ドイツ紹介 ~ハイデルベルク~

みなさーーん!
こんにちは!
2014年もいよいよ9月に突入しましたね!!
誠に勝手な私の印象なのですが、9月から年末まで光のように時間もすぎるのが早く感じます
ですが、私は夏よりも冬が大好きなので、待ち遠しいです^^
はやく寒くなってほしい(笑)

さて、今回もご紹介する国は「ド-GERMAN
前回は、ドイツの中心 フランクフルト!!!
ゲーテの故郷で、文豪がうまれるに納得しうる自然と建造物の美しさを紹介させていただきました
本日は、フランクフルトより少し南に下った

ハイデルベルク

トップ画_2

ベルリンやフランクフルトに比べるとあまり観光などで有名な都市ではないのですが、
ここには実に面白い歴史や情緒豊かな小道がたくさんありました
① 大学牢 1700年~1900年
大学の「寮」ではなく、「牢」です。

牢_1
この200年間でこの牢に入っていたのは悪さをした大学生
当時のハイデルベルクの町は、大学の構内の一部とされ治外法権でした
なので、警察が介入することができず、大学側が直接学生に処罰を与えるためこのような牢を作ったのです

 

 

 

落書きがたくさんのあるのは、暇だったから だそうです
横顔も多いのは、暇そうな友人の横顔を描くのがここでの行事・伝統?

横顔_1

卒業までにこの牢に一度は入ることが名誉として学生同士で賞賛しあった と最後に説明が書いてありました(笑)
② 哲学の道
京都にもありますが、やはり哲学者が多いドイツにもありました!
哲学の道_1
坂階段坂階段・・・・と険しい道を上るとハイデルベルクの町が一望できます!
賢人たちは何を考えながら歩いたのでしょうね。
風景_1

③ ハイデルベルク城
17世紀の二度の戦争によって、徹底的に破壊された傷跡はいまでも生々しく残っていました。
破壊_1

城内もすごく広くて野原で休んでいました。
自然_1

ハイデルベルクは、
歴史的建造物が現代の街にもいきていて、その土地柄を大切にしている街でした。


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : ドイツ, ワーホリ協定国を知る!, 観光

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 大阪オフィス


□■日本ワーキング・ホリデー協会■□
□■大阪オフィス■□

【大阪オフィスへのアクセス紹介】
アクセス詳細
■ 阪急(梅田)の方はコチラ
■ JR(大阪駅)沿線の方はコチラ
■ JR東西線の方はコチラ
■ 地下鉄御堂筋線の方はコチラ
■ 地下鉄谷町線の方はコチラ



メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。