【海外にもICカード乗車券ってある?】ワーホリ人気国で利用される『定期』まとめ♪

日本には地域ごとでいろんな交通系ICカードが利用されてますね♪

 

改札機にカードをタッチするだけで運賃をカード残額から自動的に引き去ってくれる便利なカード(・ω・)

 

では、一体海外ではどんなカードを使ってるのでしょうか?

 

 

今日はワーホリ人気第3か国✨
オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで使われている『ICカード乗車券』ご紹介していきます★

 

🐨オーストラリア


★シドニー(Opal Card:オパールカード)
電車、バス、フェリー、ライトレールで使用可♪毎回切符を購入するより割引が聞きお得★


 

 

★ブリスベン&ゴールドコースト(Go Card:ゴーカード)
ブリスベン&ゴールドコースト共通で利用できる。電車・バス・フェリーこれ1枚でOK(^^♪
通常のDay ticketを購入するより30%の割引を受けることができる。

 

 

 

★メルボルン(myki Pass :マイキーパス)
トラムの無料区間を除く公共交通を利用する際にmykiが必要♪
定期のような仕組みになっており通勤・通学で毎日利用する方にお勧め。1週間、1ヶ月、1年がある。

 

 

 

 

🍁カナダ


★バンクーバー(Compass card:コンパスカード)
電車やバスなど全ての交通機関に通常より割引された運賃で乗車できます

 

 

 

★トロント(Metro Pass:メトロパス)
1ヶ月定期券。日本のように購入した日から1ヶ月ではなく、毎月1日から末日まで!
1ヶ月パスしかありません。これ一枚で電車/バス/ストリートカー乗り放題♪

 

 

 

 

🐏ニュージーランド


★オークランド(AT HOPカード:アットホップカード)
オークランドのバス・電車・フェリーの共通カードです♪

 

 

 

 

自分が渡航する国・都市で使われているカードの名前、覚えましたか?
毎回毎回乗車券を購入するのも、大変だしお金もかかる!!!
現地に到着したら、まずは交通ICカードをGETするのを忘れないように♪
ではでは★
Fuyumi


カテゴリ : 総合 コメント : 0件
タグ :

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。