海外で自然災害に巻き込まれたら…

bdba6a019cd1bd202d8fa121dcd5d5bf_s

 

日本でも地震や台風などの自然災害に巻き込まれることがあります。いつ、どこで巻き込まれるか分かりませんが、これは海外に留学・ワーホリをしていても同じです。いざという時のために、準備出来ることを知っておきましょう!

 

「在留届」を提出する

海外で緊急事態が発生した場合、日本の大使館・領事館員は提出されている在留届を元に在留邦人に連絡し、安否などの確認を行います。安否の確認ができない場合は継続して捜索することになり、日本に住む家族にも連絡がいきます。つまりこの『在留届』を基に災害時の安否確認が行われ、日本人被害者が報道されるってわけですね。

 

中には在留届の提出を行わない人もいますが、その国に住んでいることを日本に示す証明でもあるので、3ヶ月以上海外に滞在する場合はその国の日本大使館・領事館に在留届を提出する必要があります。

 

 

何かあったら、まず外務省の情報を確認

外務省のHPでは、世界各国の情勢や自然災害のリアルタイムな情報が発信されています。災害に巻き込まれたときにどこに行くべきか、どんな動きをするべきかも具体的に案内してくれるので、まずはここを確認するようにしてください。

外務省 海外安全ホームページ

 

 

現地の知り合いと連絡を取り合い、家族に連絡を

些細なトラブルであっても、なにかあったらまずは知り合いと情報共有をする癖をつけてください!特に語学学校に通う予定のある方は、担当してくれた先生や仲の良かったスタッフにすぐ連絡を取ってください。仮にその時点で学校を卒業していたとしても、連絡を入れることで親身に対応してくれるはずです。緊急時になにより大切なのは、一人にならないことです。

 

SNS経由で様々な情報を集めることができるようにはなっていますが、緊急時には皆パニックになっているため、間違った情報も氾濫して余計に混乱することもあります。

 

また、あなたが現地で不安にしている以上に、日本のご家族はあなたのことを心配するはずです。ある程度余裕ができてからでも構わないので、日本の家族には必ず連絡を入れるようにしてください!

 

=====

備えあれば憂いなし。普段からの準備が何より大切なので、この機会にぜひ一度考えてみてください!


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : トラブル回避, 在留届

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。