ワーキングホリデー(ワーホリ協会) > メルボルンでワーキングホリデー
 
メルボルンでワーキングホリデー
目次

ワーホリでメルボルンが人気を集める理由

メルボルンはどんな都市?

日本全体のワーホリ利用者の半分以上が、オーストラリアを目的地に選んでいます。

そのオーストラリアで人気がある都市がメルボルンです。
世界一住みやすい街にも選ばれたことがある都市です。
メルボルンの気候は天気が変わりやすいと言われています、言い換えれば1日の中で四季を感じることができる都市です。冬には雪が降ることもありますが、快適に暮らせます。

メルボルンは世界の都市とくらべても治安は良いほうで、日本人でも安全に生活することができます。
シドニーの次に人気なメルボルンは、カフェ関係の仕事が多く募集されています。
ただ、ワーホリでは、同じ雇用主の元で働けるのは6ヶ月まで、と定められているので注意が必要です。

世界一住みやすい都市 メルボルン

メルボルンは「世界住みやすい都市ランキング」で何度も1位に選ばれたことがある、世界的に見ても非常に人気の高い都市です。
メルボルンは、大きすぎず、小さすぎず、都会好きにも田舎好きにも楽しめる都市であることが特徴。

都市部には病院や大学など、生活に必要なものがすべて揃っていて、街から少し出るだけで多くのアクティビティが体験できる自然も広がっています。
公共交通機関もしっかりと整備されているため、車を持つ必要がないこともワーホリメーカーにとってはうれしいですね。

語学留学体験

英語を勉強する為に、オーストラリアへワーホリに行く方も多いと思います。
メルボルンで英語を学ぶ魅力は、街の中にあります。カフェの文化がとても盛んなこともあり、放課後に学校の友達とカフェで話したり、カフェで出会った人たちと話したりと多くの人たちと英語を使う頻度があります。

メルボルンを観光してみよう

メルボルンは芸術の街と言われている都市です。
メルボルン市内のいたるところにストリートアートが描かれており、ストリートパフォーマーもたくさんいるので、街を歩いているだけでも芸術を感じることができます。

メルボルン周辺を回る

メルボルン市内からそんなに遠くない場所にも、有名な都市・観光地が多くあります。
例えば、世界で一番美しい道といわれるグレート・オーシャン・ロードや21種類の温泉を楽しめるペニンシュラ温泉など、自然あふれる場所が多く存在します。

治安がよく気候が安定していること、仕事がみつかりやすいこと、メルボルンでのアクティビティーが多いこと、周辺にも観光地が多いこと等々…。のワーホリの渡航先として、ブリスベンはとても魅力的な都市です。
自分の勉強や仕事にも打ち込められ、プライベートも充実させられる。
これだけの条件が揃っているブリスベンに、ぜひワーホリで訪れてください!

メルボルンの地図

▼▼▼まずは無料セミナーへ!ワーキングホリデー&留学の無料セミナーはこちら!▼▼▼

7月
25
16:00~  
オージーライフ満喫!オーストラリアの暮らし方を知ろう!!体験談セミナー

>>> 無料セミナー情報をもっと見る

メルボルンの魅力を紹介!

メルボルンの基本情報

南半球にあるオーストラリアは、日本とほぼ変わらない経度にありますが、季節が逆になっています。
ビクトリア州に属するメルボルンの時間帯は、日本時間+1時間です(サマータイム中は2時間)。

メルボルンの気候は、1日の天候が変わりやすく、1日で四季を感じられると言われる都市です。
天候が変わりやすいので、上着などには気を付けてください。
メルボルンの治安は安定していますが、やはり日本とは違う国です。
落ち着いている雰囲気に気を許してしまいがちになりますが、油断はしないようにしましょう。

メルボルンは見どころ満載!

メルボルン観光はフリンダーストリート駅からはじまります。
オーストラリアで最初に作られた駅で、メルボルンのシンボルです。
1日に25万人もの人が利用し、ほかの観光名所へのアクセスに便利です。

■ビクトリア州立図書館は、オーストラリアを代表する図書館です。
約150万冊もの本が貯蔵されています。また、4階から6階は吹き抜けとなっているので、解放感もあり、一席ごとにコンセントが設置され、Free-WiFiも使えます。

■車で少し遠くに行けば、世界一美しいと呼ばれるグレート・オーシャンロードがあります。
野生のコアラなども見ることができます。そして世界的にもサーフスポットとして、ベルズ・ビーチや奇岩が並んだ「12使徒」が有名です。
また音楽関係のPV撮影が行われた場所としてもとても有名なメルボルンの観光スポットです。

▼▼▼まずは無料セミナーへ!ワーキングホリデー&留学の無料セミナーはこちら!▼▼▼

>>> 無料セミナー情報をもっと見る

メルボルンにワーホリに行く前の準備

ここでは、日本でやっておくべき下準備について考えていくことにしましょう。

まずはビザの申請・取得

オーストラリアは世界中からワーホリを受け入れている「ワーホリ大国」です。
パスポートを用意し、オーストラリア大使館のHPを参照にして、ワーホリビザを申請しましょう。

オーストラリアにはセカンドワーキングホリデーがあり、ワーホリの期限を1年間延長することが可能です。
オーストラリアで二度目のワーホリを申請するには、政府指定の場所で一定期間以上期間以上働く必要があります。

書類を提出する以外にオンラインでの申請も可能ですが、ビザ申請には複雑なステップもある為、ビザを申請する前に必ず協会にご連絡ください。 ⇒オーストラリアビザ情報ページへのリンク

航空券の取得

航空券は往復、片道どちらを取得しても大丈夫です。
休暇時期を避け、早めに予約をすることで、チケットを比較的安く入手することもできるでしょう。
また、現地に何時に着くのかも事前に確認しておきましょう。日本との時差は+1時間(サマータイムでは2時間)ですが、夜の到着は何かと面倒です。
万が一のトラブルに備えて、日中に到着する便がオススメです。

オージーイングリッシュを学ぼう!

英語は世界の多くの国で話されていますが、その国や地方独自の英語も存在します。
オーストラリアの「オージーイングリッシュ」はその代表例といえるでしょう。
語学学校での授業を終えたあとは、ぜひ現地の言葉に触れてみてください。
その土地の風土や歴史あってこそ、独自の言葉は生まれます。
メルボルンで行われる多数のアクティビティーを体験し、オーストラリアでしか聞けない英語を学んでみてください。

現地の学校について

ワーホリで通うことになる語学学校では、どの学校でも実力に応じたクラスに振り分けられます。
語学学校での学習には、現地の生活で使われている英語をその場で勉強し使用できるという大きな魅力があります。
一週間あたりの費用は、平均で約300ドル程度。
ワーホリでの渡航の場合、オーストラリアの学校に通えるのは、4ヶ月までと決まっています。
この機会を無駄にせず、学校で実力をつけ、現地での就労に備えましょう。

ワーホリ最大の魅力・現地での就労

一般的に、ワーホリでの滞在中の仕事を探す方法は、日本人向けの情報を得ることが一番です。
ワーホリ大国であるのオーストラリアの大都市・メルボルンでは、ワーホリ用の仕事を見つけるのは難しくありません。
ただ、2度目のワーホリ申請を出すためには、農業、漁業、林業など、政府指定の第一次産業に88日以上従事する必要があります。
広大な大地を誇るオーストラリアでの大規模な農作業は、ワーホリならではの体験といえるでしょう。

メルボルンでのワーホリ生活の楽しみ方

メルボルンでのワーホリ生活を充実させるためには、何を心がければいいのでしょうか。

地元開催のイベントに参加しよう

メルボルンは大きな都市なので、有名なイベントがいくつも開催されます。
1月に開かれるメルボルン・フェスティバルは、オーストラリア最大の文化および芸術のイベントです。
開催期間中はメルボルン中でいろいろなイベントが行われ、のべ約100万人もの人が訪れます。
3月にはハンダ・オペラ・オン・メルボルン・ハーバーがあります。特設水上ステージを舞台として行われる、豪華なオペラ公演です。
5月に行われるビビッド・メルボルンも、非常に有名なイベントです。メルボルンの豪華施設がライトアップされ、街中が光に包まれます。
湾全体が彩られるのは、このイベントならではのものです。
そして、9月にはメルボルン・マラソンが控えています。自分の予定と合わせて、プライベートも充実させてください。

ワーホリでの就労

現地で働き、日本では得られない経験を積むことは、ワーホリの大きな魅力です。
アルバイト感覚の仕事が多いですが、一般的な企業に勤めることも可能です。
日本企業の現地法人に日英両方の履歴書を送って応募することもできますし、現地の企業に就職することも不可能ではありません。
現地の人と積極的に交流を深め、人づてに仕事を探す手段もあります。
ただ、いずれの仕事に就くのであっても、高い英語力がある人が優遇されます。

季節労働から2度目のオージーワーホリへ

政府が指定した一次産業の現場で88日以上働くことで、オーストラリアの2回目のワーホリ申請を出すことが出来るようになります。
このような肉体労働は比較的賃金が高いため、集中的に働いて旅行の資金する人もいます。
季節労働を申請する場合は、就労場所や気候条件、ご自身の体力を事前に考慮する必要があります。
労働時のトラブルや勘違いを避けるためにも、公式HPを参照にしましょう。

多国籍文化との交流をすすめよう!

ワーホリ大国オーストラリアには、さまざまな国の人がやってきます。
大都市のメルボルンにはチャイナタウンがあり、日本を含めた他国の祭典が行われます。
それらのイベントを手始めに、他国の方と積極的に交流してみましょう。
ワーホリという同じ立場でメルボルンにいて、話す言葉も同じ英語です。
それらのイベントを通して、オーストラリア以外の国の人と触れ合うことはワーホリの醍醐味といえるでしょう。

しっかりとした準備があってこその充実したワーホリ生活

海外生活にトラブルはつきものです。
語学の問題でも日常生活でも、思ってもないことが起きてしまうことがあります。
それを自分で解決するのが勉強ですが、事前の準備をしっかり行うことが解決への近道になります。
ワーキングホリデー協会では、様々な無料セミナーを用意しています。
初心者セミナーから始まり、語学学校の選び方、懇談形式のカウンセリングもあり、ワーホリ体験談を聞くことも出来ます。
また、ワーキングホリデー協会では、メンバー登録も行っています。
登録すれば、協会と密に連絡がとれ、個別カウンセリングや特別セミナーへの参加など、様々なサポートを受けることが出来ます。
ワーキングホリデー協会の充実したサポートを受け、目標の実現に動き出してください!

▼▼▼まずは無料セミナーへ!ワーキングホリデー&留学の無料セミナーはこちら!▼▼▼

>>> 無料セミナー情報をもっと見る