日本と海外で使える!ハロウィンのトレンド特集

 今年もハロウィンの季節がやってきました!

もう準備万端な人も、これから準備を始める人も、この記事を読んでハロウィンに備えましょう!

 

【関連記事】知っておきたい「Trick or Treat」に関する4つのルール!

 

■ 今年のトレンドは「ゾンビ」!?

zombie-1399939_960_720

海外で大ヒットとなったドラマ「ウォーキングデッド」や、日本でも「アイ・アム・ヒーロー」などのゾンビを主体とした映画が作られるほど、最近は「ゾンビ」ブームの勢いがすごいんです!映画や漫画だけでなく、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでゾンビナイトが開催されるなど、ゾンビの影響力は現実世界にも影響し始めています。

 

その影響もあり、今年のハロウィンは猫やメイドなどの「かわいい系」ではなく、ちょっときわどい衣装の「セクシー系」でもなく、血のりや特殊メイクを施した「ちょいグロ系」のコスプレがトレンドになると予想されています!

 

ゾンビのコスプレが増えつつある一番の理由は、「ゾンビ」というカテゴリーの広さにあると思います。服装やメイクに特別決まりがないので、自分のオリジナリティを出すことができるほか、低予算で誰でも挑戦することができるのも大きいのではないでしょうか。

 

簡単なものでは衣装を裂いて、口紅・血のり・絵具なので「赤い血がついている」ように加工し、最後に顔にも噛みついた痕や噛みつかれた痕を書くだけでゾンビのコスプレは完成です!衣装は白やピンクなど明るい色を選ぶ方が、血の赤が映えるのでお勧めです。

 

 

■ 海外で人気のコスプレとは?

comics-1239698_960_720

海外でも日本と同じように、その年に流行った映画やドラマのコスプレをする人が非常に多いです。

 

2016年だと、MarvelDC Universeといった、いわゆるアメコミ映画のコスプレがやはり人気です!男性なら「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「スパイダーマン」「バットマン」などが代表的ですよね。一方で最新の映画では「ハーレークィン」「ブラックウィドウ」といった女性キャラクターも出てきているので、女性でもアメコミのコスプレを楽しめるようになってきているようです。

 

また、2016年といえば「ゴーストバスターズ」「アリス・イン・ワンダーランド」など、非常に特徴的な外見をしているキャラクターが多く登場する映画も人気だったので、これらの作品をモチーフにしたコスプレをする人も出てくると思います。

 

その他にも定番なのが、ディズニー作品をモチーフにしたコスプレ。一昨年から「アナと雪の女王」が根強い人気をキープしていますが、今年は「ズートピア」が大ヒットした関係で、その衣装をアレンジしたコスプレに挑戦する人も多いのではないでしょうか。ディズニー作品のキャラクターは特徴がはっきりしているので、独自アレンジしても認識されやすいのがポイントですね。

 

ベタなコスプレとして、ホラー映画をモチーフにする人もまだまだ多いです。「13日の金曜日」のジェイソン、「エルム街の悪夢」のフレディ、「ハロウィン」のマイケル・マイヤーズなど殺人鬼をモチーフにしたキャラクターや、「ドラキュラ」「フランケンシュタインの怪物」「狼男」などクラシックな怪物がやはり人気です。

 

日本でも海外でも気を付けなければいけないのは、いくらキャラクターに似せるためとはいえ、モデルガンや模擬刀、バットなど武器になり得るものは基本的に持ち歩かない方がよいでしょう。本物と間違われて補導されるケールもあるほか、トラブルの原因にもなります!

 

 

■ 誰でも簡単にできるメイク術!

horror-1008040_960_720

一昔前までは「ハロウィンのコスプレは着て終わり」くらいの扱いだったのですが、最近は男性でも女性でもしっかりメイクを施す人が増えてきましたよね。特にインターネットが広がってからは、簡単にできる特殊メイクのやり方がひろまったので、ここぞとばかりにみんなチャレンジしています。

 

最初にも書いたように、今年のトレンドは「ゾンビ」。なので、血のりや化粧品を使って「噛み傷」「切り傷」「弾痕」「化膿した傷」などを表現できると、ものすごくクオリティが高いコスプレに仕上げることができるでしょう。

 

特殊なメイクと言っても、そこまで難易度は高くありません!100均で集めることができる「アイシャドウ(赤・青・紫・黒)」「ファンデーション」「血のり」などがあれば、簡単にそれっぽいメイクをすることができます!

 

中でもおススメなのが、木工ボンドを使った「傷口」のメイク!

 

やり方は簡単。

 

1)まず傷を作りたい箇所に、紫や青のアイシャドウを使って痣っぽい模様を描きます。

 

 2)木工ボンドとリキッドファンでを混ぜて、乾かないうちに傷を作りたい場所に塗ります。

 

3)傷の真ん中に爪楊枝で切れ目を入れて、ドライヤーで乾かします。

 

4)乾ききる前に爪楊枝でボンド全体をボコボコにします。

 

5)ボンドが乾いたら切れ目に血のりを塗り、周りをティッシュなどを使ってポンポンと周りに伸ばして、最後に色を整えて完成です!

 

うまいこと作れば歯形なども作れますし、準備も後片付けも比較的簡単なので、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

【関連記事】【世界のハロウィン】真夏のハロウィン!シドニーゾンビウォーク!

【関連記事】ハロウィンには英語の怖い話を!

 

海外のハロウィンってどんな感じ!?

リアルな体験談はこちらから!

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421

 

この記事の内容は 2016年10月24日 (月) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : コスプレ, ハロウィン, 映画

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から
■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。