「Olá!(オラ)」覚えておきたいポルトガル語を紹介!

lisbon-927669_1280

 

ポルトガル語は、発祥の地であるポルトガル以上にブラジルで広く使われている言葉です。これは、ブラジルが元々ポルトガル領だったことに由来します。

 

2015年に、日本もポルトガルとワーキングホリデー協定を結んだので、ワーキングホリデーの制度を使って渡航できるようになりました。これからはポルトガルで就労経験⇒ブラジルでの就職を目指す!そんな人も増えてくるのではないでしょうか。

 

そこで今日は、ひとまず覚えておきたいポルトガル語フレーズを紹介します!

 

日本語 ポーランド語(カナ) ポーランド語
こんにちは! オラ Olá
元気ですか? コモ・エスタ? Como está?
はじめまして ムイト・プラゼール Muito prazer
さようなら アデウシュ Adeus
おはよう ボンディーア Bom dia
ありがとう オブリガード(男性)
オブリガーダ(女性)
Obrigado(男性)
Obrigada(女性)
ごめんなさい プシェプラッシャム Przepraszam

 

ポルトガル語はスペイン語と似ている事でも有名です。ヨーロッパ圏であればスペインに行く時だけ特別気をつければいいのですが、南米エリアだとスペイン語がアルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、チリといった主要国で使われているので、ポルトガル語をマスターしたからといって気を緩めていると痛いしっぺ返しを受けてしまうかも!気をつけて下さい!


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : ポルトガル, ワーホリ協定国を知る!

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。