カウンセラー紹介 高梨 将人

<一覧へ戻る

TOKYO 新宿オフィス

高梨 将人

高梨 将人

Masato Takanashi
主な滞在国 カナダ
ニュージーランド
出身  
使用したビザ 観光ビザ
ワーキングホリデー
座右の銘 日々是前進!
  • マサトさんの海外経験An experience abroad...
  • 1大学を卒業後、お金を貯めてバンクーバーへ
  • 2まずは3ヶ月学校&ホームステイ
  • 3仕事を探しにバンフへ移動
  • 4半年間バンフで貯金&会話力UP
  • 5貯めたお金でカルガリー・トロントを旅行
  • 6ホームタウン・バンクーバーへ帰省
  • 7残り数カ月をもう一度学校に!最後の仕上げ
  • 8帰国。 営業職をいくつか経て、現在の業界に飛び込む

あなたが海外へ行こうと思ったきっかけは?カナダを選んだ理由は?

高校時代に経験したニュージーランドの短期交換留学がキッカケで海外に興味を持ちました。 カナダに決めたのは、学校に通える期間が大きかったです。ニュージーランドと迷った結果、知らない国を見てみたいとの気持ちが優り、当時の英語力が低かったこともあって、バンクーバーに決まりました。 

ワーキングホリデービザに決めた理由は資金面ですね。予算が少なめだったので自然と資金調達のしやすいワーキングホリデーになりました。

カナダではどんな生活をされていましたか?

現地の語学学校に3ヶ月通った後、バンフという観光地のホテルで半年間ハウスキーパーとして働きました。この地を選んだ理由としては、都市の日本人の多さに甘え無いように、英語環境から整えてしまいたかったと言うのが大きかったです。勿論、資金調達が必要だったこともありますが、カナダならではの雄大な自然環境の中で働けるサマーホテルは当時の私にはかなり魅力的でした。

実際、英語環境は相当な物で、日本人は私を含め4人だけでした。その他50名程いた従業員は全てネイティブ。毎日英語を話す環境は厳しくもありましたが充実はしていました。住み込みの為、お金もあまりかからずかなりの金額を稼げたと思います。仕事を終えた後は、トロント方面を旅行しつつ、ホームタウンのバンクーバーへ戻りました。

最後の数カ月をカフェで働きながら、稼いだお金でもう一度学校へ。自身の英語への最終的なブラッシュアップをかけました。帰国までには自身でも納得出来る1年間の経験と、英語力を習得することが出来たと思います。

カナダでの生活で、苦労したことは何ですか?

私は留学エージェントを使わずに、1人でビザと航空券だけを取得して無計画で渡航しました。結果何をどうしたらいいか全く分からなくなり、最初の数日で本気で帰ろうと思いました。行き場所のない海外はとっても辛かったです。無計画だけは皆さん絶対にやめて下さい。

カナダで、あなただけの特別な体験はありましたか?

ロッキー山脈観光地の中心にあるバンフと呼ばれる街にいた時、湖に1人で従業員用のボートをだして、お酒を飲みながら昼寝をしたこと。

カナダでのライフスタイルはどうでしたか?

やはり日本とは違ったその国々特有の空気感があります。カナダは凄くスローだった。そしてそれがすごく良かった。お勧めの場所はバンフ!これぞカナダ!といった風景が堪能できます。

ワーホリ・留学での経験は、今のアナタにどのような影響を与えていますか?

みなさんの留学・ワーホリに関わることができる今の仕事に出会えました。ありがとうございます。

留学・ワーホリを悩んでいるあなたに、カウンセラーから一言!

行きたければ行けばいいと思いますよ。 無責任に聞こえるかもしれませんが、自分の気持ちが全てです。 まず決断すること!そしてその決断に責任を持つこと!

<一覧へ戻る
カウンセラーが書いたブログ記事はこちらから!

セミナー情報

このカウンセラーが担当する体験談セミナーに参加しよう!
2017年 2月 26日 (日)
13:00~ 東京短期でも伸びる!カナダワーキングホリデー体験談セミナー
[残席わずかです。ご予約はお早めに]
セミナー詳細はココをClick!!
2017年 3月 13日 (月)
15:00~ 東京短期でも伸びる!カナダワーキングホリデー体験談セミナー
セミナー詳細はココをClick!!
<一覧へ戻る