海外傘事情

こんにちは!NagoyaのSaoriです!

前回海外の梅雨があるのかどうかについて書きました~!!

今回は海外での傘事情です(#^.^#)

 

eb32655273590389645600806f44ab16_m

 

基本的に海外は傘をさす習慣がないです!!

日本人が傘をさすのが当たり前になっているのは、降雨日数が多い国で、世界の中で13番だからです!

 

例えばオーストラリアのシドニー

 

ダウンロード

 

シドニーは降水確率が高いとは言っても、1年を通して温暖な過ごしやすい地中海性気候の都市です。

雨は降っても通り雨で、湿度の低いシドニー―では雨に濡れてもすぐに乾くこと、横殴りの雨が多いので傘を差しても無駄なであることという理由から、傘を差す人はあまりいません。

シドニーは降水確率が高いとは言っても、1年を通して温暖な過ごしやすい地中海性気候の都市です。

雨は降っても通り雨で、湿度の低いシドニー―では雨に濡れてもすぐに乾くこと、横殴りの雨が多いので傘を差しても無駄なであることという理由から、傘を差す人はあまりいません。

オーストラリアなど他国は傘の値段も日本よりは高いです( ;∀;)

平均で15ドル~20ドルくらいしますので、傘は基本的には持たない方が多いです!!

日本ほど、雨が一日降り続くことが少ないので、雨が降ってきたら近くで雨宿りしたり、フードを被って歩いている方が多いです!!

日傘に関しても、さしている方は少ないですね。

ビーチがきれいなオーストラリアでは、帽子をサングラスで日焼け対策をされている方が多いです!!!

海辺になると、風もすごいので傘が簡単に壊れししまうのでご注意くださ~い!!

持ち物に折り畳み傘を持っていくと便利かなと思います~🎶

 

 

Nagoya Saori

この記事の内容は 2018年06月10日 (日) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : Saori, ワーホリ, , 留学,

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。