ワーキング・ホリデー(ワーホリ)協会 > 語学留学 > 語学留学費用 | 留学費用を安くするヒント
 

語学留学費用語学留学費用を安くするヒント

目次

語学留学に必要な費用

語学留学の事を調べ始めた時、一番気になるのはお金のことではないでしょうか。「大体どれくらいの費用が必要なのか」「国ごとにどれくらい費用が違うのか」たくさんの疑問がわいてくるはずです。語学留学に必要な費用は、あなたが行きたい国や学校、現地でのライフスタイルによって変わりますが、事前におおよその目安を計算することは可能です。平均的な費用の相場を知っておくことで、より効果的にあなたの予算に合わせたプランつくりを進めることができます。

語学留学 必要な費用の内訳(1年間)

【1】学費
学費は、語学留学の費用の中でも大きなウェイトを占めています。学費には授業料だけでなく、入学金や教材費など も含まれます。学費はあなたが受講したいコース、学校の規模や設備、キャンパスのある国や都市などに応じて大き く上下することを覚えておきましょう。一般的に語学留学の場合は、インテンシブ(週27時間)のコースを受講する人 が多く、インテンシブの場合、1週間当たりの授業料は3万円~4万円程度。1ヶ月で12万円~16万円程度になります。 ただし、語学学校は長期申し込み割引や、期間限定の割引を適用してくれるケースもあります。

【2】生活費
あなたが渡航する国や都市の物価にもよりますが、海外での生活費はひと月当たり約10万円前後が一般的です。生 活費は削ろうと思えばいくらでも削ることができる部分ではありますが、あまり節約を意識しすぎると海外生活の快 適さや楽しさもなくなってしまうので気を付けましょう。

【3】保険料
様々な保険会社が留学生用の保険プランを用意しているので、その中からあなたに合ったプランを選びましょう。海 外では日本の保険証は使えず、病気やけがの治療費も高額になりがちです。ビザ申請に保険への加入が義務づけら れている国もあるので、必ず保険に加入しましょう。保険のプランによっては紛失や盗難もカバーしてくれるので、何 かと安心です。

【4】航空券
渡航する時期や利用する航空会社によって、同じ場所に行く便でも航空券の値段は大きく変わります。特に日本の休 日シーズンは航空券の値段が跳ね上がるので気を付けましょう。航空券を買うときは、空港税や空港使用料のほか、 燃油サーチャージも一緒に支払います。

【5】ビザ申請代
短期留学なら観光ビザで滞在できる国もありますが、長期的に留学するのであれば、学生ビザの申請が必要になり ます。学生ビザの申請料金や申請方法は、国によってそれぞれ異なります。事前に内容を確認しておきましょう。

語学留学費用を安くする方法

【1】学費
多くの語学学校は1週間単位で就学期間を設定できますが、最初から長期的な申し込みをしておくことで長期割引 制度が適用されることがあります。例えば、6か月以上の就学期間で学校に申し込むと、15~30%以上のディスカント が発生する学校もあります。また、期間限定で入学金のオフ、授業料10%割引、1~2週間分の授業料が無料など、特別 なオファーが公開されることもあります。うまく使うことで大幅に語学留学費用を抑えられるので、ぜひ活用しましょ う。

【2】生活費
生活費、その中でも特に居住費は、あなたが選ぶ方法によって費用に大きく差が出ます。ホームステイは家具家電を 買いそろえる必要がなく、朝夕2食付きで、安全面でも安心できる反面、コスト的にはやや高めに設定されています。 一方でアパートやシェアハウスでは家賃を大きく抑えることができ、食費や交通費もあなたの都合に合わせて調整で きます。ただし、同居人とのトラブルやボンド詐欺などに気を付けなければなりません。

【3】航空券
航空券の値段は日々変動しています。利用者の多い7~8月や年末では、通常よりも5~10%ほど値段が上がるといわ れています。これらの時期を極力避け、なるべく早く座席の予約を取るようにすることで、数万円のプライスダウンを 見込めるでしょう。

総合的にお得な語学留学は・・・

一番お時に留学できるのは、長期のオーストラリア留学です。

3カ月以上の留学の場合、学生ビザを使っての留学になるのですが、オーストラリアでは学生ビザでも就労が 可能です。現地で学校に通いながら働くことができるので、東南アジアに短期留学するよりも、最終的な費用を 抑えることができます。また、長期お申込み割引を活用することで授業料も大幅に削減することができます。

学生ビザでは働ける時間に限りがありますが(2週間で40時間まで)、2016年1月現在のオーストラリアの最低 時給は17.29ドル。単純計算で毎月1383.2ドルも稼ぐことができるのです。更に休日や祝日に仕事をすれば特 別手当が支給され、もっと稼ぐことも夢ではありません。2012年に帰国した大学生のNAHOさんは、レストラン のウェイトレスで祝日に40ドルの時給を貰っていたそうです。

そのほかの国での、留学中の就労について

アメリカやイギリスといった国では、大学・大学院に留学している日本人は限定的に働くことができます。しかし、働く ための条件がいろいろと厳しく、働ける時間も限られているので、働くことを前提に費用を算出して語学留学するの は現実的ではありません。

ニュージーランドも2014年から、学生ビザでの渡航でも条件を満たせば就労が可能になりました。「認定された語学 学校に14週間以上のコースで入学する」条件を満たすと、週に20時間まで働くことが可能になります。

カナダにも「co-op」や「Work Permit」といった、学生ビザでの渡航でも働くことのできる制度が用意されています。ただし、申請できる学校が限られていることと、学校で学んだ分野の仕事しかできないなどの縛りがあります。

■ これらビザの取得サポートも日本ワーキング・ホリデー協会で行っております。お気軽にお問い合わせください。

無料セミナーに参加したあとは…

日本ワーキング・ホリデー協会

メンバー登録で渡航準備!

オーストラリア留学
カナダ留学
ニュージーランド留学
イギリス留学
アメリカ留学

ご注意]渡航国や状況によりサポート対象外となる場合があります。詳細については事前にお問い合わせ下さい。

フィジー留学・フィリピン留学の費用

最近はフィジーやフィリピンへの留学も人気になっています。フィジー留学やフィリピン留学の人気が高まっている 大きな理由は、総合的な費用が安いイメージがあるからではないでしょうか。

もちろん総合的には英語圏やヨーロッパ圏より語学留学費用を抑えることができます。しかし、フィジーやフィリピン でも学費はひと月当たり10万円~13万円ほど。英語圏の語学学校と比較しても、そこまで大きな差はないのです。

フィジー留学やフィリピン留学と、英語圏やヨーロッパ圏への語学留学を比較した際、最も大きく大きな差が出るの は食費や居住費などの生活費です。他の国と比べると非常に物価の安い国なので、費用をかなり抑えることができ ますが、治安が良いとは言い切れないので気を付ける必要があります。

フィジー・フィリピン留学 必要な費用の内訳(3カ月間)
学費 10万円~13万円
ホームステイなどの滞在費 7万円~10万円
航空券 5万円~10万円
合計 22万円~33万円

ワーキングホリデー(ワーホリ)でお得に留学しよう!

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの一番の特徴は、現地で観光、就学、就労が自由にできることでしょう。どこに滞在しても、どこを旅行しても、仕事をしても、語学学校に通っても良いという、とても自由度の高いビザです。

海外でしっかり働くことができれば、留学費用を大幅にまかなうことができます。例えば、ワーキングホリデー(ワーホ リ)で1年間滞在するとして、そのうち4カ月は語学学校に留学すると仮定します。その場合、最初に準備するべき留学 費用は以下のようになります。

学費 約60万円
生活費 約40万円
保険料 約25万円
航空券 約18万円
合計 約143万円

通常の語学留学であれば4カ月が終わった時点で帰国する必要がありますが、ワーキングホリデー(ワーホリ)を使 えば、語学学校に4カ月通った後でも最大で8カ月間現地で働くことが可能です。オーストラリアであれば最低時給は 17.29ドル。週休二日で毎日7時間働けば、8カ月で200万円近くを稼ぐことが可能です。最初に留学費用として使用し た143万円を差し引いても、十分な貯金をして帰国することも夢ではありません。

もっとワーキングホリデー(ワーホリ)を有効的に活用したいのであれば、ワーキングホリデー(ワーホリ)を始める前に学生ビザで語学留学することも視野に入れてみましょう。しっかりと語学力がある状態で仕事を始めることができ れば、ただのアルバイトではなく、アルバイトリーダーやフロア担当などを任せられる可能性もあり、より多くのお給 料をもらえます。

ワーキングホリデー(ワーホリ)制度について

ワーキング・ホリデー制度とは,二つの国・地域間の取り決め等に基づき,各々の国・地域が,相手国・地域の青少年 に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため,自国・地域において一定期間の休 暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互に認める制度です。  我が国のワーキング・ホリデー制 度は,1980年にオーストラリアとの間で開始されたことに始まり,1985年にニュージーランド,1986年にカナダとの 間で開始されました。  その後,1999年4月から韓国,同年12月からフランス,2000年12月からドイツ,2001年4月か ら英国,2007年1月からアイルランド,同年10月からデンマーク,2009年6月から台湾,2010年1月から香港との間で 開始されました。更に,最近では2013年2月からノルウェーとの間で開始されています。(外務省ホームページより)

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは観光、就学、就労ができる特別なビザです。どこに滞在しても、どこを旅行しても、仕事をしても、語学学校に通っても良いという素晴らしい自由度の高いビザです。 制度の趣旨として仕事を主 たる目的とすることはできませんが現地で海外でバイトができるビザは他にはあまりないです。 英語の勉強をし たいけど留学は高すぎるからと諦めていた方には大変有効なビザです。留学の半額以下の料金で海外で滞在しな がら勉強してバイトも出来る素晴らしいビザがワーキングホリデー(ワーホリ)ビザです。 一生に一度のチャンスな ので絶対に活用してください。

ワーキングホリデー(ワーホリ)にかかる費用のお話

こちらのページでワーキングホリデー(ワーホリ)での具体的な費用の例を紹介しています。

無料セミナー開催中

日本ワーキングホリデー協会では、東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄の各オフィスで留学・ワーキングホリデーセミナー (参加無料)を開催しています。 ワーキングホリデーの仕組み、ワーキングホリデービザの適切な使い方・取得方法、 留学・ワーホリ先のご案内など、色々なセミナーを開催しています。

語学学校の講師が来日してのセミナーもありますよ!まずは「初心者向けセミナー」にご予約の上、ご参加ください。

ビザの申請、ひとりでできますか?

 
今なら無料でもらえる!ガイドブック配布中