【ちょっと驚き!】アメリカ英語 VS カナダ英語

みなさんこんにちは🌞

皆さんは、よくオーストラリア英語とアメリカ英語は
「発音に違いがある!」「スラングが異なる!」などと耳にしませんか?

 

では、アメリカとカナダで比較をするとどうでしょう??
同じ北アメリカにあるから同じような英語を話してる!!!
と思う方も多いのではないかと思います!

 

しかし!!!!!!!

 

この2か国でも実は少し違う英語を使っているんですよ😊

 

 

 

ということで今日は、大学の交換留学でアメリカに
その後ワーキングホリデーでカナダに行った私が、
面白いと感じたこの2か国の英語について例を一つピックアップしてご紹介いたします!

 

私が皆さんにぜひ知っていただきたいワードは、、、『トイレ』!旅行本にあるちょっとした英会話コラムにも必ず書かれている言葉だと思います。

 

まず日本語との文化の違いとして、日本ではトイレは孤立して存在しますが
海外ではお風呂や洗面台と一緒になっているため「TOILET」とは言いません。
「トイレ」だと便器そのものだけを指してしまうからです。

 

では、トイレに行きたいときこの2つの国ではなんと尋ねればよいのでしょうか??
私が身をもって知ったのは、、、

 

アメリカ:Where is the bathroom?
カナダ:Where is the washroom?

 

そうなんです!!アメリカでは一般的に「Bathroom」と呼ばれているのに対して
カナダではよく「washroom」という言葉が使われています🌟

私も先にアメリカに行って「Bathroom」で覚えていたので、
カナダに行ったときはとても驚きました!!!

また、Bathroom/Washroom以外にも「Restroom」という人もいるようです!

では「BathroomとWashroomでは何が違うのか?」と疑問を持つ方もいると思いますが、
実はコレ、ネイティブであるアメリカ人・カナダ人もはっきりわかっていないらしいですw

英語も日本の方言と同じでその国や地域によって使う言葉も変わるんですね!

このような体験談も、またアップさせていただくので
みなさんぜひチェックされてくださいね!!

福岡オフィス Mitsuki


カテゴリ : 海外お役立ち情報 コメント : 0件
タグ : アメリカ英語, カナダ英語, トイレ

BLOG Writer


学校名:日本ワーキング・ホリデー協会 福岡オフィス


日本ワーキングホリデー協会では、より多くの方の留学・ワーキングホリデーに関するご相談をお受けする為、各地にオフィスを構えております。 その中でも、とても開放的で様々な相談ができるのが福岡オフィスです。 ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。