意外に安い?! アイルランドの留学予算!

皆様 こんにちは。
日本ワーキングホリデー協会 アイルランド担当Masatoです (‘ω’)

 

shamrock

 

さてさて、少し前回から間が空いてしまいましたが、
今回は、アイルランド*留学/ワーキングホリデーの『予算面』についてお話をしていこうと思います!

 

色々な国比較をしてみると、どうしても予算が高くて敬遠しがちなヨーロッパ留学。

ですが、良く良く調べてみたら “あれ、以外に行けそう?!”  なんてことも。

 

皆様がアイルランドへの留学/ワーキングホリデー生活を実現する為、
準備に必要な予算面からアイルランド現地の物価まで、予算面のリアルな数字をご紹介します!

 

 

<アイルランドワーホリ/最新ビザ情報はこちらから>

 

 

先ずは基本的な、アイルランド*留学/ワーキングホリデーの『渡航準備費用』から見て行きましょう!
《アイルランド*留学/ワーキングホリデー予算について》=-=-==-=-==-=-==-=-=

 

40265-05

【初期費用】

・航空券代 (片道)  8万〜10万
・海外留学保険(1年)  25万
・ビザ費用      約3万6千円

          小計 約39万

【学費】
・13万×3〜6ヶ月  小計 約39万〜78万

【生活費(食費・滞在費含む)】
・13万×3〜6ヶ月  小計 約39万〜78万
(初期費用 + 学費 + 生活費) ⁼  合計 約120万〜195万 

 

以上の金額が、渡航に辺り日本から事前用意が必要な予算です。

 

 

【One Point👍】
ワーキングホリデービザでご渡航の場合、就学終了後(直前)〜帰国までの生活費は現地就労で賄います。就労条件次第では、数十万円の再貯金をして帰国をすることも可能です。

(※アイルランドは学生ビザでも制限付きの就労が可能です!)

これ、意外に知らない情報だったりしますよね。

1月、7月のピンポイントのワーキングホリデー申請時期以外でも、学生ビザを使えば問題なし!

アイルランド学生ビザルールの詳細については、以前書いた下記の記事をご覧ください。

アイルランド学生ビザの魅力をお届け♪

 

ですが、最初から現地での就労を当てにはせず、自身の予算にあったムリの無いプランニングをしていきましょう!

 

※語学学校に通学中の生活費を必ず事前に用意しましょう! 

(例)学校へ6ヶ月就学の場合、生活費6ヶ月(+1ヶ月)程度が目安

=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-=-==-=-==-=-==-=

 

 

 

 

次は、現地のお仕事種類と、給料を見て行きます! 目安は下記通り。
《アイルランド*仕事/給料について》=-=-==-=-==-=-==-=-=

 

41801832-グラフと金融会社のデスクに座っているグレーのスーツを着て、若い白人男が彼の手でユーロ通貨記号と黄麻布お金袋を握る

【給料】
・平均時給  €9.1
・労働時間  6〜7時間
・出勤日数  週4〜週5

(例) 週4で7時間の就労の場合 (1ヵ月当り)  €9.1×7h×20day = €1,344 (約15万4千円)

主な仕事の種類】
・レストラン/オフィスワーク/オーペア

 

 

【One Point👍】
アイルランドで仕事を見つけるには、相応の語学力が求められます。
カナダやオーストラリアなどの留学大国では簡単に見つかる日本食レストランなどでのお仕事も、アイルランドでは、首都ダブリンですら2軒しか見つからない程。

また、アイルランドの12月〜3月のホリデーシーズンは、現地の学生が仕事に入る量が増える為、
留学生にとってはとても仕事が探し辛い時期になります。

勿論、語学力の如何では平均時給だけの給料がもらえるとも限りませんし、
シッカリとした、事前の語学勉強と予算準備が必要と言えるでしょう。
英語初心者の方は最低3ヵ月、できれば半年程は語学学校に通っていただくことをお勧めします!

=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-=-==-=-==-=-==-=

 

 

 

続いて、現地の物価を覗いてみましょう!

《アイルランド*現地物価について》=-=-==-=-==-=-==-=-=

lgf01a201304231500

 

【現地物価】
ヨーロッパは物価が高め。という風に皆様お考えのことでしょうが、実際アイルランドの物価は日本とあまり変わりません。

特にイギリスに比べると物価がとても安く、ヨーロッパでの留学の予算を安めに抑えたい方には、持って来いの穴場的環境といえます。

【色々な生活費】
・シェアルーム          €250〜450 per month (約3万円)
・シングルルーム(シェアハウス)   €400 per month   (約5万円)
・ホームステイ(朝・晩飯付き)    €740 per month    (約9万円)
・外食              €10〜30       (約1200円〜3600円)
・携帯              €20 per month     (約2400円)
【One Point👍】
特にアイルランドでは学生向けの割引サービスが多く存在し、
語学学校に通っている間は、学生証を提示することで更にお安い金額で色々なサービスを受けることが出来ます。
例えば、高くなりがちな外食も学生カード提示をすることで、€5程でおなか一杯に食べれるお店もあるのだとか!

=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-=-==-=-==-=-==-=

 

以上、アイルランドの現地事情でしたが、いかがでしたか?

 

こうやって細かく予算を見てみると、意外と行けそうな気がする。アイルランド。

留学生であることを最大限に利用し、賢く節約生活をしてみては如何でしょうか。

 

同時に、現地での仕事探しなど、準備が必要な面も多くあります。シッカリと計画の上、自身の渡航予算を組み立てて行きましょう。

因みに5月1日〜31日まで、日本ワーキングホリデー協会では『春の留学フェア2017』を開催しております!

留学フェアでは現地の語学学校の担当さんの生のお話を直接お伺いすることが可能です。

年に2回しかないこの貴重な機会に、アイルランドに拠点を置く語学学校さんもいらっしゃいます!

是非是非、この機会にご自身の留学プランや予算立てを進めてみては?

 

=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-=-==-=-==-=-==-=

■その他アイルランドに関する情報はこちらから

■セミナーを確認したい方はこちらから

■メンバー登録も考えているけれど、どんな事が出来るの?という方はこちら

=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-=-==-=-==-=-==-=

 

 

それでは今日はこの辺で、See you soon♪♪♪


カテゴリ : 総合 コメント : 0件
タグ : アイルランド, ワーキングホリデー, ワーホリ, 予算, 学生, 留学, 費用

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。