厳しいオーストラリアの検疫にはご注意!

厳しいことで有名なオーストラリアの検疫!
害虫や病原体の侵入を防ぎ、オーストラリアの環境および動植物や
人々の健康を守るために植物、動物、動植物でできた物品、
特定食品(例:乳製品、魚・魚製品、蜂蜜、肉・肉製品等)などの
持ち込みは、厳しくチェックされているのです。

 

1452238077519
Photo by  FINANCIAL REVIEW 

 

お酒・タバコ・現金・食品・医薬品・食品等を持ち込む場合は
必ず検疫にて申告&入国カードへの記入もがMUSTです。
特に食品チェックは厳しく、持込できないものを申告せず入国、
後で摘発されると、虚偽申告をしたという事で
罰金を払う羽目になります。

 

詳しくは下記オーストラリア大使館ページでご確認を★

 

また、入国検査や国境警備、不法労働者の摘発なども
非常に厳しいです。

 

そんなオーストラリアのイミグレーションでの入国審査、
不法滞在者の摘発、手荷物検査、映したTV番組が
「Border Security Australia」です!

ご存知でしょうか?
昨日1/30、たまたまテレビで特集されていたのを見て、
今日のブログでシェアしよ~と考えておりました(笑)

 

 

▲こちらの動画、日本語字幕がないのでもしかしたら何話してるか
全部を理解するには難しいかもですが・・・。

 

 

▶8:00分目から
観光ビザでオーストラリアにいる彼を訪ねようとしたイギリス人の
リビアさん。この子は過去に何度か観光ビザでオーストラリアに
入国しており観光ビザで滞在していたにも関わらずピザ屋さんで
仕事をしてたのです。一度イギリスに帰国し、
再度オーストラリアに観光ビザで入国をしようとしたところを
イミグレーションスタッフに目を付けれら別室で取り調べ。
結果は【強制送還】今後3年間オーストラリアに入国できないそう。

 
▶10:00分目から
乳製品(クッキーらしきもの)や大量の書物を持ち込み入国
しようとしたパキスタン人の彼。大量の書物は友人への
プレゼントを言い張りその場を逃れようとするが何も申告
せずに入国した彼には$340の罰金が科されました。

 

 

これからオーストラリアにワーホリ&留学行かれるかた。
是非一度観ていただくとおもしろいかも。
オーストラリア以外の方も、どこの国に行っても
イミグレーションでは厳しい手荷物検査や、入国審査が
ありますので、ご参考に☆ミ

 

ワーホリ協会で行っている「出発前セミナー」でも
お話してますが、海外は、上記であげたものの持ち込み
入国審査が非常に厳しいです。
審査官に何か突っ込まれても英語で完璧に答えられれば良いですが
自信ないな・・・という方は、気をつけて下さいね!!

 

もっとBorder Security Australiaみたいなと言う人は
YOUTUBEで観れますよ★

 

では( `ー´)ノ

 

Fuyumi

 

 

この記事の内容は 2017年01月31日 (火) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 総合 コメント : 0件
タグ :

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。