ワーキング・ホリデー(ワーホリ)協会 > 語学留学 > オーストラリア語学留学の特徴
 
オーストラリア語学留学の特徴

ワーホリだけじゃない、日本ワーキングホリデー協会がお薦めするオーストラリア

目次

オーストラリア語学留学の特徴

日本ワーキングホリデー協会の強さは留学しながら働けるビザに詳しいことです。 すべてのビザに精通しておりその中から日本人がオーストラリアで留学やビジネスで働けるためのビザに詳しいのが日本ワーキングホリデー協会です。

オーストラリア語学留学の大きな特徴は

  • 留学生ビザが4カ月から数年可能。
  • 留学生ビザで英語力がなくても就労可能
  • 観光ビザから留学生ビザへの変更やその逆も可能
  • ワーキングホリデービザから留学生ビザへの変更も可能
  • 最低時給が日本の2倍 祝日は更に2倍!
  • 留学生ビザが延長可能
  • 留学生ビザでは2週間で40時間も働ける。
  • 夏休みや春休み冬休みには40時間以上働いても良い。

つまりオーストラリアでは留学生ビザでの数年の長期滞在が可能です。例えば5年や10年オーストラリア留学生ビザで働きながらオーストラリアに滞在している日本人もいます。 

英語が全くできない人へのお勧めは1年間オーストラリア語学留学をしながらバイトをして生活費を稼いでお金を貯めながら、TOEIC900点を取得します。その後にワーキングホリデービザに変更して2年間滞在。しかしワーキングホリデービザ期間中はフルタイムで掛け持ちもOKしかも1年間のオーストラリア語学留学の後なのであなたは「日本語が流ちょうな人材」としてネイティブ英語スピーカーよりもアドバンテージを持っています。 

ワーキングホリデーでオーストラリア現地の仕事をすると日本円で250万円から500万円を稼ぐことができます。バイトでさえそんなに稼げます。(英語必須です)

更に2年間の働けるワーキングホリデーを現地でのスキルアップとして利用すればそのまま現地でビジネスビザ取得、その後永住権にも繋がります。 英語さえできれば可能性がすごく高い国なので2011年はイギリス人とアイルランド人が6万人もワーキングホリデーでオーストラリアに職探しに行っています。

もう一つのお勧めは1年間オーストラリア語学留学をしながらバイトをして生活費を稼いでお金を貯めながら、IELTS6.0を取得してオーストラリア大学留学もしくはオーストラリア大学院留学へ進学します。2012年度現在オーストラリア大学留学、もしくはオーストラリア大学院留学修了者には2年間の自由に働いても良いビザが誰でも貰えますのでそのビザを利用してビジネスビザをサポートしてもらえる企業を探します。 一度ビジネスビザをサポートしてもらえればその後に永住権もすごく簡単に取得出来るでしょう。

英語ができるようになると日本語を武器に世界でチャレンジできます。 全く英語ができない人でも1年間もあればTOEICで850点以上、900点を取得しています。

語学留学   大学留学に必要な英語力   語学留学の費用    アメリカ語学留学   アメリカ大学留学   アメリカ語学留学ビザ   大学留学に必要な英語以外の試験    オーストラリア語学留学の特徴    オーストラリア大学留学   オーストラリア語学留学の良い点    オーストラリア語学留学ビザ    カナダ語学留学    イギリス語学留学    イギリス大学留学    イギリス語学留学ビザ    フィジー語学留学フィリピン留学    留学に向けて日本ワーキングホリデー協会の活用方法
 
ワーホリ協会のブログ