SM_DSC07369

ロンドンからこんにちは [イギリスEU離脱の現状や近況報告など]

こんにちは!

ロンドンから定期的にブログを書いているHirokiです。

“定期的” – と言いつつ更新が滞っていました。

イギリスのEU離脱が実施されるはずだった3月29日もとうに過ぎた久しぶりの今日の更新では、今までここに書いてきたEU離脱についてのおさらいと現状、それと近況報告を少し書かせてもらいます。

お休みしていた間に撮ってきた写真を添えて。

SM_DSC07369

===

イギリスのEU離脱について

まずはイギリスのEU離脱(Brexit)について –

今年3月29日の午後11時、イギリスはEUを離脱する予定でした。

これは2016年に行われたイギリス国民投票で51.9%での票を取り可決した結果です。

しかし、イギリスがEUを離脱する内容(アイルランドとの国境や貿易についてなど)を期日までに決定できなかった結果、イギリスは3月にEUを離脱することができませんでした。

現在、イギリスのEU離脱は6ヶ月延期となり、10月31日に再設定されています。

この10月の離脱に向け、イギリスとEUは引き続き離脱の内容についての議論を交わしています。

ーーー

これからのイギリスのオプションが、この図に簡潔に書かれています。

_106409334_brexit_flowchart_next_steps_11_april_640_3x-nc

上記の通り、現在イギリスがEUを離脱する予定は10月31日です。

しかし、その期限の前にイギリスがEUを離脱するオプションがあります。

図の中の灰色の2つです。
・Brexit deal
・1 June

Brexit deal・・・合意の上でのEU離脱。
イギリスのEU離脱の内容がイギリス、EU共に合意した場合は期限を待たずして離脱が成立します。

1 June・・・今月(5月)23日にEU連合での投票があります。
現状EUの一国であるイギリスはこの投票に参加する必要があります。
もしこの投票をイギリスが辞退した場合、イギリスは6月1日にEU連合を強制的に離脱することになります。

 

この灰色の2つが起きない場合は、図の中の水色のオプションが起きることになりますが –

合意なしでの離脱から国民再投票、EU離脱の白紙化などその選択肢は多岐に渡り、当初の離脱予定の3月を越えた現在でもまだ、どういった形に落ち着くか分からない状況が続いています。

ーーー

イギリスのEU離脱について、これまで書いてきた記事にさらに詳しく書いてきました。

シングルマーケット(EU間での貿易)についてやアイルランドの国境について、そもそも何故イギリスがEUから離脱しようとしているのかなど –

興味を持っていただけたら、是非この機会に読んでみてください。

Screen Shot 2018-07-10 at 08.18.03
dig yourself in London – ゼロから一緒に知るBrexit

 

上記の内容は、この記事を参考にしました。

Screenshot 2019-05-13 at 16.22.35
Brexit: What happens now? [BBC News]

===

ロンドンでの生活 – 近況報告

ここからはロンドンでの生活などについてです。

3月のEU離脱実施予定日直前の日曜日に、ロンドンで行われたBrexit反対のデモに参加しました。

SM_DSC07029

報道によるとこの日にデモに参加した人は100万人を超すそうです。

イギリス史上でも2番目という、稀なイベントになりました。

ーーー

第二次世界大戦でユダヤ人の迫害(ホロコースト)が行われたアウシュビッツ強制収容所を見る為に、ポーランドのクラコフという街へ行ってきました。

SM_DSC07279

 

現在収容所の跡地は博物館になっていて、第二次世界大戦の悲惨な現実を伝える場所として様々なものが保存されています。

英語と日本語で書いた感想と一緒に、写真をInstagramに載せました。

興味を持っていただけた方は是非文章と一緒に見てみてください。


View this post on Instagram

Visiting Auschwitz had always been on my list since I visited Atomic Bomb Dome in Hiroshima 5 years ago. I finally visited there last week and let me share a couple of photos I took at Birkenau (Auschwitz ll) again with some short descriptions. 1. The land of Birkenau was massively vast, surrounded by the barbed wire fences. 2. Canada ll was one of warehouses where prisoners’ belongings were stored. Nazis set it on fire to destroy the evidence but some objects remained. There was a couple of flowers in front of the objects when I visited there. Though I didn’t take any photo at the museum(Auschewitz l), all the objects exhibited there, including the hair and the shoes, gave a poignantly vivid impression to me. More than a million people were killed there and that all happened just 70+ years ago, not centuries. It was extremely shocking, but totally worth taking a time to go all the way there to face the history. 5年前に広島の原爆ドームを訪れて以来、アウシュビッツを訪れることが常に頭にありました。 旅が終わったので、短い説明を添えて二枚の写真を改めてシェアさせてもらいます。 1. ビルケナウ強制収容所(アウシュビッツ2)の広大な敷地は、四方隅々まで電気ワイヤーのフェンスで囲まれています。 2. 捕獲したユダヤ人の所持品を保管していた倉庫(通称カナダ2)は証拠隠滅の為にナチスによって燃やされましたが、その中には燃えずに残ったものが今も残されています。僕が訪れた時には花が添えられていました。 記念館(アウシュビッツ1)では写真は撮りませんでした。 残された遺品(異様な量の髪や靴など)や大量の人を効率よく殺せるよう作られたガス室は、事前に知っていてもショッキングで、涙を流している人も多くいました。 100万人以上の人たちが惨殺されたこの事実がたった70数年前に起きたことを改めて認識し、数々の写真や遺品と対峙し、広大な土地を歩き、精神的にも肉体的にも疲弊しましが、ポーランドまで行く機会を作れてよかったです。 Thank you all for visiting my post. #auschwitz #auschwitzmemorial #auschwitzbirkenau #poland #krakow #europe #aroundeurope #hiroshima #atomicbombdome #atomicbomb #hiroshimapeacememorial

A post shared by Hiroki Sugi (@lastdiscord) on Apr 20, 2019 at 2:41pm PDT

ーーー

ロンドンで一年を過ごした部屋で録音したギターのアルバムを作りました。

窓から入る鳥の鳴き声や子供の声など、色々な環境音を一緒にパッケージしています。

是非聞いてみてください。

Screenshot 2019-05-13 at 17.44.07
Je suis à la maison / Hiroki Sugi

ーーー

最近、聞いてとても印象的だった日本の音楽のアルバムを二枚シェアさせていただきます。


Screenshot 2019-05-13 at 16.23.35
Group / mikazuki

Screenshot 2019-05-13 at 16.24.07
Paniyolo / I’m home

ーーー

YouTuberの友人が自転車でイギリス一周の旅に出ました。

up to dateに更新される動画を見ているとワクワクします。

冒険心を刺激されたい方は、是非。

ーーー

最後に、ロンドンで出会った人たちの会話を配信するポッドキャストを続けています。

ブログを休んでいる間のゲストは大学生、起業家、陶芸家、お坊さんなど。

実際にロンドンに住んでいる人がどんな生活をしているのか、リアルな声を聞いてください。

気に入ったら是非友達にも教えてあげてください。

preview copy

ポッドキャスト「ロンドンの人たち」

iTunes
https://itunes.apple.com/us/podcast/ロンドンの人たち/id1418890974?mt=2&ls=1&ign-mpt=uo%3D4

Spotify
https://open.spotify.com/show/4yKcLM6BQK3si2wQjbuDr3

WEB
https://audioboom.com/channels/4964682

===

久しぶりの更新に、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

今後はEU離脱に加え、イギリスで気になる記事を時々共有できたら嬉しいです。

暖かくなってきて不安定な気候に体調を崩さぬようお気をつけください。

また近くお目に掛かれることを楽しみに。

( 文 : 杉 浩毅 )

SM_DSC07237

===

・この連載の記事はこちらでまとめて読むことができます。

・ロンドンにいる日本人の人との会話をポッドキャストで配信しています。

・個人のブログでロンドンでの日常を更新しています。
dig yourself ▷ in London.

・感想や意見、質問をメールで受け付けています。
hirokisugilondon@gmail.com


カテゴリ : dig yourself ▷ in London. コメント : 0件
タグ : Brexit, digyourselfinlondon, EU離脱, HirokiSugi, イギリス, ニュース, ブレクジット, ポッドキャスト, ロンドン, 杉 浩毅, 海外生活, 英語, 音楽

BLOG Writer


学校名:日本ワーキングホリデー協会 東京オフィス


【新宿駅西口から徒歩1分】
毎日ワーホリ&留学無料セミナー開催中
OPEN 11:00 - CLOSE 19:00(毎日営業)
【東京オフィスへのアクセス】
アクセス詳細
■JR新宿駅から
■東京メトロ丸の内線から
■西武新宿線 西新宿駅から


メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ワーキングホリデーや留学に興味があるけど、海外で何かできるのか? 何をしなければいけないのか?どんな準備や手続きが必要なのか? どのくらい費用がかかるのか?渡航先で困ったときはどうすればよいのか? 解らない事が多すぎて、もっと解らなくなってしまいます。

そんな皆様を支援するために日本ワーキングホリデー協会では、ワーホリ成功のためのメンバーサポート制度をご用意しています。

ワーホリ協会のメンバーになれば、個別相談をはじめ、ビザ取得のお手伝い、出発前の準備、到着後のサポートまで、フルにサポートさせていただきます。

 

日本ワーキングホリデー協会では、ワーキングホリデーの最新動向や必要なもの、ワーキングホリデービザの取得方法などのお役立ち情報の発信や、 ワーキングホリデーに興味はあるけど、何から初めていいか分からないなどの、よくあるお悩みについての無料セミナーを開催しています。

お友達もお誘いの上、どうぞご参加ください。