多様性文化都市トロント 【OI Eurocentres トロント】

皆様、いかがお過ごしでしょうか? OI Eurocentres Toronto のYukiです。
トロントといえば、一番に挙げられるのはやはり「多様性文化都市」でしょう。
カナダは現大統領のジャスティン.トルドー大統領をはじめ、多民族国家をうたっていますが、特にトロントはその色は非常に濃いです。
初対面の人に必ず「Where are you from?」と聞くことが多いですね。
また、その人が「I am from here (Toronto)」と答えようものなら、次の質問「Then Where are you originally from?」と聞くと大体カナダではない国の答えが返ってくるという感じです。

トロントのダウンタウンにおいてはネイバーフッド、ディストリクトが140と充実しており、チャイナタウン、コリアンタウン、グリークタウン、リトルイタリーなどではその国のレストランが立ち並び、トロントにいながら、その国の料理が楽しめます。夏ではそれぞれのイベントが盛り沢山であり、多くの人たちが集まります。
toronto_dribble

言語も英語だけでなく、ふと耳にすると中国語、スペイン語、タミール語などとにかくいろいろな言葉が聞こえてきます。
ここでは肌の色や言語の違いなどは全く関係ありません。その場で意気投合すれば、普通にみんな友達です。
各々の人がその国の文化を持っているため、やはり交流の違いが生まれてきます。
たとえば、日本人やその他のアジア人は友達などにハグはしない習慣ですね?普通に軽くお辞儀をしたりだとか、手を振ったりが通常する挨拶かと思います。
しかしながら、南米系やヨーロッパ系の人達は普通にハグ&キスをします。他握手をしたりもしますね。
というわけで、アジア人と南米人があいさつするときは少し微妙な空気が流れたりします(笑)

一つの都市でいろんな文化が楽しめるトロントへぜひチェックしてみてはいかがでしょうか??

この記事の内容は 2019年07月01日 (月) に書かれたものです。

情報が最新ではない可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリ : 現地直送! 海外情報 コメント : 0件
タグ :

BLOG Writer


学校名:Oxford International North America


オックスフォード インターナショナル ノースアメリカは、設立当初より学生第一をポリシーにしています。 英語を母国語とする教師陣は、ランゲージズ・カナダから認定済みであり、高いスタンダードを誇ります。 学校の内外で素晴らしい留学体験ができるよう、教師やスタッフ全員が、学生のケアーと安全を念頭に日々努めています。 オックスフォード インターナショナル ノースアメリカのバンクーバー校とトロント校では、各学生の留学目標に答えるための個人指導が徹底されています。 学業カウンセリング、自習アドバイス、定期試験、模擬試験、毎週の個人面談など、常に学生の習熟度は評価されているので、流暢さと正確さ双方において、より効率よく英語力を高めることができます。毎週催されるアクティビティーに参加すれば、世界各国に友達の輪を広げることができるでしょう。 ■定期ブログ更新:毎週月・水・金(+速報)

Line YouTube Twitter Instagram


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。