Whistler特集/ウィンタースポーツの聖地:”冬”の楽しみ方

こんにちは!

福岡オフィスのTakuyaです。

 

今回はCanadaで大人気の場所、ウィンタースポーツの”聖地”

Whistler(ウィスラー) についてお伝えします。

 

ウィスラー

 

CANADAと言えば、「雪」や「ウィンタースポーツ」のイメージが強いと思いますが

その中でも有名なのが、2010年のバンクーバー五輪の舞台にもなったWhistler(ウィスラー)!!!

 

Whistler(ウィスラー)はバンクーバーのダウンタウンから車で約2時間の場所に位置しており、

ワーホリで滞在中の方の多くはレンタカーを借りていくか、

バンクーバー国際空港からの直行便もしくはGreyhoundバスターミナルから出発される方がほとんどかと思います。

※料金等は下記をご参照ください!

 

 

今回はそんなWhistler(ウィスラー)”冬”の楽しみ方と”夏”の楽しみ方を二回に分けてお伝えさせて頂きます!

 

 

まずは、、、Whistler(ウィスラー)の”王道”

 

(1)”冬”の楽しみ方 について

冬のWhistler(ウィスラー)と言えば、やはり”ウィンタースポーツ”です!!!

例年11月~5月にかけて、このWhistler(ウィスラー)へ多くの方が世界各地から訪れます。

 

その理由は、、、

 

Ⅰ、”Whistler””Blackcomb”の二つの山が連なるスキーリゾート

よく名前で耳にするのが、”Whistler”という山だと思いますが、

”Whistler”だけではなく、”Blackcomb”という山も連なる形でそびえたっています。

その二つの山はゴンドラにより繋がっているため、利用者はどちらの山も行き来することができ、

この二つの山の総称が”ウィスラースキーリゾート”と呼ばれています。

 

 

このスキー場には”200”を超えるコースが点在し、最長コースは11Km

標高差約1600m、3つの氷河、12のアルパインボール、無数の林間コースに

総数37のゴンドラとリフトが効率よく張り巡らされています。

 

ウィスラー ④

参照:Whisterblackcomb(https://www.whistlerblackcomb.com/

 

〇記念撮影なども楽しみながら滑りたい!

という方にオススメなのが”Whistler”

 

〇広いところを悠々と滑りたい!

という方にオススメなのが”Blackcomb”

 

 

多くの方は午前中をどちらかの山で楽しみ、山頂ロッジで昼食を取ってからもう片方の山に移動して下山するという流れになります。

 

私が”Whistler”に初めて行った際は人生で初めてのスノーボードだったため、

午前中に”Whistler”で楽しみつつ練習し、午後を”Blackcomb”で思いきり滑りきるというプランでした。(人生初が”Whistler”って贅沢ですよねw)

 

ウィスラー③

 

 

Ⅱ、アフタースノーも楽しめる充実の施設

ウィスラースキーリゾートの山は広大なため、クローズする時間も”15時”と他の山より早くなっています。

しかし、このウィスラースキーリゾートでは滑り終えた”アフタースノー”の時間も楽しめる施設が充実しているのが人気の理由でもあります!

 

統一された景観のビレッジ内には、”200”を超えるショップ、90以上のレストラン、

120を超えるホテルやコンドミニアムが建ち並び、そのメインストリートは全て歩行者専用。

短期の滞在中に必要な物は全てビレッジ内で手に入れることができるようになっています。

 

私もビレッジ内にあるパブでお酒を飲みながらTVでスポーツを観てましたが、

色んな国籍の人が集まり、それぞれの言語で盛り上がっている光景がまさに”海外”だなと感じた瞬間でした。

 

 

Ⅲ、アクセスが抜群

先程もお伝えしましたが、ウィスラースキーリゾートはバンクーバーから車で約2時間の距離にあります。

 

もちろんお友達とレンタカーを借りて、乗り合いでいくのが主流ですが、

バンクーバーの都心からもバスで行くことが可能です!

 

〇ダウンタウンから出発の場合

様々なバス会社がありますが、今回はGREYHOUND社を利用する場合でお伝えすると、

まずはMain Street–Science World駅の近くにある“Pacific Central”へと向かい、そこにあるGreyhoundバスターミナルから“Whistler Village”行きのバスに乗り込みます。

 

料金は曜日や時期、時間によっても異なりますが、大人片道でだいたい$25~$35くらいが相場になります。

もちろん他のバス会社さんもございますので、是非ご自身でも調べられてみてください。

 

〇バンクーバー空港から出発の場合

日本から来た友達や家族と一緒に行かれる方はこちらのバンクーバー国際空港からの”直行便”を使われる方もいらっしゃいます。

 

料金はこちらも曜日や時期、時間によっても異なりますが、

大人片道でだいたい$75くらいで、往復の場合は$130くらいになります。

 

若干ダウンタウン発より高くはなりますが、日本から来て大きな荷物やスノボー/スキー道具をご持参の方にはオススメです!

 

このようにバンクーバーからでも気軽にアクセスができる

世界有数のスキーリゾート”Whistler”

是非、遊びに行かれてみてください♪

 

次回はWhistler”夏”の楽しみ方についてお伝えいたします!!!

福岡オフィス TAKUYA

この記事の内容は 2019年05月04日 (土) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : ウインタースポーツ, カナダ, スキー, ワーキングホリデー, 観光スポット

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 福岡オフィス


日本ワーキングホリデー協会では、より多くの方の留学・ワーキングホリデーに関するご相談をお受けする為、各地にオフィスを構えております。 その中でも、とても開放的で様々な相談ができるのが福岡オフィスです。 ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。