【フランスワーホリ体験談】フランスの物価は高い?

皆さまこんにちは!

TOKYOよりAMYです(*’ω’*)

今回は私がフランスの滞在中に何よりも驚いた、
フランスの物価事情やフランスワーホリの生活コストに関してお話しします。

 

 

【渡航準備から為替レートのチェックを!】

 

 

 

私が渡航をした時は、
1ユーロ:約110円!
今は 1ユーロ:約130円!

 

【例】

例えば500MLの水が2ユーロの場合…

当時:2ユーロ×約110円=約220円
現在:2ユーロ×約130円=約260円

==========================
【差額】60円
小さい金額なのでわずかに感じるかもしれませんが、
これが日々の生活コストなどに反映されるとなると…
最終的に大きな差になることはイメージがつけられると思います。

 

実際にレートによって万単位の金額が変わります。

 

その当時でさえ物価が高いと感じたので今は当時と比較すると、

もっと日本円が必要=円安ですね。

 

【円高】円の価値が高い=分かりやすく言うと、円を用意するのが少なくすむ

【円安】円の価値が低い=分かりやすく言うと、円を用意するのが多くなる

 

とはいえ、ここ数年の中では現在は【円高】傾向にあるので、
今、このタイミングでお早目の手続きがお勧めです♪

 

 

【フランスに渡航をしてみたら…】

 

 

 

★1か月の生活コストの目安(PARIS)★

 

・食費   €200~300 (外食は抜く)
・交通費  €68.5~75.2 (定期)
・通信費  €16~60   
・家賃   €400(郊外)~1000(市内)
・交際費  €200~
・その他  €100~ (消耗品・医療費・美容品…など)
=======================
TOTAL: €984.5~1735.2(約13万円~23万円)

※あくまで生活コストは目安です

 

節約を頑張らないと、思ったよりもコストがかかった…

というのが本音です(´・ω・`)

 

ワーホリではお仕事が決まるまで、
平均3か月~6か月かかるケースが多いです。

 

お金がないから、友人との集まりに行けない…

お金がないから、旅行に行けない…

 

これではせっかく大好きなフランスにいるのにもったいない!

そのため、予算をしっかり組んで渡航をすることが大切と痛感しました。

 

 

【実際にフランスで高いと感じたもの】

 

 

 

カフェ ガム チョコレート カクテルのお酒 外食 宿泊費
筆記用具、服飾品 …など

 

 

Cafeでコーヒーを飲む際には場所によって金額が変わるので、
節約をしたい方はカウンターなどで飲まれるのをお勧めいたします♪

 

その他 贅沢品や、嗜好品はやはり高いですね。

 

個人的にはチューイングガムの金額が€3~とやたら高く、
購入を我慢していた記憶がとても残っています笑

 

筆記用具やファストファッションの服飾品は
質があまりよくないけれども、日本よりも金額が高いという事が多いです。

 

特に服飾品に関しては年に2回、SOLDE(ソルド/セール)があるので、
その時を狙って良いものをゲットしましょう(*’ω’*)

 

MANGO ZARA UNIQROなどもあります♪

 

 

【実際にフランスで安いと感じたもの】

 

 

 

交通費、映画代金、観劇代金、パン…など

 

 

流石、芸術大国のフランスです✨
特に美術館は、毎月第1週の日曜日の入場が無料になるなどの特権があります(*’ω’*)

(かのルーヴル美術館も!)

 

 

良く、学割や早割を利用して旅行に行ったり、
バレエやオペラや美術館、映画を観に行ったりとても充実していました♪

 

フランスの芸術文化に興味がある方とってはとても嬉しいポイントです。

毎日食べるパンは、本当においしい!!

 

焼きたてのクロワッサンやパン・オー・ショコラなど日本だと200~300円
するのが1ユーロ以下で購入できます!

是非ご賞味くださいね♪

 

 

【節約のポイント】

 

 

 

・なるべく自炊をする!安くておいしいものを探す!

…外食が高いです‥ファストフードも日本より高価になるので、
そのためにお金を使うのであれば、安くておいしいBistroを開拓したり、
珍しい食材をMarchéで買ってみて新しい料理にチャレンジする…

そう考えると楽しくなってきませんか?(*’ω’*)

 

・服飾品、贅沢品は現地でしか入手できないものを購入する!など線引きをする

…無駄遣いはしないということですね!

 

 

 

【節約してはいけないこと】

 

 

・交際費

…お金がないから交友ができない…これでは大きく渡航の価値を損ないます。
帰国後に宝と感じるのはやはり人間関係なので、なるべく誘われたら参加する!
が鉄則です。

 

・学費

…フランス語の習得は日本人にとって決して簡単なことではありませんし、

付け焼刃のフランス語は通用しません。

何をするにも言葉は必要になるので、

ここは自己投資として妥協をしてはいけないポイントです。

 

・海外保険代金

…海外保険は金額ではなく【補償内容】で選ぶことが大切です。
何が起こるかわからないのでご自身を守るためにしっかりと加入をしましょう!
しっかり予算管理をして充実した渡航をしましょう(*’ω’*)

 

A bien tot! AMY


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : カウンセラー:AMY KOMAGINE, フランス, ワーキングホリデー, ワーホリ, ワーホリ協定国を知る!, 海外生活

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。