痛みを伝える英語表現

昨日は名古屋は今年一番の猛暑さだそうです(;´Д`)日本各地大変暑いですね…!!

 

さて、今回は英語で自分の体調を表す表現に注目したいと思います。

 

pet_kega_kossetsu-300x300

 

海外でもし体調に異変が表れてとき、周りの人や病院でその時の気分や症状を説明するのはむずかしいですよね。

 

そこで基本的な単語や表現を抑えて、万が一に備えましょう!

 

本日は一回目として…

英語で自分の体調を表す表現 Part 1 <痛みを伝える>

 

様々な痛みはI have a ~.で伝えることができます。

 

例えば「頭が痛い」は I have a headache.

 

後ろの単語を入れ替えれば「~が痛い」すべて表現できます。

・お腹が痛い stomachache

・背中(腰)が痛い backache

・歯が痛い earache

・耳が痛い toothache

※-acheが「痛み」です

・のどが痛い sore throat

※よく使うものでこれだけは違い、soreは「ヒリヒリした痛み」です。

 

他に、体の部位が痛い、などは

My ~ hurts. で言うことができ、例えば My right leg hurts. (右足が痛む。)

・腕 arm

・肩 shoulder

・手首 wrist

※hurt は「~が痛む」という動詞です。

 

そしてこんな表現もありますよ!

I have a pain in my ~. ~の部分には痛い体の箇所が入ります。

例えば、I have a pain in my chest. (胸が痛みます。)

 

※pain は「痛み」という名詞です。この表現は比較的丁寧な印象ですね。

 

みなさまも痛みを表す単語や表現をおさえておくといざというときに役に立つと思います!

 

 

また病状や気分を伝える表現は別の機会にお伝えしますね♪

 

Please take care not to suffer a heat stroke!  熱中症にはご注意ください!

Rie:)

この記事の内容は 2015年07月26日 (日) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 渡航までの準備 コメント : 0件
タグ : 医療英語, 英語フレーズ, 英語上達

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。