洋楽で伸ばせるのはリスニングだけじゃない!-歌詞で覗く英語の世界②-

こんにちは!東京Hirokiです!
2017年も昨日から2月に入りました!早いですねー。
ついこの間お正月を祝ったばかりなのに明日はもう節分です。
時の速さが冬の感傷的な気分を助長しますね。

さて、先週の洋楽での勉強法についての記事の中で、大きく二つのことについてお話ししました。

「洋楽でできる勉強は聞くだけじゃない」

「伸びるのはリスニングだけじゃない」

じゃあ具体的にどんな勉強法でどんな能力が伸びるの?ということについて今日は書いていきます。

はい、ここからは私が自分なりの方法で勉強した方法を書いていきます。
実践したのは下記のとおり。

①繰り返しその曲を聴く⇒Listening(というよりもInitializing)

②歌詞をきちんと見て理解する⇒Grammar,Reading, Vocaburaly

③ディクテーション(書き落とし)⇒ここでListening

(④歌う⇒Pronunciation)

ザクッと書くとこんな感じです。

まず①では繰り返し同じ曲を聴くことで耳を慣らしていきます。
洋楽を聞いてリスニングを・・・という話もよくありますが、個人的にここでは耳を慣らす意味合いの方が強いと思います。
単語まで完全に聞き取れなくても、歌われている単語をなんとなく予想したり、発音されている音を覚えることを目指してみてください。

次の②が一番大切!
歌詞を見ながら一文一文きちんと意味を理解していきます。
ここでは焦らずに時間を掛けて、きちんと文章を読み解くことを意識してみてください。
英語を習い始めた人にとって英語を読んで理解することは決して簡単ではありません。
単語、文法、言い回し。
時間を書けて文章に向き合うと、一つの文章から読み取れることは予想以上に沢山あります。

③文章が聞き取れるようになったら、今度は音楽を聴きながらノートに歌詞を書き留めていきます。
一度きちんと読んでいるので思ったよりも聞き取れるはずです。
分からなくても一時停止はせず、何度も繰り返し再生して聞き取れた単語を書き足していってください。

最後④はおまけです。
③までをきちんとやれば曲を聴きながら歌う時もただ音を真似るだけでなく、歌われている単語を意識することができるはずです。
「この単語ってこうやって発音するんだ」や、単語の繋がりなど、色んな事に気付けるはずです。

以上が私が実践していた音楽を使った勉強法です。
どうですか?こんなにしっかりやったら一日二日じゃ終わらないでしょう?
大切なのは焦らずに一つ一つ理解していくこと。
そうすれば、ただ聞くよりも多くのことを必ず得ることができます。

次回からは、実際に曲を使って一緒に歌詞を読み解いていきます!
曲はCopelandのBrightest。

完っ全に私の趣味です!

参加される方は、①の繰り返し聞くことを毎日実践してください。
できれば通勤、通学の時間を利用して一日二度!

来週からはその歌詞を一つ一つ読み解いていきます。
それでは来週をお楽しみに!


カテゴリ : 渡航までの準備 コメント : 0件
タグ : HirokiSugi, 歌詞で覗く英語の世界, 洋楽で英語の勉強

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。