【世界のアイスクリーム事情】ニュージーランドのホーキーポーキー

9月に入って一気に涼しくなりましたね!

みなさん、この夏もアイスをたくさん食べられましたか?😋

実は日本は2014年から、毎年1世帯当たりのアイスクリーム支出金額も増えている国でもあり、みなさんたくさん食べてらっしゃいます~😊

 

さて、それでは、世界のアイス消費量はどのくらいなのでしょうか?

日本アイスクリーム協会の調査によると、世界で1番アイスを食べているのはオーストラリア!

これから夏なのでピークを迎えそうです!

オーストラリアの年間アイスクリーム消費量は

2016年で約19.3リットルで、なんと500㎖ペットボトル約39本分でした⛄

以下の結果は

2位:Kiwi(約15.5ℓ)New Zealand

3位:Finlander(約13.2ℓ)Finland

4位:American(約13.1ℓ)USA

5位:Norwegian(約10.5ℓ)Norway

となっています!🍦

ちなみに日本は、、、17位(約6.5ℓ)=500㎖ペットボトル約13本分でした!

 

今日は、アイスクリーム消費量2位のNew Zealandで有名なアイスクリームをご紹介いたします!

hokeypokey2

(画像出典:Google画像検索)

 

NZで最も有名なフレーバーはホーキーポーキー(Hokey Pokey)と呼ばれるアイスクリームです🍦

飴状になるまで火にかけた砂糖やハチミツの粒をアイスクリームに混ぜたものです!

(日本でいうと、31アイスクリームのキャラメルリボンのような感じです。)

なめらかなアイスクリームの中に、砂糖やハチミツがサクっと香ばしくアクセントになっていて

食べ始めると本当に止まらなくなってしまいます!!!(笑)

私も高校留学のときにこのホーキーポーキーに出会い、

滞在中の3ヶ月間ファミリーサイズを買って毎日のように食べていました(笑)

 

現地ではNZ生まれのアイスクリームブランド『Tip Top』『New Zealand Natural』

ホーキーポーキーを販売しています!NZに既にいらっしゃる方はチェックしてみて下さいね😄

1314

(画像出典:Tip Top)

 

 

このホーキーポーキー、実は日本でも通販などで買うことができます!

日本にいるみなさんもNew Zealandフレーバーを試してみてくださいね🍦

 

福岡オフィス Mitsuki 

この記事の内容は 2017年10月08日 (日) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 総合 コメント : 0件
タグ :

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 福岡オフィス


日本ワーキングホリデー協会では、より多くの方の留学・ワーキングホリデーに関するご相談をお受けする為、各地にオフィスを構えております。 その中でも、とても開放的で様々な相談ができるのが福岡オフィスです。 ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。