Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03

近づいたEU離脱 / 今イギリスで何が起きているのか [ゼロから一緒に知るイギリスのEU離脱: 11]

明けましておめでとうございます!

ロンドンから定期的にイギリスのEU離脱について記事を更新している杉 浩毅です。

最近、日本にいる母からもイギリスのEU離脱について聞かれるようになりました。

いよいよ、日本でも報道が本格的になって来たのかな、と感じています。

ーーー

2019年に入り、イギリスのEU離脱まで4ヶ月を切りました。

今回の記事では、こんなことを見ていきます。

  • ブレクジットとは
  • 585ページの提案書
  • 1月の国内投票

 

Screen Shot 2019-01-07 at 16.08.45

ーーー

ブレクジットとは

最近の具体的なニュースに入る前に、簡単におさらいをしましょう。

まずブレクジットとはイギリスのEU離脱全体を表す言葉として使われています。

このブレクジットはいつ起きるのか: 2019年の3月29日午後11時(イギリス時間)に起こります。

これは、2016年にあった選挙で決定しました。

 

2016年の選挙以降、政府はイギリスがEUを抜けることを前提に動いています。

そして上記の日程まで4ヶ月を迫った今、決定されていてから議論されて来た「イギリスがEUをどのように抜けるのか」を巡って、大きな動きが起こっています。

 

Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03

これまでの関連記事:
1. Brexitって何?
2. Brexitはいつ起きる?

ーーー

585ページの提案書(585 withdrawal)

「イギリスはEUからどう抜けるか」

前述の通り2016年の選挙以降、イギリス国内ではこのことについて盛んに話されてきました。

2019年3月という施行日が迫る中発表した、EU離脱の全ての内容を詰め込んだ提案書が、585 withdwaralです。

イギリスの提案するEU離脱の全てが詰め込まれているこの提案書、この中でも特に下記の3つが注目を集めました。

  • イギリスがEU離脱の為に連合へ支払う金額
  • イギリスに住むEUの国民と、EUに住むイギリス国民のこれから
  • アイルランドにある国境

現在、この提案書の内容は既にイギリス以外のヨーロッパ27カ国から合意を得ています。

そして場面は次の段階 – イギリス国内の政府から合意を得ることになっています。

 

Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03
これまでの関連記事:
8. アイルランドとBrexit
10. UKとEUが合意した3つのポイント

ーーー

1月の国内投票

さぁ、前章の提案書がEU各国から合意を得たことにより、今度はイギリス国内で投票が行われます。

この投票が行われるのは、1月15日の火曜日

可決すれば、585ページの提案書の内容がEU離脱の内容となり、正式に法律に組み込まれます

3月29日にイギリスはEUから離脱し、提案内容の実現に向かいます。

しかし3月29日に全てを変えては確実に多くの混乱を招くため、2020年末まで、約1年9ヶ月は移行期間が準備されています

 

可決しない場合、いくつかの可能性が出てきます。

その中の一つは、No deal (合意なし)での離脱

例え提案書の合意がなくても、3月29日のEU離脱は強行される可能性が高いです。

最悪の場合、上記の移行期間が無くなり、3月29日一日で、全てのルールが変更になる可能性すらもあります。

ーーー

今回の記事は下記の記事を参考にしました。

 

Screen Shot 2019-01-07 at 16.09.43
Brexit: Your simple guide to the UK leaving the EU [BBC]

 

Screen Shot 2019-01-07 at 16.09.29
Brexit: Date for vote on Theresa May’s deal confirmed [BBC]

 

Screen Shot 2019-01-07 at 16.09.18
Brexit vote: The ultimate guide [Sky news]

 

イギリスのEU離脱まで4ヶ月を切りました。

未だ、離脱の完全な内容は決定されていません。

 

イギリスは提案書をきちんと合意し、円満にEUから離脱できるのか。

若しくは、合意なしの強行離脱を強いられるのか。

かなり低いですが、施行日の延長、離脱の取りやめすらも可能性としては残されています。

 

イギリス、ヨーロッパの歴史の中でも重要な出来事: まずは来週火曜日の選挙で、その方向がまた大きく動くことになります。

===

IMG_2584
iTunes / Spotify / WEB

 

ロンドンから毎週末にポッドキャストを配信しています。

先週末のゲストは、現在ワーキングホリデーで日本食品の営業をしている友人に話しを聞きました。

会話の中ではブレクジットでの貿易の変化が強く影響する彼の仕事についても聞いています。

他にも英語の話やロンドンの生活についても多く聞いているので、ワーキングホリデーを考えている人は是非聞いてみてください。

それでは2019年も健康に、お互い精進しましょう。

( 文 : 杉 浩毅 )

===

・この連載の記事はこちらでまとめて読むことができます。

・ロンドンにいる日本人の人との会話をポッドキャストで配信しています。

・個人のブログでロンドンでの日常を更新しています。
dig yourself ▷ in London.

・感想や意見、質問をメールで受け付けています。
hirokisugilondon@gmail.com


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : Brexit, digyourselfinlondon, EU離脱, HirokiSugi, イギリス, ニュース, ブレクジット, ポッドキャスト, ロンドン, 杉 浩毅, 海外生活, 英語, 音楽

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。