ワーホリ中に一度は訪れたいおすすめ観光地(スペイン編)

こんにちは。

日本ワーキング・ホリデー協会のNoriです。

 

2017年4月5日に日本とスペインのワーキングホリデー協定を結ぶと発表がありました!

情報元:日・スペイン・ワーキング・ホリデー協定の署名

 

今年の2月にハンガリーとワーキング・ホリデー協定を結んだばかりでしたが、これからだんだんとワーキング・ホリデー協定国が増えていく予感がしますね!

 

ビザ申請について詳しい内容などは、まだ発表されていませんが、これから楽しみですね。新しい情報が入り次第、更新していくのでよろしくお願いします!

他のワーキングホリデー協定国オススメ観光地を、ここからチェックできます!

 

 

漢字で書くと「西班牙」と書くスペイン、正式名称は「スペイン王国」と言われ、立憲君主制国家の国です。スペインの事をスペイン語では「エスパーニャ」と呼ばれていた事から、昔の日本では「イスパニア」と呼んでいました。母国語はスペイン語です。

 

日差しが強く、乾燥しやすい気候のスペインでは柑橘系、オレンジが有名です。スペインは日本とは食事を取る時間が異なり、1日5回食事を取る事で有名です。シエスタと呼ばれるお昼寝もよく耳にしますね。西にはポルトガル、北にはフランスと既にワーキング・ホリデー協定国となっている2カ国の間にあるので、比較的移動は簡単ですね。

 

スペインと言えば、多くの方が連想するのがサッカーだと思われます。「リーガ・エス パニョーラ」と呼ばれるスペインリーグ、世界最高峰と呼ばれていたりします。また、日本ではスペイン代表の事を「無敵艦隊」呼んでおり、実際は強いチームなのに優勝はできないと皮肉を言われていましたが、2010年ワールドカップでついに優勝を果たしました。私はチームカラーにちなんだ愛称である「ラ・ロハ」と呼んでいます。個人的に思い入れがある選手は、レアル・マドリードに所属していたFWラウール・ゴンザレスです。右利きなのに左足でのシュートが得意であり、指輪にキスをするゴールパフォーマンスが印象的でした。スペインサッカーを代表する選手だったと思います。

 

ではおすすめ観光地に戻ろうと思います。

 

 

まず最初に紹介するのは、バルセロナにある「サグラダ・ファミリア」です。

 

sagrada-familia-1204868

 

1882年に建設が開始されましたが、未だ完成まで至っていない教会です。当時は無名でしたが、現在では建築家として有名なアントニ・ガウディの未完作品となります。スペインで最も有名な観光スポットであり、2005年には世界遺産に登録されました。教会という事もあり、財源はすべて個人の寄付や観光収入によって建設されています。完成まで300年かかると言われていましたが、現在は技術の発展により、予定では、2026年に完成予定となっています。ぜひ完成前、完成後に訪れてみたい観光地です。

ちなみにスラムダンクで有名な井上雄彦さんの文字が、サグラダファミリアの扉の一部に刻まれているそうです。

 

 

次に紹介するのは、バルセロナにある「サン・パウ病院」です。

 

IMAG0004.JPG

IMAG0004.JPG

 

華やかな装飾や、直線ではなく曲線を多く使用された、モデルニスモと言われるスペインを代表する建築様式を用いている病院です。バルセロナ市内にあった6つの病院を統合して設立されました。患者や家族の心も癒す事を目的とされた病院であり、新鮮な空気や日の光を取り入れられる様に、賽の目で構成されている街とは45°ずれて建設され、サグラダ・ファミリアから一直線の道で繋がっています。

 

2009年に建物の老朽化に伴い閉鎖となりましたが、現在は世界で数少ない病院の世界遺産として登録されました。世界遺産になったことで、修復作業も行われ、現在は観光名所として有名になっています。通常チケットを購入して内部見学をするのですが、日によっては無料で見学できる日もあるそうです。ちなみに設計者はアントニ・ガウディの先生であるリュイス・ドメネク・ムンタネーです。

 

 

最後にご紹介するのは、マドリードにある「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」です。

 

real-madrid-1911354_960_720

 

数々の歴史的なサッカーの試合が行われてきた有名なスタジアムです。また、レアル・マドリードのホームスタジアムでもあります。元々は、エスタディオ・マルティンという名前でしたが、スペイン内戦の際に崩壊しました。新たに建てられたスタジアムの名前は「ヌエボ・エスタディオ・チャマルティン」でした。この時レアル・マドリードの会長名がサンティアゴ・ベルナベウであり、彼がレアル・マドリードの黄金期を築きあげ、その功績から、スタジアム名を「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」と改名して今に至ります。

 

収容人数は当初27,645人でしたが、現在では81,044人収容する事ができ、UEFA(欧州サッカー連盟)が認める5つ星スタジアムの一つです。サッカーにあまり詳しくない人でもその熱狂をみたら興奮する事間違いありません。一度は行きたいスタジアムの一つです。

 

 

いかがだったでしょうか。少しでもスペインについて知っていただければ幸いです。

 

それでは!


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : カンプ・ノウ, サグラダ・ファミリア, サン・パウ病院, スペイン, バルセロナ, ワーキングホリデー, ワーホリノススメ, ワーホリ協定国を知る!, 国選び, 海外生活, 観光地

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。