オーストラリアと言えば!な食べ物

みなさまこんにちは!

 

オーストラリアのスーパーで必ず見かける二大ソールフードについて書きたいと思います(^O^)

 

もうすでにご存じの方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、細かく見ていくと面白い発見がありましたよ!

 

一つ目 チョコレート菓子と言えばこれを指す!というくらいど定番 「TimTam」

 

日本でも輸入食品スーパーで購入可能ですが、現地では日本未発売のフレーバーがいっぱい!私が知る限りでは13,4 種類あります!!!現地の人にも大人気なので、どのスーパーでもTim Tam売り場にさくスペースが半端ではありませんっ

 

o0480036113041010078

 

ちなみに私は全フレーバー制覇しましたが、その結果大変なことになりましたのでおすすめしません(笑)

 

そこで私のお気に入りフレーバーだけご紹介します。

 

★☆ダブルチョコ・バニラ★☆

 

o0480036013040140836

 

オリジナルに比べるとクリーミー!

 

★☆チョコブラウニー★☆

 

o0480036013040952316

 

こちらは小さいサイズのみ。オリジナルよりややダークな味!

 

TimTamの表記の下にBY adriano zumbo (アドリアーノ・ズンボ)とありますが、彼はオーストラリアで大変有名なパティシエで、彼とのコラボフレーバーはほかにもたくさんあります♪

 

このように味も様々ですが、実はサイズも様々で個別包装になっているタイプやスティックタイプになっているものもありますので、ぜひスーパーで見つけてみてください(^^)くれぐれも食べ過ぎないように注意しましょう~

 

そして二つ目は 「ベジマイト」

 

ベジマイトとは発酵食品で、見かけ濃い茶色、ピーナッツバターのようなペースト状で通常ビンやプラスチックの容器に入って売られています。独特の風味があり塩辛く、トーストにぬったり調味料として使われています。一家に一つは置いてある!といわれるほどの国民食のようです。

 

 

 

私はクラッカーに薄くぬって食べてみましたが、この塩気は気に入りました。人によって好みがありますが、もしチャンスがあればみなさんもぜひ挑戦してみてください!

 

こんなハンディーなベジマイトも売っていますよ♪お土産にもいいかも…?!

 

10511067_744415188949485_5925721447486701318_n

 

現地ではその場所独特の食べ物との出会いもとても面白いです!たとえ日本で手に入るものだったとしても、パッケージのデザインが違っていたり、大きさが違っていたり、地域性が垣間見れますよ(*‘∀‘)

 

それではまた♪

See you! Rie

 


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : グルメ, チョコレート, ベジマイト

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 名古屋オフィス


【名古屋オフィスまでのアクセス方法】
アクセス詳細
JR名古屋駅から
地下鉄東山線から ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。