クエスト卒業生のワーキングホリデー体験記 第二弾

    日本のみなさん、

    留学、ワーキングホリデーでカナダ、トロントにいらっしゃるみなさん、こんにちは。

    トロントのQuest Language Studiesのなつきです。

    2月なのに、2月なのに!!!!今週は気温が18度まで上がり学校全体も街も人もわたしもルンルンなトロントです♪

    逆に寒さ対策をがっつりしてきたみなさんは、少し拍子抜けだったりしますね。

     

    さて今回は先日の記事に続き、留学、ワーキングホリデー準備中のみなさんが1番気になっているであろう、語学学校卒業してからどのように仕事探し、実際どんな風に仕事を探したのか、などなど気になる質問をクエストの卒業生にしてみました。

    第一弾んのユウスケくんに続き、第二弾はタカコちゃんです。

    それでは早速質問してみましょう♪

     

    DSC_0017

     

    —————————————————————————————————————–

    •  留学に来る前は何をしていましたか?

    保育士です。

    • クエストでの就学期間とコース名、学校開始前と後の英語レベルを教えてください。

    2015年の5月から3ヶ月です。

    コース:Focus on communication 24レッスン

    学校開始時レベル:Intermediate (レベル4)

    終了時のレベル:High intermediate (レベル6)

    • クエストに通ってよかったことはなんですか?

    通常のクラスだけじゃなくて、ワークショップやアクティビティが充実していたので、そこで同じ時期にカナダに来た友だちがたくさんできたことです!そのおかげで1年通して一緒にいろんな体験や旅行をすることができました!

    DSC_0797

    • 生活や仕事をするうえで役に立ったコース、先生を教えてください。

    基本的に授業で出てきた単語はその週で何度も復習したので、卒業してからも会話の中や映画に出てきた単語が理解できました。句動詞(phrasal verb)のワークショップは知らない意味のものがたくさんあったので、新しく学ぶ事が多くて、友だちと使い合うのが楽しかったです。

    あとは、授業中あまり自発的に発言できなかったので、そういう意味では担任の先生たちどの生徒にも発言できるような機会をたくさんつくってくれてたなと思います。

    •   どのように仕事探しをしましたか?

    探し始めたのは学校卒業してからです。

    とりあえず夜レストランのキッチンヘルパーの仕事をしていたので、昼間履歴書片手に通いやすいところから歩き回って、募集しているとこに限らず、自分が雰囲気好きだなと思った店に配って回りました。

    いろんなサイトもチェックして、気になったお店は直接お店に行き履歴書は手渡ししましたが、実際に働いたお店は募集広告も出していなくて、ストリートカーからたまたま見つけたお店でした。ちなみに連絡が来たのは、履歴書を渡してから2.3ヶ月後です!笑

    •  面接でどのようなことを聞かれましたか?

    ・なぜこのお店で働きたいと思ったか

    ・客として来店したときの印象

    ・いつまで働くことができるか(ビザを延ばすかもということも伝えました)

    (最後に)質問はありますか?

    ――――――他のお店で聞かれたこと

    ・あなたの事(性格)を教えてください

    ・このお店のためにあなたができることは何ですか?

    ・学校での英語のレベル

     

    • 職場について教えて下さい。

    アメリカ出身の夫婦が経営している学校の近くのカフェで今年で5年目です。確か笑。

    エスプレッソメニューも種類が豊富で、ペストリーも独自にベイキングしています。

    2店舗あってどちらでも働いていました。(12月に1つ閉めて今は1店舗です)

    私とオーナー夫婦以外はカナディアンで入れ替わりもありましたが、基本的に人数は10人前後働いていますが働いているお店です。

    同僚たちの本業は音楽や絵を描いていて、掛け持ちって人が多かったです。

    Takako picture 3

    • 具体的な仕事内容を教えてください。 

    基本的に全般です。(レジ、ドリンク作り、サンドイッチ作り、洗い物、掃除、クローズ)

    エスプレッソのドリンクをきちんと教えてもらったのは、2ヶ月目くらいでした。

    もう1つの仕事を辞めてからは、レジ閉めも教えてもらって、1人でお店を閉める日もありました。

    Takako picture 2

    • 日本とカナダの働き方の違いを教えてください。

    チップ制度ががあることと、上りの時間がしっかりしてることですね。

    カウンターにチップ入れのビンがあって、カード払いの人も何%チップ入れるか打てるシステムになってたので、短時間働いても忙しい午前中は特に貯まりました。

    シフトは全員で共有できるアプリを使っていて、みんなが上りの時間を理解していたので、行列ができていない限り、5分も過ぎることがありませんでした。

    Takako picture 4

    • カナダで仕事をしていて印象に残っていることを教えて下さい。

    レストランでもカフェでも感じたことですが、上司と部下とかの上下関係が日本みたいに厳しくなくて、もちろんガチガチの敬語もないから、冗談も言い合って友だちみたいな関係で働けていて、みんな仲良く雰囲気がとてもよかったです!

    常連のお客さんも多いからかもしれませんが、フレンドリーなお客さんも多くて、すぐ世間話をしている姿をよく見ました。日本じゃあまり見ない光景だなと思いました。

    Takako picture 1

    • カナダでのワーホリが終了したらどのような仕事、生活がしたいですか?

    カフェで働くのがとても楽しかったので、日本に帰っても同じような仕事をしたいです!

    できればこっちみたいに同僚ともお客さんともあまり壁がないような環境を作りたいです。

    —————————————————————————————————————–

    学校の近くにあるカフェなので、たかこちゃんの当時の担任の先生と行ったことがあるのですが、始めたころ英語に自信のなかったたかこちゃんでしたが、溢れんばかりの笑顔で私たちにエスプレッソメニューを提供してくれたのが印象的でした。 たまたま彼女のボスもカウンターにいたのですが、彼女はもう1人でお客さんへのサーブを任せれるよ!彼女の笑顔とハッピーなオーラが大好き!と言っていました。

    カナダに来て、今後にやりたいこと、夢が360度変わる経験をしたたかこちゃん。新しい価値観や夢に出会えるかけがえのない経験をされた1年間を過ごした彼女は入学当時と別人のようにキラキラしていました♪

    クエスト卒業生のその後、ワーキングホリデー体験記第2弾でした!

    たかこちゃん、ご協力ありがとうございました♪

    それではみなさん良い週末をお過ごしください。

     


    カテゴリ : 在校生・卒業生の声 コメント : 0件
    タグ : カナダ, トロント, 海外での仕事探し, 語学学校, #カナダワーホリ, #ワーホリ

    クエスト卒業生のワーキングホリデー体験記 第一弾

    日本のみなさん、

    留学、ワーキングホリデーでカナダ、トロントにいらっしゃるみなさん、こんにちは。

    トロントのQuest Language Studiesのなつきです。

    ご挨拶が遅くなってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。

    今年もみなさんにとって良い1年となりますように。

     

    さて、本日はクエスト卒業生のその後をインタビューしてみました。

     

    第一弾は、ユウスケくん

    今でも彼が学校初日にやってきてすごく静かにしていたのを覚えています。笑

    今ではカナディアンのお友達も沢山出来て、北米唯一のカナディアンNBAチーム、我らがRaptorsの去年のプレイオフビデオにもちゃっかり出演していました。

    この10分13秒からご注目ください。

     

     

    これにはクエスト一同大興奮でした!

     

    yusuke raptors picture 1

     

     

    それでは早速インタビューです♪

    • 名前は?
      ユウスケです。
    • 留学へ来る前は何をしていましたか?
      アパレル関係の仕事で接客、販売をしていました。クエストでの就学期間、コース、学校開始時、終了時のレベルを教えてください。
      2015年11月中旬〜2016年3月中旬  Focus on Communicationコースで3か月の就学予定でしたが、バケーションを取ったり冬休み等あり約4カ月間お世話になりました。途中で文法の必要性を感じて、Core Englishコースに変更しました。

        開始時レベル4→卒業時レベル7 (TOEICスコア目安で780程度)
     •クエストに通って良かったこと
    いい友達、いい先生たちに出会えたことです。様々な国の友達が出来たことも自分にとっていい経験になりました。
    また、日本人の生徒も何人かいることにより、助けてもらえることもありましたし、負けたくないという思いを持って勉強に励むことができました。
    勉強に関しては、午前中の基礎英語を元に午後からは自分の適正に合った授業を選べるカリキュラムになっており、基礎を固めつつ、自分の弱点を補ったり、新たな知識をインプットする機会があり充実した学習ができたことです。
    後は生徒と先生との距離が近いのもいい点だと思います。休み時間、放課後、Friday partyなど、様々な時間に先生と話すチャンスがあると思います。

     

    yusuke picture school 2
     •生活や仕事をするうえで役に立ったコース、先生を教えてください。
    全ての授業(コース)が生活、仕事するうえで大切だと思います。どれを勉強するにしてもネイティヴの人たちは当たり前に使ってる言葉だと思うので。
    文法関連の授業は特に役に立ちました。よくとりあえず話しまくれと言われますが、やはり文がある程度整っていないと相手には伝わりません。そのような点でも文法の授業は役に立ちましたね。

     先生はレベル別や担任の先生等あるので一概に特定の先生が!と判別するのは難しいですが、当時、僕の担任の先生達には大変お世話になりました。レジュメの添削等も休み時間にしてもらえたので良かったです。
    後は、午後のクラスで授業を1.2回しか取ったことありませんでしたが、Robbの授業も印象的でした。結構スパルタな感じの授業でしたけど、インパクトあって面白い面もありで良かったです。

     

    yusuke pucture school 1

     

    どのように仕事探しをしましたか?
     正直言うと仕事探しは本当に苦労しました。当初は自転車屋またはアパレル関係で働きたいと思っていたので、まずはネットでトロント内にある自転車屋を全部リストアップして紙にストア名と住所を書き写しました。そして、1つ1つお店にダイレクトに行き、レジュメを配りました。あとはオシャレな洋服屋を歩き回って探しまくりましたね。それプラス良さそうなお店(レストラン、カフェ、)を見つけた度にお店に入ってレジュメを落としました。合計で40枚くらいは配ったと思います。笑
    それでもやはり、インターナショナルスチューデントに取ってネイティブ環境を求めて仕事を探すというのはかなり大変なものであり、中々仕事を得ることが出来ませんでした。

    見つからず一度諦めでジャパレスで1日だけ働きもしました。しかし、ワーホリに来た意味と自分がやりたいことを絶対に行いたいという思いがあったので諦めずにトライしまくりました。その結果、自分が望んでいた自転車屋とアパレルの仕事両方を得ることができました。スケジュールを組んだりと大変だったため現在はアパレルの方のみ行っています。現在の職には全く必要ないですが、スマートサーブの取得もしました。自分のチャンスの幅を広げるのも職探しにおいて重要だと思います。

     ・面接でどのようなことを聞かれましたか?
    -これまでアパレル関連での職業経験はあるか
    -トロントに来て働いた経験はあるか
    -自転車の知識におけるペーパーテスト

    -ビザの期限はいつまでか
    -フルタイムで働けるか
    -いつが働ける日でいつ休みが欲しいかどうか

    職場について教えてください。
    ストア名[Capsule]  http://http://www.capsuletoronto.com/

    TorontoとMarkhamに1店舗ずつ計2店舗、従業員はトータル約10人で小規模なお店です。トロント店は国籍でいうとカナディアン、中国人、日本人が働いています。ボスは厳しい時もありますが、基本的に優しいです。ボスと同僚の人たちは私の未完全な英語に対してフォローしてくれるのでかなり助けてもらっていますね。
     職場のエリアがヨークビルという高級ブティックエリアでたまに有名人が来て接客する機会もあったりして中々できない経験をさせてもらってます。
     同僚のカナディアンの人たちとすごい仲良くて、仕事後によくご飯食べに行ったりお酒を飲みに行っています。これもまた、英語の勉強になりますし良い環境です。

    ・具体的な仕事内容は?

     始めた当初はオンラインカスタマーへ向けてのパッキング、倉庫整理、同僚の接客のフォローとして、衣類、シューズのピックアップなど限られた作業のみ行っていました。働いて1ヶ月を過ぎたあたりからレジや実際にお客様に自らアプローチ出来るようになりました。始めた当初は電話をとるのにもビクビクしていましたが、現在では特に不自由なくコミュニーケーションが取れるようになりました。お店の立ち上げとクローズを任せられたり、現在では店舗における大半の作業を任せられるようになりました。それでもやはり、クレームや過度な要望をされた時などの対応は本当に難しいです。

     

    yusuke picture 1

     

    ・日本とカナダの働き方の違いを教えてください。
     勤務時間が明らかに違う、という点ですね。うちの店は月曜〜土曜が12pm-7pm、日曜が1pm-5pmと日本では考えられない営業時間です。
     後は残業ゼロですね。基本的に限られた時間内に仕事をこなしていくという形です。それでも残ってしまった仕事は次の日に行っています。休憩のタイムカードも特に切ったりしません。自分で必要な時にタイミングをみて休憩をとります。
     日本だとお客様が一番、お客様が全てのようなイメージですが、カナダは大違い、働いている側にも意見を尊重する意義がありますね。衝撃だったのはボスがお客さんに激怒したことですね。

    yusuke picture 4

     ・カナダで仕事をしていて印象に残っていることは?
     良かった点は、仕事関係なく関わり合える仲のいい同僚に出会えたことです。仕事で私の英語力が足りない時に助けてくれるのはもちろんですが、普段から共に遊んだりし、自分のワーホリ経験にとってかけがえのない存在に出会えたことです。後は、ジャスティンビーバーだと店を去るまで気づかずに普通に会話、接客をしたことです笑

     悪い点としては、自分の英語力が乏しいがためにお客さんにバカにされたことです。当時はすごい悔しかったけど何も言えませんでした。しかし、そのような経験も踏まえて英語の学習も出来たし、会話力の向上にも繋がったと思います。

    yusuke picture 2

    ・カナダでのワーホリが終了したらどのような仕事、生活がしたいですか?

     まずは日本へ帰って”日本”を満喫したいです。
     将来の目標はまだ確実には決まっていません。一つの目標として、将来自分でお店を出したいと考えています。その過程で自転車業やアパレル業における経験を日本だけでなく世界各地で経験したいと考えています。
     またワーホリを利用して、イギリスにも行きたいと考えています。単純かもしれませんがとにかく英語がペラペラになりたいです!後は有名になりたいです!

     

    yusuke picture 5

     

    ここからは彼のボスに質問してみました♪

    Why did you decide to hire Yusuke?  なぜYusukeを雇うことにしたのですか?

    During the time when Yusuke brought in his resume at Capsule, we were in need of an extra sales associate who had prior experience working in a retail environment. Yusuke had prior background working at a retail shop back in Japan and knew how to speak both English and Japanese. In addition, having an interest in few of the brands that we carried as well as his hobbies such as riding BMX all tied in together with the brand image at Capsule. So not only was the timing right but he also had strong assets that would be beneficial to the company and so we decided to hire him.

    Yusukeがお店にレジュメを持って来た時、私たちはリーテルで働いていた経験を持つセールスアソシエイトを追加雇用したいと思っていました。Yusukeは日本のリテールで働いていた経験があり、また英語と日本語の両方を話せます。また、私たちが扱っているブランドや、BMXに乗るなどの趣味が、すべてお店のブランドイメージと結びついていました。タイミングが合っていただけでなく、会社にとって有益な存在になると思ったので、彼を雇うことにしました。

    How do you feel having him work for you?  彼を同僚としてどう思いますか?

    At Capsule, we feel very appreciative of Yusuke’s work as he is able to take on many different tasks. Whether it is taking care of customers, organizing the store or modelling for our online shop he is able to carry out the tasks responsibly. Yusuke is an important part of the company as he carries on many important tasks daily with hard dedication. 

    多くの異なる仕事を遂行することができるので、Yusukeの仕事にとても感謝しています。接客、店舗の整理、オンラインショップのためのモデル、どれに対しても責任をもって仕事をしてくれます。Yusukeは、毎日熱心な献身で沢山の重要な仕事を毎日続けているので、会社にとって重要な存在です。

    How is he doing at work? 彼の仕事はどうですか?

    Yusuke is an excellent employee at Capsule. From the beginning he was a quick learner and got to know the in and out of the company at a fast pace. He is very punctual and finishes his work in a timely manner. He is able to finish his job without constant supervision and has earned a level of trust within the company. As well as on occasion he is the key holder and has been very responsible. We at Capsule have been very satisfied of all the hard work Yusuke has been doing and is someone that is definitely needed within the company.

    Yusukeはお店の中で優秀な従業員です。仕事をはじめたころから、彼は素早く学習し、速いペースで会社の内外の状況を理解していました。時間厳守で時間内にタスクを終えることができます。彼は上司の監督がなくとも仕事を終えることができ、会社内で信頼を得ています。時には、彼はお店の鍵の管理もしますし、非常に責任があります。 Capsuleでは、Yusukeがやってきたすべての難しい作業にとても満足していますし、会社内では絶対必要な人物です。

     

    クエスト卒業生のその後、ワーキングホリデー体験記第一弾でした!

    ゆうすけくん、ユウスケ君のボス、ご協力ありがとうございました♪

    それではみなさん、温かくしてお過ごしくださいね。


    カテゴリ : 在校生・卒業生の声 コメント : 0件
    タグ : アパレル, アパレル,卒業生, 卒業生, #カナダワーホリ

    毎月恒例イベント~Student of the Month Ceremony~

    こんにちは、カナダトロントにありますQuest Language Studiesです。

    今日は学校で月末に1度行われる“Student of the Month Ceremony”の様子をご紹介します。
    クエストでは月末に、学校の中で1番がんばった、発言した、伸びた、周りの子を助けた、アクティビティーに毎回参加してくれたなどの総合評価で選ばれた生徒さんの表彰会があります。

    そのためにクエストの先生たちが全員集まり会議をし、選出者を選んでいきます。

    学校全体から選ばれる生徒さん“Student of the Month”と、それぞれのクラスから“Top of the class” のみなさんが全校生徒、先生、スタッフの前で表彰されます。

    このセレモニーでは必ず、選ばれた人やその担任の先生、たまには私も涙してしまうほど、、、、、生徒達だけでなく、クエストにいるみんなにとってとっても大きなイベントなっています。

    選出者たちはクエスト内にあるカフェバーで使えるコーヒーチケットと賞状が授与されます。

    そしてStudent of the Monthの人には、ナイアガラの滝への1日ツアーバウチャーもプライズとして、賞状と一緒に授与されます。

    今回選ばれたのは、ロシア出身のLarisa!!!

     

    IMG_5053

     

     

    5月半ばにコースを始めた、彼女のスタート時の英語レベルは、アルファベットを知っている程度。文法スキル、会話スキル共にレベル2からのスタートでした。

    それでもじっくり自分のペースで勉強され、毎日午前中、午後のクラスも休まれることなく、宿題も予習復習も、クラス内で勉強が足りない時は先生にも積極的に質問をし、半年ちょっと経った今、クエストのレベル7、ハイインターミディエイトレベルまで上がりました。今では先生やクラスメイトとジョークを言い合うまでになっています♪

    本当に毎日頑張られていたので、彼女の名前が発表された時、“You deserve it!!!”(あなたが選ばれれて当然!!!)全校生徒から大きな拍手がおこりました。

     

    IMG_5055

     

    クエストではこのように、先生スタッフ全員も巻き込む全校生徒参加のイベントが頻繁にありますので、全員でその時その時の思い出を共有できることがクエストファミリーである喜びでもあります♪

    それではみなさん良い週末をお過ごしくださいね。


    カテゴリ : アクティビティ コメント : 0件
    タグ : アクティビティー、トロント、学校イベント、クエスト