Screen Shot 2018-05-29 at 18.46.04

[英語でニュース] Ireland’s abortion referendum result in five charts [アイルランド / 選挙]

25日金曜日、アイルランドで人工妊娠中絶合法化への法律改正を巡る投票がありました。


Screen Shot 2018-05-29 at 18.46.04
Ireland’s abortion referendum result in five charts [THE IRISH TIMES]

 

投票の結果、66.4% : 約2/3の人が”Yes”に投票し、アイルランドは人工中絶の合法化に向けて進むことになります。

ーーー

1983年に決定した人工妊娠中絶の違法化

1983年に行われた投票により、アイルランドでは人工中絶が禁止されています。

この中にはレイプや近親相姦、母体に危険がある場合も含まれ、原則、妊娠すると中絶することができません。

この法律は「新しい命にも平等の権利を与える」という思想のもとにあり、キリスト教の力が強い国には稀に見られます。

しかし投票が行われたのは35年も前で、現在54歳以下の人はこの投票には関わっていません。

※今回の投票でも、65歳以上の投票のみは”No”が過半数になっています。

 

Screen Shot 2018-05-29 at 17.23.48

 

現在、アイルランド国外での人工中絶は認められています。

その為、毎年数千人の女性が人工中絶の為にイギリスへ渡航しています。

ーーー

 

2012年 : Savita Halappanavarさんの死

Screen Shot 2018-05-29 at 18.32.19

 

この記事を巡って、この女性の写真を見る機会が多くあります。

彼女の名前はSavita Halappanavar

2012年、妊娠17週間だったSavitaさんは異常な背中の痛みを訴え、病院に駆け込みます。

Savitaさんはウイルスに感染している可能性を訴え、人工中絶を訴えるも、病院は感染を確認できず、人工中絶も拒否されました。

その後、ウイルスに感染していたことが分かり胎児は死亡、Savitaも死別してしまいます。

これを受け、2013年からアイルランドでは「母体に死の危険がある場合のみ」人工中絶が認められるようになりました。

この”母体の死の危険”には、自殺も含みます。

 

 

ーーー

投票の行方

今回の投票の為、国外にいるアイルランド人の女性が世界中からアイルランドに帰国しました。

SNSでは#HomeToVote(投票の為に帰ろう)というハッシュタグがホットトピックに上がります。

日本から帰国した、アイルランド人女性も記事の中に書かれていました。

 

Screen Shot 2018-05-29 at 17.24.02

 

冒頭の通り、選挙の結果は2/3が法の改正に賛同。

アイルランドは、年内に人工中絶の合法化を実現できるよう動き出します。

この合法化には「妊娠12週間以内の全ての妊婦、12週間異常は母体に危険があるのみ」という条件が付いています。

 

 

===

僕は、人工中絶が簡単に選択されるオプションになることには否定的です。

その上で、前述のようなレイプのような形で妊娠してしまった / 妊娠している女性に危険がある場合は選択の権利があるべきだと考えます。

僕に選挙権があったら、やはり”Yes”に投票していました。

 

また、今回のことでは性教育についても考えさせられます。

イギリスにいる人たちと話していて、僕は自分の性の知識の少なさについて気付かされることがあります。

女性の生理についてであったり、避妊の方法であったり。

人工中絶の対象はレイプや母体に危険がある場合のみでなく、もちろん、不用意なセックスによって起こる望まれない妊娠にも及びます。

新しい命を大人の都合で絶たせる事がないように、未成年や若い世代への適切な性教育の大切さを、改めて考えさせられます。

( 文 : 杉 浩毅 )

[今回参考にしたニュース記事]

 

Screen Shot 2018-05-29 at 18.30.02
Ireland votes by landslide to legalise abortion [The Guardian]

 

Screen Shot 2018-05-29 at 18.31.19
Irish abortion referendum: The people travelling #HomeToVote [BBC]

 

Screen Shot 2018-05-29 at 18.31.36
Ireland abortion referendum: What is the law? [BBC] 

 

Screen Shot 2018-05-29 at 17.25.19
‘Remember Savita': father’s plea for voters to end Ireland’s abortion ban [The Guardian]

 

===

Screen Shot 2018-05-27 at 8.09.17
BGM : ALT / Day Dreamin

 

ここ数日、頭の中にあるメロディーの曲名が思い出せずにもんもんとしていました。

ふと思い出した曲はALTというバンドの曲で、それ以来、このアルバムばかりリピートして聞いています。

「難しく考えるのは簡単で」

「初期衝動に忠実に、鳥肌を信頼して」

「今は何もなくなったあの方向から歩いて来たんだっけな」

久しぶりに聞くALTの曲は、一曲の中だけでも何回も歌詞に「ハッ」とさせられます。

===

この連載の記事はこちらからまとめて読むことができます。

ライブドアのブログでもロンドンでの生活を毎日更新しています。是非遊びにきてください。
dig yourself ▷ in London.

ブログの中で答えて欲しい質問も募集しています。
現地で生活している僕に聞きたいことを、こちら(hirokisugilondon@gmail.com)にメールください。

この記事の内容は 2018年05月30日 (水) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : dig yourself ▷ in London. コメント : 0件
タグ : digyourselfinlondon, HirokiSugi, YMS, アイルランド, イギリス, ニュース, ロンドン, ワーキングホリデー, ワーホリ, 人工妊娠中絶, 投票, 海外生活, 現地情報, 選挙, 音楽

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。