Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03

アイルランドとBrexit [ゼロから一緒に知るイギリスのEU離脱: 8]

こんにちは。

ロンドンから定期的にイギリスのEU離脱について書いている杉です。

今週にBrexitを巡る重要なEU サミットが近づいてくる中、今回は”Brexitとアイルランド”についてお話します。

===

イギリスの正式名称

本題に入る前に、イギリス: UK(The United Kingdom)の正式名称を改めて見てみましょう。

 

The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland: グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

 

これがイギリスの正式名称です。

英語にも日本語にも、バッチリNorthern Ireland: 北アイルランドが入っていますね。

ーーー

それでは、次に地図でイギリスを見てみましょう。

 

Screen Shot 2018-10-15 at 19.25.02
Uk and Ireland(Mapsof.net)

 

ピンクの部分がイギリス、緑の部分がアイルランドです。

アイルランドの右上のピンクの部分が北アイルランド、つまりイギリスの一部です。

ちなみに、アイルランドの首都ダブリンは緑のアイルランドの中にあります。

===

EUから離脱するのはイギリスのみ

さて、ここからが本題です。

今回、EUから離脱するのはイギリスのみです。

アイルランド(Republic of Ireland: アイルランド共和国)もEU連合に加盟している一つの国であり、今回のことでEUから離脱する道理は勿論ありません。

EUから離脱すると決めたのはイギリスなんだから。勝手にしてよ。

 

しかし上記の通り、北アイルランドはイギリスの一部です。

つまり北アイルランドはイギリスと一緒に、EUから離脱することになります。

ところが、アイルランドと北アイルランドの間(緑とピンクの間)には、物理的なボーダーがありません。

ーーー

貿易について

以前シングルマーケットの記事で書いた通り、EUの中では関税は起きません。

例えばドイツで作られた商品がアイルランドに渡る場合、EU間の移動になるため関税は発生しません。

すると、アイルランド本土から国境の無い北アイルランドへの物の移動、さらにそこから同じ国であるイギリス本土に物が渡ることが可能になってしまいます。

 

その逆も然り。

EUはEU内の貿易の質を守りたい –

しかし例えば、アジアからイギリスに物が渡り、上と逆のルートで物流があった場合、EUの関税やチェックを通らない物品がEU内に入ってくることになります。

===

ここで、イギリスのEU離脱後のアイルランドのあり方に、いくつかの可能性が出て来ます。

 

イギリスとEUは北アイルランドをEUと同じルールで貿易ができることを提案しますが –

これはアイルランドに反対されます。

じゃあここで予防策としてイギリス全土をシングルマーケットに維持する –

しかしこれはBrexit強行派(ハードブレクジッター)に反対されます。

 

それぞれの言い分の間から、アイルランドのあり方がどうなるのか –

イギリスのEU離脱がそこまで迫ってきた現在でも、誰にも想像することができません。

 

そして今週にはついに、Brexitの重要な部分を決めるEUサミットがあります。
(前回の記事を参照)

 

今この瞬間にはイギリスにもEUにもアイルランドにも、誰にも確実なことが言えません。

どんな方向にせよ、今週のEUサミットで大きな動きがあるはずです。

===

ロンドンでの生活

好きだったイギリスのバンドのコンサートに行ったり、村上春樹さんの著作の記念イベントに行ったり –

自転車に乗って街の中の色々なところに足を運んでいます。

個人のブログで生活について書いているので是非覗いて行ってください。

 

また、ポッドキャストを更新しています。

 

IMG_2053

iTunes / SpotifyGoogle PodcastsCastboxOvercastその他

 

今回は話題のアイルランド: ダブリンに住むろくでなし子さんとのエピソードです。

4年前の逮捕をきっかけに国際結婚し、ダブリンに渡ったろくでなし子さんに話を聞いています。

( 文 : 杉 浩毅 )

===

・この連載の記事はこちらでまとめて読むことができます。

・ロンドンにいる日本人の人との会話をポッドキャストで配信しています。

・個人のブログでロンドンでの日常を更新しています。
dig yourself ▷ in London.

・感想や意見、質問をメールで受け付けています。
hirokisugilondon@gmail.com

この記事の内容は 2018年10月17日 (水) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : dig yourself ▷ in London. コメント : 0件
タグ : Brexit, digyourselfinlondon, EU離脱, HirokiSugi, イギリス, ニュース, ブレクジット, ポッドキャスト, ロンドン, 杉 浩毅, 海外生活, 英語, 音楽

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。