つけた仕事経験をすることや、オフィスワーク経験がないが培いたいというケースもあります。

基本的には即戦力を求められるので経験者が優遇されますが、経験を買う意味で無給インターンシップをすることもありです。

 

どこの職場も猫の手も借りたい~・忙しい~といった際、採用までするスキルがなくても、雑用的なことからになるかもしれませんが、無給であれば可能性が広がります。

 

まずは経験をしたいということで、無給で入ったとしてもその働きっぷりが評価された際は、PAID=有給での雇用に転換されるケースもあれば、リファレンスレター=推薦状/証明書をくれる企業もあります。(要請するとたいてい作成してくれます。)

 

その経験と書類が、次の仕事探しに活用できるのです!

どんなこともまずは経験から!!

積極的に挑戦していきましょう!!

 

次回ののブログでは、帰国後の就活のために渡航前に応募書類を整えておくことの必要性や意味をお伝えしていきますねっ

 

青空とオフィスビル

 

★★★おすすめセミナー★★★

海外経験をちゃんと活かす!キャリコンワークショップ

日時

2019年1月16日(水)14:00〜

2019年1月30日(水)14:00〜

場所

日本ワーキング・ホリデー協会 東京オフィス

内容

人材紹介会社とキャリアコンサルタントに直接お仕事相談が出来る、渡航前・帰国後の方どなたでもご参加いただける懇談会になっております。

ご参加いただいた方の質疑応答を主に対応させて頂きます。

 

渡航前の方には、具体的な語学以外に必要な経験やスキルの気づきが有ります。

よりよいワーキングホリデー、留学をするには、どういう事に意識して過ごすといいのか、やりたい事や目的が決まっていない方も是非ご参加下さい。

 

帰国後の方には、海外経験を生かした就職活動のお手伝い、キャリアの棚卸、就職サポートを致します。PR出来る経験を引き出していきます!

 

セミナーの詳細やご予約はこちらから♪

 

私、松村奈保子の担当するセミナーはこちらからご覧いただけます♪♪


カテゴリ : 渡航までの準備 コメント : 0件
タグ : カウンセラー:松村 奈保子, キャリア, キャリアサポート, キャリアップ, ブランク, 一貫性, 企業, 休職, 就活, 就職活動, 帰国後, 採用, 海外経験, 海外経験を活かす, 面接

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。