誰にも分からない2ヶ月後のイギリス [ゼロから一緒に知るイギリスのEU離脱: 12]

こんにちは!

ロンドンから定期的にイギリスのEU離脱について連載しているHirokiです。

今回はこの記事を参考に、EU離脱まで2ヶ月を切ったイギリスの現状を見ていきます。

 

Screen Shot 2019-02-12 at 19.21.34
Brexit: Are we running out of time? [BBC News]

 

“Are we running out of time?”

日本語だと、「私たちに時間は残されているのか」とでも訳しましょうか。

施行日が迫るに連れて、進行の遅さを表すタイトルのニュースは、この一文で始まります。

 

“With every day that passes, more politicians talk about the prospect of a “no-deal Brexit”. This means the UK leaving the European Union without having reached an agreement on what happens next.”

 

「施行日までの日が近付くに連れ、より多くの政治家が、イギリスとEUが合意を得られずに離脱する”no-deal Brexit”への可能性を話す」

ーーー

EU離脱まで残された時間は約1ヶ月半

2016年に行われた選挙の結果に基づき、イギリスは今年の3月29日午後11時にEU連合を離脱します。

 

今日の2月12日から、施行日の3月29日まで残された時間はわずか1ヶ月半 –

政府のフルタイムの勤務日は、27日しか残されていません。

 

Screen Shot 2019-02-12 at 19.35.02

 

それにも関わらず、イギリスがEUをどう言った形で離脱するのか –

これについての合意が、まだ得られていないのが現状です。

ーーー

ディール?ノーディール?
Theresa May案/ EU: ◯ UK: X

3月29日のEU離脱までにキーとなること –

それが”deal or no deal”です。

日本語で直訳すれば、「合意ありか、合意なしか」となります。

 

現在、Theresa May首相が提出した案は、EUで合意が得られたものの、一月の投票でイギリス国内での合意が得られていません。

この為、Theresa May首相達は、新たな案を作り、イギリス全体を納得させる必要があります。

 

しかし、EUは「もうこれ以上内容について話したくない」と主張しており、Theresa May首相は板挟みの状況になってしまっています。

ーーー

延期はあるの?

ここで可能性が出てくるのが、施行日の延期です。

イギリスのEU離脱が3月29日に施行されることは既に法律に入っているのですが、これが延期になる可能性も、ゼロではありません。

その場合、イギリスとEUが延期に合意する必要があります。

 

離脱しない可能性はあるの?

ここまでの話が、全て白紙になる可能性もまだゼロではありません。

イギリスは、EUの他27カ国の同意なしに、離脱を白紙化する権限も持っています。

===

まとめると、イギリスにあるオプションは4つ

・合意ありでの離脱(Brexit with deal)

・合意なしでの離脱(Brexit without deal)

・施行日の延期

・EU離脱の白紙化

 

2月も中旬になり、3月29日の施行日が刻々ち近づいています。

そんな中、4月以降のイギリスがどうなっているか –

現在でもこれについて明確に話すことができる人は、一人もいません。

ーーー

イギリスのEU離脱について、これまでの記事はこちらから読めます。

 

Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03
ゼロから一緒に知るイギリスのEU離脱

 

===

Brexitの話はここまで –

ここからは、ゆるくロンドンでの生活の近況報告です。

 

個人的に大きな出来事といえば、イギリスのFMラジオ番組にゲストで呼んでもらいました。

アジアの音楽を紹介する番組で、僕は日本の音楽について紹介します。

 

SM_DSC06777

 

『英語できちんと自分が得た感動を伝えられるか』と不安でしたが、なんとか終了。

一時間の番組に向け、50分のプレイリストを用意しました。

ここにシェアするので、是非聞いてみてください。


IMG_2764
iTunes / Spotify

ーーー

中国からモンゴルを繋ぐ、27時間の列車があります。

僕の友人が以前その列車を使ったことがあり、そこで沢山のビデオを撮ってきました。

 

「これで一緒に作品を作ろう」

そう彼が話しかけてくれた時はまだ暑かったのですが、半年経って、やっと完成させることができました。

 

彼がビデオを、僕は音楽を作っています。

英語と日本語で文章も書いたので、是非一緒に楽しんでください。

IMG_2763

 

 

ーーー

前回の投稿から、2人の人とのポッドキャストを更新しました。

 

一人は、イギリス人のEdward。

15年以上日本語を勉強し、今まで5回以上日本へ来たことのある彼に、日本の魅力や日本語の難しさなどを話してくれています。

 

二人目は、Wadaさん。

元教員の彼がオーストラリアのワーキングホリデーを経て実感した成長、日本に帰国したこれからのビジョンなどを話してくれています。

 

ポッドキャストはインターネットで配信するラジオのようなアプリです。

海外渡航の準備や、英語の勉強のヒントに是非聞いてみてください。

気に入ったら、友達にも教えてあげてください。

 

preview copy
iTunes / Spotify / WEB

 

ーーー

そんなこんなで、怒涛の中あっという間に2019年の最初の1ヶ月が過ぎていきました。

 

二月に入り、ロンドンでは氷点下の日が続きましたが、昨日から暖かい風が街に流れています。

Brexitでバタバタしているのはそれはそれとして、ロンドンの人たちはロンドンの柔らかい風を楽しんでいます。

 

日本もまだまだ寒い日が続くと思います。

暖かくして、風邪やインフルエンザなどに負けぬよう健康に春を迎えましょう。

ありがとうございました。

( 文 : 杉 浩毅 )

===

・この連載の記事はこちらでまとめて読むことができます。

・ロンドンにいる日本人の人との会話をポッドキャストで配信しています。

・個人のブログでロンドンでの日常を更新しています。
dig yourself ▷ in London.

・感想や意見、質問をメールで受け付けています。
hirokisugilondon@gmail.com


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : Brexit, digyourselfinlondon, EU離脱, HirokiSugi, イギリス, ニュース, ブレクジット, ポッドキャスト, ロンドン, 杉 浩毅, 海外生活, 英語, 音楽

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。