蚊に刺される?蚊に食われる?

こんにちは!

タイトルにもございますが、いよいよ「蚊」に悩まされる時期がやってまいりました…(;´Д`)

私は蚊に刺されやすいらしく、いつもイヤな痒みに悩まされます泣

 

先日テレビで「蚊に刺される」と「蚊に食われる」、大きく分けると二種類の言い方があるがどちらの表現を使いますか?という街頭アンケートの調査結果が放送されていました。

 

みなさんは普段どちらの表現を使いますか?ちなみに私は「蚊に刺される」を主に使っているように思います。

 

やはり地域や年齢によってどちらの言い方をするかは様々なようで、専門家の方によれば、蚊は刺して、吸って、(血を)食べる、という過程を経るためどちらの表現もあっているそうです(^O^)

 

 

ではここで質問です!

英語で「蚊に刺される」はどう言えばよいでしょうか?

 

刺す、は英語で「sting」

刺される、ということは「~される」なので中学校で習った受動態「be動詞+過去分詞」を使って・・・

 

I was  stung by a mosquito. (私は蚊に刺されました。)

?????

 

残念ながらこういう表現はしません!そして「蚊が○○を刺す」stingではなくbite(噛む)を使って表すのです!「刺す」のではなく「噛む」。国によって言い方が違うんですね~。

 

言い回しもずっとシンプルで

 

 

The mosquito bit me! l’m gonna kill him!! (蚊に刺された!あいつめ~、つぶしてやる!)

 

bit はbite の過去形で、日本語に直訳すると「蚊が私を噛んだ。」ということになります。

 

このように日本語をそのまま英語に直せない表現はたくさんありますので、その都度表現の違いを楽しみながら覚えていくとよいと思います(^^)そして覚えたフレーズはどんどん使っていきましょう!

 

また、蚊:mosquito を皮肉を込めた愛称でmossieと呼んだりします。私の友人も夏はよく「モジー、キライだぁ」と言っては戦っていました笑

 

15572_889662241091445_6866052970238225197_n

 

みなさんも現地ではたくさんの季節フレーズに出会えると思いますよ♪♪

 

それではまた!See you soon:) Rie


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : 英語の違い, 英語フレーズ, 英語上達

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。