IELTS(アイエルツ)を受けてみた!①

みなさん、こんにちは!

バンクーバーの語学学校、Canadian College of English Language(CCEL)

日本人スタッフのAyakoです。

 

バンクーバーでは、3月だというのに、昨日、雪がちらつきました。

(本当に一瞬だけでしたが(笑))

 

さて、先日、IELTS(アイエルツ)を受験しましたので、そのときのことを書こうと思います。

久しぶりに、「テスト」というものを受けました・・・(汗)

 

IELTS(アイエルツ)とは、正式名称を「International English Language Testing System」

といい、英語力を測る試験の一つです。「アカデミック」と「ジェネラル」という

2種類があり、今回、私は、「アカデミック」の方を受験しました。

IELTS

 

 

 

  

IELTS(アイエルツ)は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのパート

分かれています。今回は、リスニング、リーディング、ライティングのパートについて、

お話ししようと思います。

 

リスニング問題では、2人の人物の会話や、3人以上の人物の会話など、

様々な内容を聞き、全40問の問題に答えます。

私が受験したときは、このリスニング問題の途中で、なんと、

会場にあったパソコンの自動音声が鳴ってしまうというハプニングがあり・・・(゚Д゚;)

焦りました・・・!汗

 

リーディング問題では、3つの文章を読んで、それぞれの文章に関する問題を解きました。

全40問出題されます。このパートが、一番落ち着いて解けました。

 

ライティング問題では、2題出題され、1題目は、グラフを見て、

そのグラフからわかる情報を、文章にするというものでした。

2題目は、与えられたトピックについて、自分の考えや意見を、

例も交えながら、文章にするというものでした。あぁ、ライティング頑張らねば・・・(汗)

Graph

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、IELTS(アイエルツ)リスニング・リーディング・ライティング編でした!

次回は、スピーキングテストについて、お話ししようと思います。

 

バンクーバーの語学学校、Canadian College of English Language(CCEL)では、

IELTS(アイエルツ)対策コースも開講しております!

CCEL IELTS

 

 

 

バンクーバーで、お待ちしておりますね~♪

 

CCEL

Ayako


カテゴリ : 総合 コメント : 0件
タグ :

BLOG Writer


学校名:Canadian College of English Language


ビジネス英語・接客英語を学びたいならならCCEL!その理由は特徴的な特別コースがあるからです。インターンシップやワーキングホリデーに人気のビジネス英語や接客英語コースでは、即戦力になる英語力を身につけることが出来ます。
また、同じキャンパス内の専門学校Canadian Collegeでは国際貿易やホスピタリティー、ソーシャルメディア等人気のコースを多数開講しています。英語+@が必須のこの時代、形に残る留学をするならCCELです!


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。