ワーキング・ホリデー(ワーホリ)協会 > 語学留学 > 大学留学に必要な英語以外の試験
 
大学留学に必要な英語以外の試験

大学・大学院の入学にはいろいろな条件があります。

目次

大学留学に必要な英語以外の試験SAT、ACT

大学学部課程対象

志望校が SATもしくはACTのどちらを入学基準に提示しているか確認してください。アメリカ人も高校の時にSATもしくはACTを受験して大学入学に挑んでいます。

SAT(Scholastic Assessment Test)

サットと呼ばれるテストは年に6回受験が可能です。日本でも受験可能です。 テストは2種類あり、 SAT と SAT Subject Testsと呼ばれています。 SATは読解力、数学と小論文(英語でのエッセイ)の各セクションのスコアが200~800点です。

SAT Subject Testsのほうは20科目のテストがあり1回に最大3科目まで受験することができます。 受験したテスト結果はすべて大学に通知されるGMATと同じような機能を持っています。 悪かったテストも大学に通知されますし、例えば3回受ければ3回ともの成績が大学に通知されます。これは大学院留学に必要なテストのGMATも同じです。

ACT(American College Test)

ACT Assessment Program もSATと同じで日本で受験可能です。こちらはSATのような論文を書いたりすることはなくTOEICのような選択問題ばかりですので結果も伸ばしやすいでしょう。 しかも英語、数学、理科、読解力の4科目だけです。

何度か受けて一番良かったものだけを大学に提出すればいいのでSATやGMATのように悪かったテスト結果まで通知しなくていいので気分的に何度でも受けてみようとなります。結果は1-36 点表示。

アメリカ大学院留学で必要な試験はGRE,GMAT,LSAT

GRE(Graduate Record Examinations) 

GREとはGMATよりも高得点が取りにくいと言われています。 アメリカの大学院のGraduate Schoolと言われる学術系大学院の入学に必要です。MBAなどではなくて大学院に行くと言う人がこれを受けるというイメージです。

結果が5年間有効ですので早めに目標点を取得して数年後に入学手続きを行う事も出来ます。 しかしすべてのテスト結果が大学に送られてしまいます。 テスト内容は英語と数学と論文と8種の専門分野からなります。

GMAT(Graduate Management Admission Test)

MBAに入学するのならジーマットGMATです。
アメリカ留学ではアメリカのすべてのMBA ビジネススクールでの入学テストになっており、最近ではアメリカ大学院留学・学術系大学院とヨーロッパのビジネススクールでも受け入れられています。 MBAは日本語では経営大学院と言いますがアメリカではビジネススクール(business school)と呼ばれています。 有名なハーバード大学のMBAはハーバードビジネススクールで修学すると言います。 1年に最高5回まで受ける事ができ3時間30分のテストです。 そしてあらかじめ選んでおいた志望大学に5年以内に受験した結果がすべて送られてしまうので何度も受けることを躊躇してしまいます。 Quantitative(数学部分)とVerbal(英文部分)は修了した時点でスコアが分かり、AWAを含めた結果は2週間後に郵送されてきます。 GMAT記録として残したくないほど結果が悪いと見越せればテストを受けてスコアを見る前にすぐにキャンセルをすることも可能です。 

GMATはQuantitativeセクションで算数、代数学、幾何学の知識が必要ですし、Verbalセクションでは読界や文法、論証の技術を要求されます。英語のリーズニングでは論理的な文章を作れるか?論理を理解しているか?とビジネスで論理の組み立てと論法間違いの指摘を目的としたテストになっています。 数学では証明を英語でやるので英語さえカバーすれば日本人には得意な分野と言えます。 AWA Essay論文は1時間で2本書きますが質問は決まった200問の中から出されますので準備時間さえとることができれば高得点が狙えるテストと言えるのではないでしょうか。 無回答に対して減点もあるのですべての問題に答えましょう。最後の方の問題は得点配分が低いのでとりあえず解答しましょう。

GMATはGMAC(Graduate Management Admission Council )の後援によってETS(Educational Testing Service)が作成しています。ETSもGMACもアメリカの非営利団体です。

GMATの本は過去問の掲載を許させている本がないのですがGMACが出版している The Official Guide for GMAT Review という過去問が掲載されている本が有効的です。 ETSに直接注文もできますし、日本でも洋書を扱っている本屋で購入可能です。

LSAT(Law School Admission Test)

ロースクール(law school)と呼ばれる法科大学院の入学に必要なテストです。 年4回受験可能で読解力、分析力、 論理力、論文のテスト。 経営大学院を卒業するとMBAホールダーと呼ばれるように、このロースクールを卒業するとLLMホールダーに成ります。 LLM(1年のMaster of Law) とは法学修士といい、LLMを狙うのであれば通常日本で法学部を卒業していなければロースクールに留学できません。 しかしJDと呼ばれるJuris LLM に 3年コースで通うとLLMに進学することができます。 LLM修了後は、アメリカ各州の司法試験(Bar Exam)受験資格が与えられ、そのBar Exam司法試験に合格すれば、米国弁護士資格が取得できます。

1年コースとはいえ、実質的には9月から翌年5月までの9ヶ月のプログラムであり、日本と比較して短期間で弁護士資格を取得できます。

語学留学   大学留学に必要な英語力   語学留学の費用    アメリカ語学留学   アメリカ大学留学   アメリカ語学留学ビザ   大学留学に必要な英語以外の試験    オーストラリア語学留学の特徴    オーストラリア大学留学   オーストラリア語学留学の良い点    オーストラリア語学留学ビザ    カナダ語学留学    イギリス語学留学    イギリス大学留学    イギリス語学留学ビザ    フィジー語学留学フィリピン留学    留学に向けて日本ワーキングホリデー協会の活用方法
 
ワーホリ協会では、留学・ワーホリセミナー(説明会)を毎日開催中です