カフェで使える英語フレーズ

こんにちは!

みなさんはコーヒーお好きでしょうか?

私も大好きで、毎朝の始まりは一杯のコーヒーから、なんて習慣的に飲んでいます♪

 

最近日本でも海外のカフェ文化がますます浸透してきて、オシャレなカフェがたくさんありますよね~(^^)そしてワーキングホリデーや留学で特に人気の渡航先であるオーストラリア、カナダは特にカフェ文化の盛んな国です!

 

私も現地に滞在中は毎朝学校に行く途中カフェに立ち寄り、コーヒーをテイクアウトしていました。

 

ただ問題が、、、(+o+)

 

アツアツのコーヒーを持って颯爽と歩くことができませんでした!どうしてもこぼしてしまうので、いつもコーヒー片手に早足で横を通りすぎていくネイティブを不思議に思っていたのです。

 

ある日そんな事をを学校の先生に話すと、「コツがあるのよ~!」とその秘儀を伝授してもらい、次の日から私もコーヒーをこぼすことなくクサク歩くことができるようになったのです!!(^O^)

 

それは、例えばMサイズのコーヒーを頼んだら、Lサイズのカップに入れてもらう、というすごーく簡単な方法でした!そうすればなみなみにコーヒーが入っていないのでこぼす心配がいりません。

 

ではみなさんに問題です!そうしてほしいことをどのように英語で伝えればよいのでしょうか??

 

答えは・・・

Can I have a medium coffee in a large cup, please?

(MサイズのコーヒーをLサイズのカップに入れてもらえませんか?)です(^O^)

 

have を get にかえてもOKです。どちらかというと Can I have~?のほうがやや丁寧なニュアンスになりますのでおすすめです。

 

また、私はいつもブラックコーヒーにFat Free のミルクを入れて飲むのが好きだったので、ミルクを入れる分の余裕がほしくてよく、

 

Can I have some room for milk, please?(ミルクを入れる分を残してもらえますか?)

とお願いしていました。ここでのroomは「余裕、余白」という意味です。

 

でないとカップ一杯にコーヒーが注がれてしまってミルクを入れると溢れてしまうので汗 (そのサービス精神はうれしいのですが)

 

 

 

みなさんもよかったらこれを参考にしていただいて、コーヒー片手に颯爽と街を歩いてくださいね!

それではまた~

See you soon! Rie:)

 


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : コーヒー, 英語フレーズ, 英語上達, 英語表現

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。