カナダ語学留学

カナダの留学でも働ける裏ワザがあるんです。

目次

カナダ語学留学

日本ワーキングホリデー協会の強さは留学しながら働けるビザに詳しいことです。 カナダ語学留学も例外ではありません。カナダではワーホリしか働きながら留学出来ないと思われていますがワーホリ以外でも働きながら留学できるビザがありますので紹介します。

カナダ語学留学で利用できるビザは

  • 観光ビザ
  • 留学生ビザ
  • ワーホリビザ

があります。このうち就労可能の働けるカナダ語学留学ビザはワーホリビザです。 しかし、利用者は観光ビザとワーホリビザのミックスや、留学生ビザとワーホリビザのミックスという方もいます。

なぜそういうビザミックスをして語学留学をするかと言うと、ワーキングホリデーで渡航しても最初4~6ヶ月ほどは働きません。最初働かないのであれば、働けないカナダ観光ビザで入国してその後にカナダワーホリに切り替える事ができます。 カナダ観光ビザは6ヶ月の滞在が許されておりその間に語学学校に通う事も許可されています。そこで最初の6ヶ月を観光ビザで滞在し英語を伸ばしてバイト探しができるようになった後に、ワーホリビザに切り替えて一度出国し、再入国することで最大で1年6ヶ月カナダ留学ができます。最初に行った語学学校に再度通う事も出来るので1年間同じ学校に通う事ができます。ワーホリで再入国しながら語学学校に通いますがその時は中級や上級コースに通っていると思われます。そしてバイトも再入国と共に始めて英語環境でのバイトが1年間可能ですし、学校も1年間修学できるカナダ語学留学方法です。

同じことを留学生ビザでも可能です。最初に半年から1年間の留学生ビザで語学留学して、アメリカに出てワーキングホリデービザに切り替えます。そうするとそこからさらに1年間就労も修学も可能です。こんな良い条件はありません。

カナダはアメリカと隣接しているのでバスで国境をまたぐことができます。バンクーバーであればシアトルに行くことができます。

カナダワーホリビザ

カナダワーホリは仕事の制限がなく1年間同じ雇用主のもとで働くことができます。(しかし実際には皆さん働くのは6~7カ月でしょうか) カナダワーホリビザでのカナダ語学留学は同じ学校で連続6ヶ月通学可能ですので学校を変えて1年間カナダ語学留学したり、ビジネス英語、ケンブリッジ英検対策コースで出戻ったりして1年間する方もいます。

カナダワーホリビザの特徴はアメリカと陸続きなのでバスでアメリカに入れると言う気軽さがあります。そして冬を楽しむことが大事です。バンクーバーには雪が降らないと言われますが、その代わり冬の間毎日雨がしとしと降ります。これはロッキー山脈が隣接しておりそこからの雪が空中で溶けて雨に変わる為です。ビクトリアやシアトルでも同じ現象により冬の5~8カ月の間、週3~5日は雨となります。なので出発時期は3月や4月がお勧めです。到着して現地の環境に不慣れな時に「これから春だぞ!」という気候は気持ちを前向きにしてくれます。

ウィンタースポーツをするために行くのなら8,9月がいいでしょう。早ければ10月にはスノーマウンテンがオープンし、長い時では5月いっぱいまでゲレンデがオープンします。冬好きには最高の環境です。トロントは湖からの風で寒くなります。1月や2月の最低気温がマイナス30度になる場合もあります。日本では感じられないこの寒さを楽しんで下さい。日本で売っているコートではなくて現地で売っている極寒専用の防寒着が必要になります。

9月に出発して最初の6ヶ月は語学留学に集中し英語の勉強をして、春になったらバイトをするという人もいますし、4月に出発して9月に帰国する人もいます。是非温かい時だけでなく寒い時期にもアクティブに行動してカナダ語学留学を楽しんで下さい。 夏は北海道のように短いですが湿気がなく涼しくとても素晴らしい気候を感じられます。

カナダワーホリには年齢制限があるって知っていますか?

カナダのワーホリビザを発給する条件の中には、18歳~30歳までという年齢制限があります。

年齢制限が設けられている理由は、ワーホリ制度の目的に『国際的視野を持った青年を育成するため』と定められているからです。そして、青年に限られているのは、よりよい未来を作るためには若いうちから異文化への相互理解が必要だからです。

年齢制限がかかるタイミングは、国ごとによって異なりますが、カナダの場合は”申請時に30歳”と条件に記載されているので、出発時に31歳を迎えていても問題ありません。最近では、31歳になる直前に駆け込みで渡航する人も珍しくありません。

カナダ語学留学で英語を身に付ける方法で一番大事な事

カナダ語学留学で英語を身に付ける方法で一番なことは、目標を持つと言う事です。有名な参考書や暗記方法などを紹介するよりもはるかに早く、確実に英語が伸びます。 これが一番大事です。な~んだそんなのわかってるわよ。っていう方もいらっしゃいますがそれはどの国で語学留学する上でも大事なことであり一番大事な語学上達の要素です。 カナダは人々がフレンドリーでなによりも英語がきれいだからカナダ語学留学をすると英語が上達すると考えている人がいます。間違ってはいませんが、だからと言ってカナダの空気を吸っていても英語は上達しません。何のためにカナダ語学留学するのか紙に書いて毎日見るくらい目標を明確にした方がいいです。

英語を伸ばすためだったら時給の良いオーストラリアでも出来ます。英語をどこまで伸ばすことが自分の目標なのかを考えてください。「世界中のニュースで原稿を読めるくらいまで伸ばしたい」と思ったBBCワールドニュース初の日本人レポーター大井真理子さんはオーストラリアで留学をしていました。ユーチューブで検索してみて下さい、英語の発音が日本人離れしています。

何より驚くべきことに日本でカタカナ英語の義務教育を受けてからの留学でここまで英語を伸ばしています。カナダが英語がきれいだからと言って3年、5年とただ留学して英語が上達しない人も沢山いることを知ってください。 BBCの大井真理子さんが英語が飛躍的に伸びた理由はジャーナリストになるという目標を強く持っていたからです。ジャーナリストになるためだったらどんなコネでも引き寄せたり、知らない単語は徹夜をしてでもすべて調べ上げたり、という努力を支えるのは強い目標です。

英語がしゃべれるようになりたい!と思う人は多くいます。それはなぜ?どこまでのレベル?職業で使いたいのであれば実在する人だと誰に成りたいのか?という具体的に目標を持つことが非常に重要になります。どんな目標でも良いです。英語を上達させたいと思ったきっかけがあるはずです。カナダ語学留学を考えたらまずは目標を紙に書いて目標に向かって行動できる自分を作り上げましょう。行動しようと思ったことは既に一歩を踏み出しています。

英語とフランス語が学べるカナダの留学

留学を検討している方の大半の目的は語学勉強だと思います。語学学校で勉強をし、働きながら更に実践的な外国語を学ぶ、という経験は将来的に考えてもプラスになります。特にカナダの英語はなまりもなく、綺麗な英語を話すので、発音の上達にもつながります。そのため、純粋な英語を学びたい!という人がカナダを留学先に選ぶというのは珍しいことではありません。

英語を伸ばすためだったら時給の良いオーストラリアでも出来ます。英語をどこまで伸ばすことが自分の目標なのかを考えてください。「世界中のニュースで原稿を読めるくらいまで伸ばしたい」と思ったBBCワールドニュース初の日本人レポーター大井真理子さんはオーストラリアで留学をしていました。ユーチューブで検索してみて下さい、英語の発音が日本人離れしています。

また、カナダの公用語には英語だけでなく、フランス語も入っているため、英語だけではなくフランス語も一緒に学ぶことが可能です。二ヶ国語を学びたいと考えている人にはカナダは魅力的な留学先ではないでしょうか?

それにカナダは治安もいいので、安心して語学勉強に集中できる環境があります。留学先で悩んでいるようであれば、カナダを視野に入れてみるのもいいのではないでしょうか。

格安カナダ大学留学進学

カナダ大学留学をする人のルートで安い方法を紹介します。 実はカナダ語学留学からカナダの大学に進学をするよりもカレッジに進学する方が安くなります。 カナダも日本と同じ教養期間が2年間あり、3年目と4年目で専門分野に入ります。 カナダカレッジ留学でも2年間で大学の教養期間で勉強できる内容が習得可能。更にそのまま大学3年次に編入を認めてくれる 大学もあるので大学留学と同じ期間で同じ卒業資格、かつ安くなるという事になります。

もう一つこの語学留学からカレッジそして大学進学のやり方の利点は、カナダ語学留学を1年間してすぐに大学留学にすると授業やテストの多さについていけない場合があります。いきなり500人収容の講義シアターで講義を聞いてしゃべっている先生の言葉からテストのヒントを探してメモ取って試験に対応するっていうのは本当に難しいです。語学留学時代の何倍も、です。 しかしカレッジであれば大学よりも少人数制なので質問もしやすく、先生も生徒の対応ができます。この進学方法は日本人留学生だからというわけではなく現地カナダ人も高校卒業後に大学に進学する為にカレッジから進学する学生もいます。そのため現地の友達が作り易く、その後の大学での授業でも一緒に切磋琢磨しあえるのです。

カナダ大学留学の利点カナダ永住が狙える

2012年現在カナダではカナダ大学留学修了者には2年間のワークパーミット、卒業後に2年間もカナダに滞在可能で、その間にカナダ国内での就職先を見つけてワークビザ、ビジネスビザを貰ってくださいと政府がカナダ留学卒業者がカナダに滞在することを奨励しています。 これは日本政府も見習うところですが、大学卒業者の優秀な人材を海外に放出するのではなくてカナダ国内に留めておこうと言う政策です。留学生はその時点でバイリンガルですし、グローバル人材に育っているのでカナダのダイバーシティな経済をマネジメントできると見られています。

カナダワーホリ保険

ワーキングホリデー保険に日本から入ることが強制となりました。そのため保険に加入していないと違反となりビザ剥奪もあり得ますし、入国拒否も考えられます。安易に保険に入らずカナダワーホリに行き逮捕されるとその後カナダに入国できなくなりますので必ずワーキングホリデー保険に加入してからカナダに入国して下さい。知らなかったと主張しても海外の警察は「裁判で主張しろ」といわれます。カナダ滞在許可書がないので実質強制送還となります。 最初に留学生ビザや観光ビザからカナダワーホリに変更するのであれば、カナダワーホリビザの期間中をすべてカバーする保健期間でなければいけませんので注意して下さい。

カナダの最低賃金

カナダの最低賃金は、バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州で$10.25、トロントのあるオンタリオ州も$10.25ですが他州では$9.27と言うところもあります。

さらに、2011年5月1日からは研修期間賃金、時給$6が廃止となります。(今までのワーホリは6ドルスタートでした)

語学留学   大学留学に必要な英語力   語学留学の費用    アメリカ語学留学   アメリカ大学留学   アメリカ語学留学ビザ   大学留学に必要な英語以外の試験    オーストラリア語学留学の特徴    オーストラリア大学留学   オーストラリア語学留学の良い点    オーストラリア語学留学ビザ    カナダ語学留学    イギリス語学留学    イギリス大学留学    イギリス語学留学ビザ    フィジー語学留学フィリピン留学    留学に向けて日本ワーキングホリデー協会の活用方法
 
ワーホリ協会のブログ