見るって単語seeとwatchとlookの違い?

こんにちは~🎶 名古屋オフィスです。

春の嵐が続いてますねー!4月も多くのお客様が協会から出発されてます(#^.^#)

今回は見るって単語seeとwatchとlookの違いについて書きます~(^◇^)

 

image

 

 

Watch:意識して~をじっと見る

 

「私は毎日3時間くらいテレビを見ます。」
I watch TV for about three hours every day.

この様にテレビのようにじっと見るものはwatchを使います。

「足元気をつけてね」Watch your step.

特に動きのある物を注意して見るときはwatchを使います。

 

 

See:見える、目に入ってくる、理解する

 

【see】は『見える』『目に入ってくる』という意味です。
つまり、じっくり見るのではなく、自然に目に入る状態です。

「そこできれいな景色を見ることができます」
We can see a beautiful view.

 

「私は映画を今週中に見ます」

I see  movies in a week.

watchを使うこともできます。

seeには『~に会う』という意味もあります。

「彼に明日会います」
I will see him tomorrow.

 

 

Look:目を向ける、見る

 

【look】の基本的な意味は『目を向ける』『見る』で、
日本語で考えるとwatchやseeとの違いがわかりませんね。

「あそこをみて!」Look at there.

lookは動きのない物を見るときに使います。

よろしければ参考にしてくださーい(^◇^)

saori

この記事の内容は 2018年04月15日 (日) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 渡航までの準備 コメント : 0件
タグ : Saori, ワーホリ, 留学, 英語

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。