【フランス語の魅力♪】基礎・基本まとめ~Part①~

みなさまこんにちは(*’ω’*) TOKYO AMYです♪

 

本日は、フランス語の成り立ち、魅力を皆さまにお伝えいたします♪

 

フランス語ですと大学から第2言語で専攻してみたけれども、難しくて断念・・・という話をよくお伺いをします。一般的には英語よりも難しい言語とは言われておりますが、習得すると2億人以上の人と話しができるようになるのです。

 

規則的で、無駄を省き、歌うように話すとっても美しいフランス語!私も大好きです(*’ω’*)

 

そんなフランス語の魅力をお伝えさせていただきます♪

 

 

★フランス語の地位

フランス語の歴史はとても長く、17~19世紀ごろには多くの特にヨーロッパ圏での国間の外交はフランス語で行われておりました。1919年にフランスのかの有名なヴェルサイユで第一次世界大戦の平和条約が締結されましたが、このときに初めて国際的な言語として英語が認められたので、その歴史はフランス語とでは歴然たる差があります。

 

現在では、29の国と地域で公用語として用いられておりますが、多くの世界的機関でもフランス語が公用語として認められています。

 

例えば、間近に迫っているリオのオリンピック!これを管轄している国際オリンピック委員会もフランス語が公用語ですね。滝川クリステルさんがフランス語で日本の招致プレゼンをしていたのも記憶に新しいかと思いますが、これは公用語がフランス語であることが理由となります。

 

それ以外にも…国連 経済協力開発機構(OECD) 世界貿易機関(WTO) 国際司法裁判所 インターポール(!)などもフランス語を採用しているのはご存知でしょうか?(^^)

 

 

★フランス語の特徴

 

【1】鼻母音 voyelles nasales ~ヴォワイエル ナサル~

フランス語の母音は16個!

 

大変なのが、口の形をそのまま音にすればいいというわけではなく、言語学の観点からいうと、発音できない音は聞き取れないがセオリーなので、言語学の観点からいうと、発音できない音は聞き取れないがセオリーなので、最初に飛ばさずにしっかり定着させるのが、なんちゃってフランス語にならないコツです。

 

さらに、≪鼻母音(びぼいん)≫というのは日本語にない発音なのですが、鼻から抜ける母音の発音のことを言います。

 

例えば、

アの口で鼻母音〔アン〕

(=[α~]):an, am, aen, aon / en, em

 

オトエの中間音ウの口で鼻母音〔アン〕

(=[œ~]):un, um

 

エの口で鼻母音〔アン〕

(=[ε~]):in, im, ain, aim, ein, eim / yn, ym

 

オの口で鼻母音〔オン〕

(=[っ~]):on, om

引用:https://www.fr-manabu.net/d06.php

 

これがフランス語の独特なイントネーションを生んでいるのですね!

 

 

【2】活用 Conjugaison~コンジュゲゾン~ 

英語の活用はとってもシンプルなのは皆さまご存知の通り。

 

例えば、動詞の≪Like≫を活用をした場合、動詞を主語に合わせると≪3人称のS≫を付ける以外は同じ活用ですね♪

I like English.

You like English.

He/She likes English.

They like English.

We like English.

 

これを過去形にした場合、

I liked English.

You liked English.

He/She liked English.

They liked English.

We liked English.

≪+ed≫を加えるのみで完了です!

 

未来形であれば will+動詞の原型 完了形も have+過去分詞 と付ければ完結なので、私たちが覚える活用はわずかです。

 

え、Be動詞などは違うじゃない!と思った方もいらっしゃるかもですが、不規則動詞の数は300弱ほど、日常会話で使うものですとさらに限られます。

 

では、フランス語はどうでしょうか?

 

まず主に使用される時制のみで9種類!

≪フランス語の時制≫
1 直説法現在
2 直説法半過去 
3 直説法複合過去 
4 直説法単純過去 
5 直説法大過去
6 直説法単純未来 
7 命令形  
8 接続法現在  
9 条件法現在

そして、すべての主語によっても、動詞が活用されます。この活用をConjugaison~コンジュゲゾン~と言います。

 

例えば、英語のLikeはフランス語ではAimer(エメ)

≪私≫ J’aime

≪君≫ Tu aimes

≪彼/彼女≫ Il/Elle aime

≪私たち≫ Nous amons

≪あなた≫ Vous amez

≪彼ら≫ Ils/Elles aiment

ふたつめの単語が動詞ですが、すべて活用されているのがわかるでしょうか?

 

ちなみによく使われる ≪複合過去≫~しました だと下記になります。

≪直説法半過去≫

Indicatif passé composé

≪私≫ J’ai aimé

≪君≫ Tu as aimé

≪彼/彼女≫ Il/elle a aimé

≪私たち≫ Nous avons aimé

≪あなた≫ Vous avez aimé

≪彼ら≫ ils/elles ont aimé

 

これは簡単♪ 過去分詞は aiméで統一されています!

 

さらに、≪~半過去≫~していましただと下記の活用に!

≪直説法半過去≫-~indicatif imparfait~

≪私≫ J’ai aimais

≪君≫ tu aimais

≪彼/彼女≫ il/elle aimait 

≪私たち≫ nous aimions

≪あなた≫ vous aimiez

≪彼ら≫ ils/elles aimaient

・・・・混乱してきましたでしょうか?

 

もちろん、ある程度の規則性はあるので、丸暗記!というわけではないですが、一つの動詞に対して主語(6種類)×時制(約9種類)=約54の活用!を覚える必要があるのです(*’ω’*)

 

あ、ちなみに主語や目的語によって、性数一致の法則があるのでご注意くださいね!

 

これを覚えるコツは、

☆彡パターン化して覚えること!語尾で活用パターンが分かれるのでグループ分けをして覚えましょう!

 では、長くなったので本日はここまでです(^^)/

A bien tot!

※システムの関係にてアクセントの表記は他のアルファベットにて代用している場合がございます

 

その他の「フランスvsドイツ 徹底比較」に関する記事はこちらから


カテゴリ : 渡航までの準備 コメント : 0件
タグ : フランス, フランス・ドイツ徹底比較, フランス語

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。