Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03

イギリスの4つの選択肢 [ゼロから一緒に知るイギリスのEU離脱: 6]

こんにちは!

イギリスから記事を書いている杉です。

前回、前々回とBrexit以外のニュースを挟んで、久しぶりにBrexitの話に戻ります。

 

Screen Shot 2018-09-17 at 18.39.29
At-a-glance: The UK’s four Brexit options [BBC]

 

「Brexitの最終プランが決まる」と言われているEUサミットまであと約1ヶ月 –

今回は、BBCの記事「Brexitへの、イギリスに対する4つのオプションについて」です。

Brexitって何?という方は、これまでの記事を読んでみてください。

===

記事の中にある、イギリスが持つ4つの選択肢とは下の4つです。

・Leave with a deal
・Leave without a deal
・Stay in the EU
・Hold another referendum

一つ一つ見ていきます。

ーーー

Leave with a deal [メリットを残してEU離脱]

これは現在の首相・テレサメイが最も有効だと言っているプランです。

EUから脱却することでイギリスが国内の法律、お金、国境についての決定権を持ちます。

また、EUの他の国からの畜産物の貿易や、イギリスで働きたい技術職の人たちの受け入れを保った上で、イギリスがEU離脱をする – というプランです。

 

しかしこのプラン、イギリス国内では「現実的でない」と見なされていて、EUも合意しないと考えられています。

 

イギリスとEUどちらも、できるだけ利益をできるだけ失わずにBrexitを終わらせたいことは発表しています。

このプランが現実的でなかったとして、他にどのようなプランがテーブルに上がってくるのでしょうか。

ーーー

Leave without a deal [独立した国としてEU離脱]

イギリスが一つの国として、”本当の意味でのEU離脱”を果たします。

イギリスは公式に一つの国に戻り、ヨーロッパの他国との貿易には関税が生じます。

また、他国からの労働もビザが求められることでしょう。

以前の記事でも触れた“ハードブレクジット”がこれに当たります。

 

これに対する反対意見はイギリスが被る大きな損害について –

例えば関税による食料品の価格高騰や、貿易の遅れで生じる店舗の在庫切れに、ブレクジット後のイギリス国内がカオスになると懸念しています。

ーーー

Stay in the EU [EUに残り続ける]

Brexitを起こさず、イギリスはEUに残り続ける – というオプションです。

しかし、イギリスは既に「2019年3月29日23時までにEUを離脱する」と公表しています。

ギリギリのこのタイミングでこれをひっくり返すには、イギリス政府の人員の入れ替えが要求されます。

その為には通常通り選挙を行い、首相も交代を余儀なくされます。

 

また、一度EUを離脱してまたすぐにEUに戻るという可能性も考えられます。

ただしその場合には、EU加盟国全ての了解を得る必要があります。

ーーー

Hold another referendum [再選挙を行う]

「もう一度選挙を起こせばこの結果はひっくり返るはずだ」

これは2016年の選挙以降、イギリス国内でずっと言われていることです。

しかし、このタイミングで再選挙することをイギリス政府は –  [rule out / 不可能、もしくは起こり得ないこと] と言っています。

ーーー

先述した通り、1ヶ月後に開催される10月18日、19日に次回のEUサミット –

このサミットの中で、どのようなBrexitが行われるか最終的な判断が下されると言われています。

果たして、上記のような選択肢の中、最終的にどのプランが選ばれるのでしょうか。

 

繰り返しますが、今のうちにBrexitの概要をおさらいしたい人は、是非以前の記事を読み返してみてください。

 

Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03
ゼロから一緒に知るBrexit

 

次回はまた10日後くらいに更新予定です。

===

ロンドンでの活動

前回アナウンスしたポッドキャストの続編を載せました。

日本では劇団四季でパーカッションを叩いていたLeoさんに、ロンドンでの活動や、パリでの生活について聞いています。

Screen Shot 2018-09-17 at 19.16.10
(iTunes) (Spotify) (それ以外)

次回は日本での会社員経験を経てイギリスに語学留学、ロンドンの大学に進学し、現在ファッションスタイリストとして活動するNaoiさんとのエピソードを更新予定です。

お楽しみに。

 

あと、久しぶりに部屋で録音したギターの音をアップしました。

 

 

それくらいですね。うん。

それでは、また10日後に!

Have a wonderful week!

( 文 : 杉 浩毅 )

===

・この連載の記事はこちらでまとめて読むことができます。

・ロンドンにいる日本人の人との会話をポッドキャストで配信しています。

・個人のブログでロンドンでの日常を更新しています。
dig yourself ▷ in London.

・感想や意見、質問をメールで受け付けています。
hirokisugilondon@gmail.com

この記事の内容は 2018年09月18日 (火) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : dig yourself ▷ in London. コメント : 0件
タグ : Brexit, digyourselfinlondon, EU離脱, HirokiSugi, イギリス, ニュース, ブレクジット, ポッドキャスト, ロンドン, 杉 浩毅, 海外生活, 英語, 音楽

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。