【国選び】フランス vs ドイツ 徹底比較~ビザ編~

こんにちは!

前回に引き続き、フランスドイツの比較をしていきたいと思います。今日はビザ編です!

 

日本人は海外渡航する際にビザが免除されている国もあるので、そもそもビザって・・・??というかたもいらっしゃるかもしれません。基本的に海外渡航する際は目的にあった「ビザ」を取得します。観光目的の方は観光ビザ、勉強したい方は学生ビザなどビザの種類は様々です!

 

パスポート

 

フランスとドイツではそれぞれどのようなビザの種類があるのか見てみましょう!

 

まず、フランスドイツ共に90日以内の観光や出張目的の滞在であればビザは必要ありません
※ただしパスポートは、出国日から3カ月以上の残存期間がある必要があります

 

なので、2週間ほどドイツ旅行へ行ってきます~という際にはビザ申請はしなくても大丈夫です。これが冒頭で書いた「ビザが免除されている国」ということですね!

 

では90日以上滞在したい場合はどうすればよいか・・・?こちらが冒頭でお伝えした「目的にあったビザを取得する」ということになります!

 

~学生ビザ~
フランス、ドイツ共に学業を目的として90日以上滞在する場合には「学生ビザ」の申請をしましょう。

 

ちなみにフランスでは留学生でも年間964時間以内であれば就労可能と認められておりますので語学を学びながら、お仕事をすることも可能です。ただ、パートタイムとなるので全ての生活費を補うことは難しいのでしっかりと予算に余裕を持って準備をすることが大切です!

勉強

 

~ワーキングホリデービザ~

まず、ワーキングホリデー制度とは・・・

○フランス
フランスと日本の若者の国際交流を促し、互いの親交および理解を深めることを目的としています。

○ドイツ
日独両国の合意に基づくもので、日本の若い人たちにドイツの文化や日々の暮らしに触れる機会を提供するためのものです。

大使館サイトには以上のように明記されています。ちなみにフランスのワーホリ制度は1999年から、ドイツのワーホリ制度は2000年から開始されました!

ワーキングホリデービザの目的は人それぞれです。わりと自由度の高いビザなので語学を学んだり
お仕事の経験をしたり、旅行をしたりとさまざまなことを経験することができます!

 

このワーホリビザの申請条件はこのようになっています。

○フランス
・申請時に満18歳以上30歳以下であること
・フランスを知るための渡航で、なおかつ仕事に就く意思があること
・フランスへのワーキングホリデービザを過去に取得していないこと
・子ども同伴ではないこと

○ドイツ
・日本国籍を有していること
・18歳以上であり、申請時に31歳に達していないこと
・親族(子供など)が同行することはできない

 

フランス、ドイツ共に申請の年齢制限は18歳から30歳までとなります。また現地での就学・就労期間の制限はありませんのでしっかりと言語を学ぶことも、お仕事の経験をすることも可能です。

カフェ

 

申請の流れはフランスとドイツで若干異なります。

 

○フランス
大使館HPにて申請要項の確認

大使館HPにて申請日予約

必要書類を持って大使館にてビザ申請

審査後、ビザ発給(郵送/大使館にて直接受領)

 

申請手続きは本人のみ可能で、フランス入国日の3カ月前からすることができます。申請の必要書類はたくさんありますが、不備・不足がある場合には審査手続きに1-2カ月の遅れが生じたり、申請が却下されることもありますので、申請書類の準備はしっかりと行ってください。

 

○ドイツ
大使館or総領事館HPにて申請要項の確認

大使館HPにて申請日予約

必要書類を持って大使館/領事館にてビザ申請

審査後、ビザ発給(郵送)

 

申請手続きは本人のみ可能で、遅くとも出発日の2週間前までには申請しましょう!お住まいの地域により大使館にて申請か、領事館にて申請異なり、必要書類も申請場所により異なりますのでご注意ください。

また海外渡航時には、海外保険に加入する必要がありますが、ドイツのワーキングホリデービザ申請には
◇歯科治療にも適用
◇女性の場合:妊娠時にも適用
上記を満たした保険の加入に、滞在期間分加入することが必須となっております。

 

と、ここまでがフランス、ドイツのビザ申請の簡単な流れと注意点です。

申請書類はもちろんすべてフランス語、ドイツ語もしくは英語となっております!

また上記の内容は現在大使館より発表されているものとなりますが、ビザ申請の内容は予告なく変更される場合もございますので、ビザ申請の際は大使館・領事館へご自身でもお確かめの上、慎重に行ってくださいね。

 

協会ではメンバー様向けにサポートを行っておりますのでご不明な点はご連絡ください!

 

さて今日はビザについて色々とお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?
少し難しいお話になりましたがビザは渡航するうえでとても大切になりますのでしっかりと下調べすることが大切です☆

 

それでは最後にフランス、ドイツへ渡航される方のタイプをまとめてみましょう!

 

■ フランス
アート、ファッション、食文化、歴史など魅力たっぷりのフランス。そんなフランスへ渡航される方は、英語圏以外の文化や語学を取得したい、人と違うことをチャレンジしてみたいと非常にモチベーションが高い方が多いです。

美術館がすき!グルメがすき!ファッションがすき!歴史遺産がすき!など文化に触れたい方にはおすすめです。

 

■ ドイツ
勤勉でまじめな人が多く、音楽の国としても名高いドイツ。オーケストラも有名なのでクラシック音楽が好きな渡航者も多いです。また、サッカーがすき!ビールがすき!という方や、お城など名所旧跡が好きという方も多く渡航されます。
森林や公園など自然も豊かなのでハイキングやサイクリングなどが好きな方にもおすすめです!

 

 

英語圏以外に興味がある、ヨーロッパに行ってみたいけど国選びがすすまない~という方は
ぜひ国選びのご参考にしてみてくださいね!

 

その他の「フランスvsドイツ 徹底比較」に関する記事はこちらから

この記事の内容は 2016年07月29日 (金) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : ドイツ, ビザ, フランス, フランス・ドイツ徹底比較

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。